“メンチカツうどん” 作ってみた!!『よつばと!』97話「ランチ」より。。

“メンチカツうどん” 作ってみた!! 『よつばと!』あずまきよひこ

“メンチカツうどん”を作ってみた!!

『よつばと!』97話「ランチ」より、名前しか出てこなかった料理ですが、”メンチカツうどん”をつくってみました。

前後の文脈としては、よつばが高級ホテルのレストランでとーちゃんととーちゃんの妹で新キャラの”小春子”と3人でビュッフェランチをします。

食事の後、レストランの食事が”とーちゃんの料理と同じくらい美味しかった”と評したよつばに対して、小春子が半ば呆れながらも”最近美味しかった料理は?”と尋ねたことへの返答として”メンチカツうどん”の名前が出てきます。


『よつばと!』97話「ランチ」より引用

ちなみに”メンチカツうどん”の他によつばが挙げた料理名は”サッポロいちばんどん”と”ひやごはんのカレー”。。

どっちも想像つかないんだけど…笑

そもそも”ひやごはんのカレー”って、ご飯を温めなおしたら普通のカレーやんっ!

まあ、味に関しては前々からとーちゃんのカレーは世界一って言ってたから旨いのは確かなのでしょうが。。

そして”サッポロいちばんどん”に関しては、さすがにラーメンをごはんの上にかけるとは思えないから…。

サッポロ一番のインスタントスープを使ってなんかするんかな??うむ、今度試してみよう。

とにかく、今回は1番手堅そうな”メンチカツうどん”を作ってみたわけです。

まあ、作中描画はないし、詳細情報もないので名前から推測するだけですが…。

“メンチカツうどん”の材料

 ・合挽きミンチ
 ・玉ねぎ
 ・パン粉
 ・卵
 ・小麦粉
 ・塩コショウ
 ・出汁
 ・うどん
 ・薄口醤油
 ・ネギ

“メンチカツうどん”を作ってみよう!!

まずはメンチカツの種から作っていきます。近所の市場でお値打ち価格の合挽きミンチ肉が手に入ったので、そいつを使用!

メンチカツの種もですが、基本的にミンチを捏ねる料理では他の具材を入れる前に、あらかじめミンチだけで粘りが出るまで揉み込みます。(他の具材から水が出たりすると具合が悪いのです。)

十分に揉み込んだら、みじん切りの玉ねぎを加えてさらに捏ねて、最後に塩こしょうで調味します。

衣は小麦粉、溶き卵、パン粉を使います。

うどんの出汁も並行で引いておきます。具材のメンチカツががっつりしているので、出汁は優しめに。

一番出汁に塩と薄口しょうゆで味付けをし、あまり濃くしすぎないように気をつけます。

出汁が用意できたら、いざメンチカツを揚げていきます!!

節約のために、少なめの油で揚げていきま〜す。

衣をサクサクっと仕上げるのがポイントですかね。その後一度皿に上げて油を切っておきましょう。

  

おうどんを茹で上げ、だし汁を注ぎます。

あとはトッピングだけ。今回はメンチカツに加えてネギと三つ葉をトッピングしてみました。

いただきますっ!!

“メンチカツうどん”を作ってみた感想。。

旨いわ、これ!笑

なんというか、出汁が絡んでメンチカツが優しい!!

メンチカツといえばソースが定番だと思っていましたけど、出汁もありですねぇ。

たこ焼きと明石焼みたいな感覚ですかね。オススメとしては、だし汁はさっぱり薄味に仕上げることです。

肉系の揚げ物ですし、天婦羅よりももっと重たいものを想像していたのですけれど、思いの外さっぱりです。

何にしてもメンチカツと出汁の相性がこうも良いとは思わなかったですねぇ。

それにしても2年ほどぶりにようやく発売した『よつばと!』の第14巻。面白さは相変わらず、安定した高クオリティでしたね。

個人的に今回一番シュールだと感じたのは、初めて東京に訪れたよつばが公園で寝ている人たちを見てコメントする場面。。


『よつばと!』97話「ランチ」より引用

ええんか?これ?笑

子供ながらの純粋な残酷さ笑笑

15巻も無事発売されることを祈ります。

エピソード収録巻

97話「ランチ」収録は満を持しての『よつばと!』第14巻です。
よつばと!(14) (電撃コミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください