漫画再現飯”寒い朝にぴったりアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”作ってみた!!『幼女戦記食堂』Kapitel:04より

漫画再現飯”寒い朝にぴったりアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”作ってみた!!『幼女戦記食堂』京一/カルロ・ゼン

マンガ飯『幼女戦記食堂』アップルシュトルーデル!!

さて、今回はマンガ飯は『幼女戦記食堂』Kapitel:04より”寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”を再現しました。

“アップルシュトルーデル” 『幼女戦記食堂』より引用

シュトルーデルというのはドイツやオーストリアなどで食べられる、薄く伸ばした卵液と小麦粉の生地で果物などを巻き込んで焼いたお菓子です。

イメージしやすくするとクレープに似た感じのお菓子といえば伝わりやすいでしょうか。。

似た名前の有名なドイツ焼き菓子に、クリスマスに食べられるシュトーレンがありますが、全く別物です。

ちなみに、アップルシュトルーデルと記載されていますが、厳密にはドイツ語ではアプフェル(Äpfel)シュトルーデルです笑

ドイツ料理は比較的日本に馴染みのない料理ですが、このシュトルーデルはその中でも特に知名度の低い部類の料理かもしれません。

ちなみに、ドイツにはソーセージとじゃがいも以外にも多種多様の料理があります。本格的なドイツ料理のレシピをブログに書いていますので興味がありましたら、こちらもどうぞ。

ドイツ料理本格レシピ集

セレブリャコーフ少尉の休日クッキング!

ヴィクトリーヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ少尉” 『幼女戦記食堂』より引用

さて、今回は久々の休暇を過ごすヴィクトリーヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ少尉の1日が描かれます。

ヴィクトリーヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ少尉は主人公ターニャ・デグレチャフ少佐殿の副官でターニャを除けば隊唯一の女性士官です。

隊の紅一点にして、可憐さの際立つセレブリャコーフ少尉ですが、この人はこの人で…ねえ。

雪の降る寒い朝、目覚めたセレブリャコーフ少尉は寝起きのコーヒーを喫しつつ1日の過ごし方を考えます。本棚に昔ルームメイトのエーリャ(現中尉だったかな?)に教わったレシピを発見して、彼女の本日の過ごし方は”おかし作り”に決定。

“セレブリャコーフ少尉の休日クッキング” 『幼女戦記食堂』より引用

セレブリャコーフ少尉はエーリャにもらったレシピを見ながらシュトルーデルを作り始めます。

ただ、本編でも御存知の通り、セレブリャコーフ少尉の女子力はさほど高いわけではありません。

特に、彼女の貧乏舌(味音痴?)具合は折り紙つき。果たして彼女に料理なんてできるのだろうか、という不安もありましたが、エーリャと一緒に暮している間にそれなりには鍛えられていたようです。

“エーリャとヴィーシャ” 『幼女戦記食堂』より引用

ちなみにエーリャは”早起き体質のわがままボディ”なのだそう笑

幼年学校時代(13~15歳くらい?)のぼやっとしていてちょっと頼りないセレブリャコーフ少尉とは対照的に、早熟でしっかり者な感じで描かれていますね。

ちなみに、思い出の中のセレブリャコーフ少尉とエーリャは女子トークに花を咲かせていますが、内容が気になる方は単行本で…。

本記事では、そろそろ本題に入って再現料理を始めましょう!!

“寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”の材料

『幼女戦記食堂』では、日本におけるドイツ料理の第一人者として知られる野田浩資氏の監修でしっかりしたレシピが載っています。

“アップルシュトルーデルの材料” 『幼女戦記食堂』より

今回は、アーモンドとレーズンがなかったので、代わりにピーナツと干しイチジクを使いました。実際に使った材料は以下のとおり。基本的には作中のレシピ通りです。

生地は多めに仕込んで、使わなかった分は冷凍庫で保存してます。なので以下の分量は生地のみ3~4本分、その他は1本分になります。

<生地:3~4本分>

  • 薄力小麦粉:175g
  • 強力小麦粉:175g
  • 全卵:1個
  • 水:150cc
  • 塩:5g
  • サラダ油:10cc

<具材:1本分>

  • りんご:1/2個
  • 粉糖:25g
  • シナモンパウダー:適量
  • ピーナッツ:約15g
  • 干しいちじく:2個
  • レモン汁:適量
  • 溶かしバター:適量
  • 水で薄めた卵黄:適量

<ヴァニラソース:1本分>

  • 卵黄:2個分
  • 砂糖:50g
  • 牛乳:125ml
  • ヴァニラエッセンス:数滴
幼女戦記 ターニャ・デグレチャフ 1/7スケール ABS&PVC&PU製 塗装済み完成品フィギュア

“寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”を作ってみよう!!

<<

>>まずは生地作りから!!

1.薄力粉175gと強力粉175gをふるいにかけます。

2.塩、全卵1個、水150ccを加えて混ぜていきます。

3.手で捏ねて生地をまとめます。

4.生地がまとまったら油を加えて、さらに捏ねます。

5.生地の表面が滑らかになったら、丸めて冷蔵庫で寝かせます(1時間~)。

シュトルーデルの生地を仕込む

<<

>>具材を包んで焼いていきましょう!!

1.寝かせた生地を綿棒でなるべく薄く伸ばします。ここがポイント!!

2.生地の端を避けて、刻んだりんご、ナッツ、ドライフルーツを乗せて粉砂糖をまぶします。

3.中身がはみ出さないように、巻きます。

4.表面に水で薄めた卵黄を塗り、180度に予熱したオーブンで約15分焼きます。

5.その後一度取り出して、溶かしバターを塗ってさらに10分ほど焼きあげます。

シュトルーデルを焼く工程

<<

>>ヴァニラソースを準備しましょう!!

1.ボウルに卵黄2個と、砂糖50gを加えます。

2.泡立て器で白くなるまで撹拌します。

3.沸騰直前まで温めた牛乳125mlを徐々に加えながら混ぜ合わせます。

4.手鍋に移し、火にかけながらヴァニラエッセンス数滴を垂らします。

5.ダマができないように木べらなどでかき混ぜながら、とろみがつくまで加熱します。

6.おたまですくってドロ〜っとなれば出来上がりです。

ヴァニラソース作り

さあ、これで全て出来上がりです。

では、では、盛り付けちゃいましょう!果たして出来栄えはいかに!!?

完成写真(断面写真もあるよ!)は↓こちらです!!

“寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”を作った感想

さて、今回再現したマンガ飯は『幼女戦記食堂』より”寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~”でした。出来上がりはこちら!!

“寒い朝にぴったりのアップルシュトルーデル~ヴァニラソースがけ~” 『幼女戦記食堂』より

ヴァニラソースを敷いた上に、適当な大きさに切り分けたアップルシュトルーデルを盛り付けます。

作中同様に、暖かいショコラ(ホット・チョコレート)とともにいただきました。

ちなみにシュトルーデルには粉砂糖のみがかけられるのが一般的ですが、飾り用のミントなどがなかったので、ココアパウダーもかけてしまいました。ホットチョコレートと一緒に食べるしね。

それで、問題のお味の方ですがね。もう、めちゃめちゃ美味しいです。

生地がなんとも言えず良い感じなのです。作中でもエーリャが”シュトルーデルはここがキモよ 生地をどれだけ薄く作れるかで決まるわ”と言っていますが、まさにその通りでした。

生地の薄さがキモ!!シュトルーデルの断面

ちなみに断面はこんな感じです。結構薄くできているでしょう?

生地自体はしっかりしているので、ナイフがスッと入り、かつしっかりと切れる感じ(破れる感じでもなく)で、絶妙でした。

多分、生地が分厚くなってしまうとモタっと(?)した食感になってしまう気がします。頑張って薄くのばしましょう!!

ナイフで切った断面はこちらです。切断面も綺麗でしょう。。

ナイフがスッと入る生地。固すぎもせず、柔らかすぎもせず絶妙。

残念ながら使った林檎の種類のせいかシャクシャクっという感じは強くは感じませんでしたが、ドライフルーツやナッツの食感がアクセントになって非常によろしかったですね。

濃厚なヴァニラソースとの相性もなかなかです。

生地はまだまだ残っているので、そのうちまた作ろう。今度は中に何を入れてみようかしら。。

ちなみに、毎度毎度なんやかんやで思惑の外れる少佐殿ですが…。

“いつもなんだかんだ思うようにいかない少佐殿” 『幼女戦記食堂』より引用

今回はおいしいお菓子にありつけるのでしょうか。。

ちなみに、セレブリャコーフ少尉は第1話で少佐殿が甘党であることを知っています。

一応、うまくできたということで、翌日少佐殿にもシュトルーデルをおすそ分けしようと考えているようですが…。

果たしてうまくいったのか、どうなのか。。

“私の分は…… ……いや、なんでもない”

少佐殿の引きつった顔が容易に浮かびますね笑笑

では、今回はここまで。

幼女戦記 ターニャ・デグレチャフ 1/7スケール ABS&PVC&PU製 塗装済み完成品フィギュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください