“多幸うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より。。

“多幸うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

『幸せなご縁が太く長く繋がりますように』”多幸うどん”!!

今回再現したのは『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より”多幸うどん”をつくってみました。

“タコの唐揚げと鮎美” 『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より

今回は山ご飯ではありませんが、またまた簡単旨飯です!!

実は今回のお話は、かなりのビッグニュースから始まります!

なんと、無口な瀧さんが入籍したのです。

後輩の衝撃のニュースに小松原鯉子が、鮎美を道連れにして山コンに参加することに!!

山コン当日の朝に”良縁”を願って鮎美が作ったのが”タコうどん”ならぬ、多くの幸せ”多幸うどん”!!

ただね、使う食材は昨日の残り物、しかもスーパーで買ったお惣菜。

幸せを願うには、あまりに…手抜き。。

けれど、まあ、結局色恋のご縁はなかったようですが、良い出会いはあった模様。

では簡単につくり方をまとめてみましょう。

“多幸うどん”の作り方!概要!!

“タコのから揚げをオン・ザ・うどん” 『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より

まとめるというまでもないですが…。

鮎美の言を引くと

“タコの唐揚げをオン・ザ・うどん”

…だけ。。

…。…。

うむ、これだけではあまりにもあまり…なので。絵から他の食材を想定しましょう。

うん、かまぼことネギかな。すぐわかるわっ。

じゃあ、もう始めますか。。

 

 

“多幸うどん”の材料

 ・うどん
 ・蛸の唐揚げ(スーパーのお惣菜可)
 ・葱
 ・かまぼこ
 ・出汁(一番出汁カツオ強め)
 ・塩
 ・醤油

“多幸うどん”作ってみよう!!

では、実際に作っていきましょう。

あっ、ちなみに今回はタコの唐揚げ作り&出汁取りは家の台所で、その後の工程は大学の研究室で行いました。

家の冷蔵庫に材料がなかったのでね。。登校途中に材料を買って、研究室のカセットコンロで朝ごはんを仕上げたという次第です。

>>タコのから揚げを作ります。

タコに小麦粉をまぶす。

では、タコのから揚げ作りから始めましょう。

せっかくなので鮎美に倣って、スーパーのお惣菜コーナーでタコの唐揚げを買って使ってみても良かったのですけれど…。

今回、唐揚げは自分で作ります。

タコはボイル刺身用を買ってきました。

まあ、大抵の場合はタコはボイルで売られてますか…。

タコは一口大に切って、軽く塩を振ってから小麦粉をまぶします。全体に満遍なく絡むように揉み込みます。

 

タコを油で揚げていく

油を火にかけて十分に温まれば、タコを揚げていきます。

今回は、すでにボイルされたタコを使っているので、初めから高めの温度で短時間で揚げてしまいます(二度揚げ不要)。

タコを揚げる際には、余計な小麦粉をしっかりとはたいてから揚げます。

余計な小麦粉が多いと、揚げ油が悪くなりやすいので注意!

 

 

 

揚がったタコの唐揚げ

さっくり、カリッと揚がれば成功です。

今回はなかなかうまいこと揚がりましたね。

揚げた後はキッチンペーパーなどに取り、きちんと余計な油を除きます。

ここまでは家の台所での作業です。出来上がったタコの唐揚げと乾麺、出汁を持って大学へ登校します(笑)。

 

 

>>ネギとかまぼこの準備をする

ネギ&かまぼこ

ネギとかまぼこは家の冷蔵庫に備えがなかったので、大学への登校途中に早朝から開いているスーパーに寄って手に入れました。

ネギはすでに輪切りにされているタイプのものを購入したので、そのまま使います。

いちいち九条ネギなのがさすがは京都ですね(笑)。

かまぼこは薄切りにして3切れ用意します。

>>うどんつゆのおつゆを作り、麺を湯がきます。

うどんのおつゆを作る。

うどんの出汁は家から持ってきた一番出汁をベースにして、薄口しょうゆのみで調味します。

タコのから揚げとかまぼこに塩気があるので、お塩は使いませんでした。

具材が油ものなので、味付け自体も薄めにしてあります。

並行して、うどんを湯がきます。今回は生のうどんではなく乾麺を使用しました。うどんがゆで上がれば後は盛り付けだけ、いざ盛り付けていきましょう。

 

>>盛り付けをしましょう。

1.茹で上がったうどんを丼に入れる。
2.うどんのおつゆを注ぐ。
3.かまぼこを3枚のせる。
4.九条ネギはたっぷり!!
5.最後にタコのから揚げを乗せて完成!!

はい、出来上がり!!簡単でした!!

“多幸うどん”を作った感想

なんでかなぁ。

揚げ物と出汁って本当によく合いますよねぇ。

タコもから揚げにするとさらに味が凝縮するように思います。

残り物(今回は作りたてだけど)のお惣菜で簡単にできてしまうのに間違いない美味しさですね。

それにしても毎話のことですけれど、鮎美はなかなかに女子力(?)が高いですね。

食材を無駄なくうまいこと使いまわしてます(笑)。

エピソード収録巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください