“豪快オイルサーディン丼”作ってみた!!『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より。。

“豪快オイルサーディン丼”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

鮎美の「メスティン飯炊き唄」と”豪快オイルサーディン丼”!!

今回は『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より”豪快オイルサーディン丼”を作ってみました!!


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

スウェーデントランギア社製の飯ごう「メスティン」を使って炊き上げた白ご飯にオイルサーディンをたっぷりと乗せることで、豪快に仕上げる”豪快オイルサーディン丼”!!


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

作中でも触れられている通り、飯ごう炊飯における2大ポイントは「火加減」と「加熱時間」です。

炊飯といえば日本には昔ながらの有名な「飯炊き唄」が存在します。「はじめチョロチョロ~」のやつですね。

ただこの「飯炊き唄」に実用性を感じられなかった鮎美はメスティン用に自作の「飯炊き唄」を披露しています。

鮎美が編み出したメスティン用の「飯炊き唄」は…

「はじめマックス ププッと吹いたら グッとこらえて15分」


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

「まもなくチリチリおどろいて 火から飛び降り10分ムラムラ」

時間の要素を入れているせいかなんとなく収まりがよろしくないですが(笑)、実用性は十分な「飯炊き唄」です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

相変わらず、良い表情!!

これは試さずにはいられない!

“豪快オイルサーディン丼”の材料

 ・米:1合
 ・水:適量
 ・レタス(新鮮なもの):1枚
 ・オイルサーディン:たっぷり(6匹分くらい)
 ・醤油:適量

山ご飯”豪快オイルサーディン丼”の作り方!

今回も山ご飯ですので、簡単お手軽です。

使う器具もメスティンだけ。材料は上にまとめた通りです。

作り方は、メスティンでお米を炊いて、炊き上がったらトッピングするだけ。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

メスティンでのお米の炊き方は、基本的には上述の鮎美の「飯炊き唄」に準じれば良いのですが、お米とお水の分量についてはお米1合に対して、お水がメスティンの内部の”ぽちぽち”の真ん中までの量です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

炊き始めて一度吹いてから(「はじめマックスププッと吹いたら」)弱火にしたら、蓋の上に重しをのせておく必要があります。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

炊いたご飯の1/3量はおにぎりにして、残りのご飯の上にちぎったレタスと温めておいたオイルサーディンを乗せればほぼ完成です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

最後にお醤油を回しかければ”豪快オイルサーディン丼”の出来上がり。

では、作っていきましょう!!

“豪快オイルサーディン丼”を作ってみよう!!

まずお米を炊いていきましょう!

メスティンに洗った生米一合を加え、メスティンの内側の”ぽちぽち”の真ん中くらいの高さまでお水を注ぎます。

では、せっかくなので鮎美のメスティン用「飯炊き唄」に倣ってお米を炊いていきましょう!!

1.「はじめマックス」

お米とお水を入れたメスティンを強火にかけます。

2.「ププッと吹いたらグッとこらえて15分 

沸騰して一度吹いたら、火力を弱めて約15分弱火にかけます。この時蓋の上に重りを置いておくと宜しいです。

3.「まもなくチリチリおどろいて

15分ほど炊いて中の水気がなくなればチリチリという音が鳴り始めるので、それを合図に火を止めます。

4.「火から飛び降り10分ムラムラ」

最後にメスティンをタオルで包んでコンロから降ろし、上下逆さまにしてそのまま約10分蒸らしておきます。

さて、蒸らし時間が過ぎれば中の様子を見てみましょう!

うむ、良い感じで炊けていますね。メスティン、グッジョブ!!

今回は炊き上がったご飯の2/3だけを使うので残りの1/3は作中に倣いおにぎりにします。

ただせっかくなので、おにぎりはもう一品『山と食欲と私』の再現山ご飯”即席さけ雑炊”を作る用に鮭おにぎりにしてしまいました。

鮭おにぎりの結末は、別記事で…。

“即席さけ雑炊”作ってみた!!『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より。。

さて、残りの2/3のご飯はしゃもじで十分にほぐしてならしておきます。

ここでオイルサーディンの登場!!

今回はタイミングよく冷蔵庫に自家製オイルサーディンがあったので、缶詰ではなくこちらを使用します。

では、チャチャッと仕上げていきましょう。

新鮮なレタスを水で洗ってちぎり、ご飯の上にのせます。

さらにその上にオイルサーディンをたっぷりとのせます。

漬けオイルもたっぷりと入れてしまいましょう!!

これで、ほとんど出来上がりです!

最後の仕上げにお醤油を回しかければ…

“豪快オイルサーディン丼”の出来上がりです!!

うむ、おいしそうだ。見栄えがするな〜。

“豪快オイルサーディン丼”を作った感想

これは美味しいっ!

オリーブオイルとお醤油って思ってた以上によく合うのですね。めちゃめちゃ箸が進みます!!

ただオイルたっぷりなのでお米がサラサラしてしまうのですけど、メスティンはかきこむには適してないのですよねぇ。まあ、スプーンで食べれば何の問題もない!

メスティンでの炊飯もなかなかうまいこと行ったし。。メスティン、ホンマにグッジョブやで。

鮎美のメスティン用の「飯炊き唄」にメロディをつけるのは至難でしょうが、なかなか楽しい調理でした笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください