漫画飯”イチャニウ(サクラマス)のオハウ”作ってみた!!『ゴールデンカムイ』第73話「女の季節」より。。

漫画飯”イチャニウ(サクラマス)のオハウ”作ってみた!!『ゴールデンカムイ』第73話「女の季節」より。。

漫画飯”イチャニウ(サクラマス)のオハウ”作ってみた!!『ゴールデンカムイ』野田サトル

最新再現「マンガ飯」

“小泉さんのぶっかけラーメン3種”

『ラーメン大好き小泉さん』

”ニシンとかぼちゃの包み焼き”

『魔女の宅急便』

“シルキー作チセ用サンドイッチ”

『魔法使いの嫁』

”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”。

『魔法使いの嫁』「星待つひと 前編」

”ホットサンドメーカー焼き豚まん”

『ゆるキャン△』

“謎の肉カップ麺”

『ホクサイと飯さえあれば』

”ベーコンonパンケーキ”

『魔法使いの嫁』

“卵焼き卵サンド”

『ホクサイと飯さえあれば』

”すーちゃんのためのフルーツサンド”

『舞妓さんちのまかないさん』

”ポテトパンケーキ”

『幼女戦記食堂』

”ライン戦線の芋~ローズマリー風味~”

『幼女戦記』

”タコライス夏の陣”

『ホクサイと飯さえあれば』

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

“イチャニウのオハウ”!甘くてほろ苦い春の味!!

第73話「女の季節」より”イチャニウのオハウ”を作ってみました。

スクリーンショット 2018-04-02 2.05.13-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より

アイヌ語で”イチャニウ”は”サクラマス”のこと、”オハウ”は”煮込み汁”のことを意味するようです。

アシリパさん曰く”春に食べる汁物で一番美味しい”のだそう。

脂ののったサクラマスにギョウジャニンニクやフキと言った山菜の組み合わせ。

これは美味そうすぎる!!何を隠そう僕はサーモン大好き人間ですから。。

どうやらギョウジャニンニクの甘さとフキのほろ苦さが絶妙のようですよ。早く食べたいですねぇ。。

スクリーンショット 2018-04-02 2.05.27-min
” 甘くてほろ苦い春の味だ ” 『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より

『ゴールデンカムイ』に出てくるアイヌ料理は前々から作ってみたかったのですが、なかなかハードルが高くて…。

春めいてきた今日この頃、山菜も出回り始めてきたので、満を辞して『ゴールデンカムイ』のアイヌ飯に初挑戦です!!

頑張るなら、食材も自分の手でとってくるべきなんでしょうけどね。

いかんせん山菜採りの経験がないもので。。その辺はお目に見てください笑

[amazonjs asin=”B01IQYKNOO” locale=”JP” title=”ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)”]

“イチャニウのオハウ”の作り方

“イチャニウのオハウ”の作り方は作中でしっかりと解説されています。

曰く…

” 切り身にしたサクラマスと焼いて皮をむいたフキノトウの茎 フキとギョウジャニンニクを入れて塩で味付けをする “

とのことです。うん、美味しそうだ。。

さて、ここで問題。。フキノトウの茎とフキって何が違うのでしょう??

そもそもフキノトウと、フキが同じ植物なのは後存知でしょうか。フキノトウというのはそもそも蕗の薹と書き、蕗の蕾の部分のことを意味します。

一方で、フキですが、実は勘違いしている人が多いのですが、こちらは茎ではありません。一般にフキといって食されているのは葉柄といって茎と葉の間の部分になります。

蕗の茎は地中に埋まっています。地下茎というやつです。なので蕾であるフキノトウと葉および葉茎であるフキは別のところから地表へ出てきます

つまり、ここで言われているフキノトウの茎というのは、薹がたって(文字通り)のびた花茎の部分のことなわけですね。

いやいや、そんなの手に入るのか??

あ、ちなみに”サクラマス”はサケ目サケ科の魚です。

万能の薬「プクサ」とアイヌの子供のおやつ「コロコニ」

ギョウジャニンニクはアイヌ語では「プクサ」というそうで、アイヌにはなくてはならない食材だそう。またその強い匂いから病魔も逃げ出すといわれ、どんな病気にも効くのだと言います。

スクリーンショット 2018-04-02 2.02.46-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より

一方、フキは「コロコニ」、フキノトウは「マカヨ」というそうです。全然違う呼び方なんですね。。フキも生で食べられることからアイヌの子供たちのおやつになっているそうですが…

スクリーンショット 2018-04-02 2.04.03-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より

食べると口の周りが黒くなってしまうのだそうです。杉本も白石も口の周りを黒く染め、お互いフキを食べたことをイジり合いますが…。

スクリーンショット 2018-04-02 2.04.29-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」

アシリパさん…。相変わらず、可愛さがとどまることを知らない…。

と、いうことで、今回のオハウの主食材ギョウジャニンニク(プクサ)フキ(コロコニ)、及びフキノトウ(マカヨ)でした。

それでは、調理に入っていきましょう!!

“イチャニウのオハウ”の材料

 ・鮭半身
 ・鮭のアラ
 ・ギョウジャニンニク
 ・フキ
 ・フキノトウの茎

釣りにでも行かない限り、サクラマス一尾なんてなかなか手に入るものではありませんので、鮭の切り身(僕の場合は半身)と鮭のアラを使います。出汁のためにはアラは必須ですね。

それからフキノトウの茎も手に入らないので、今回は省きました。山菜採り行って見たいな〜。

“イチャニウのオハウ”を作ってみよう!!

まずはサケのアラの汚れを取ります。その間にサケは鱗をとって、大きめの塊にざっくりと切り分けます。

IMG_5959-min
IMG_5960-min

鉄鍋にサケのアラを敷き、その上に切り身を置きます。とりあえず、これはこのまま少し放置。

次に、フキを用意します。軽く水で洗ってから、皮を剥きます。フキの皮は包丁で引っかければ上から下まで綺麗に剥けます。そのあと5cmほどの長さにざっくり切り分けます。

IMG_5961-min
IMG_5962-min

先ほどのサケを入れた鉄鍋にフキと軽く水洗いしたギョウジャニンニクを加えます。

ひたひたになるくらいに水を加えたら火にかけます。

IMG_5964-min
IMG_5968-min

鍋が湧いてきたら、アクが出てくるので丁寧にアク取りを行います。

アクを全て取り終わり、具材に火が通れば塩で調味します。おそらくフキが一番火が通りにくい食材ですので、フキが柔らかくったら出来上がりの目安です。

IMG_5969-min
IMG_5972-min

出来上がりはこんな感じです。かなり澄んだお汁に仕上がり、サケの赤い脂が浮いて緑が映えます。フキも柔らかく、ギョウジャニンニクもほっこりです。

IMG_5974-min
IMG_5976-min

あとは器に盛り付けて完成!!だいたい3~4人分くらいの量が出来上がりました!!

IMG_5978-min
IMG_5979-min

それではアシリパさんのいう“甘くてほろ苦い春の味”を堪能させていただきましょう!!

さあ、ヒンナ、ヒンナ!!

“イチャニウのオハウ”を作った感想

感想。。美味い。。シンプルに美味い。。

いや、ほんとに、これは絶品すぎます。一人でほとんど鍋一杯のオハウを食べきってしまいました笑笑

ヒンナ、ヒンナ!!

アシリパさんが“この時期一番美味しいオハウ”だというのも納得です。しかも山菜を使うので、現代においてもこの春先にしか食べることのできないまさに“春の味”を感じる逸品です。

予想ではサケの脂で赤い汁になるのかと思っていましたが、澄んだ汁に仕上がりました。それに、脂っぽさも魚臭さもなく、また山菜の青臭さなどもなく、さっぱりして味の方も澄んだ仕上がりです。

ところで、プクサ(ギョウジャニンニク)の若芽は生でも食べられるそうで、そちらも試してみました。

スクリーンショット 2018-04-02 2.03.00-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より引用

杉本はオソマこと味噌につけて食べていましたが、これも確かにうまい。

食べ過ぎると「ケルセチン」のせいで軽い胸焼けのような症状になりますが、止まらないんですよね。まるまる1パック全て生のまま平らげてしまいました笑

マヨネーズもなかなか合いますよ!!

ちなみに、アシリパさんの目を盗んでオソマ(味噌)をつけてプクサを食べていた杉本とそれを見つけたアシリパさんのやりとりがめちゃめちゃおもしろいです。

スクリーンショット 2018-04-02 2.03.34-min
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より引用

オソマを前にするとアシリパさんは人知を超えた身体能力(?)を発揮します笑

詳しくは『ゴールデンカムイ』第8巻をご参照くださいな。

結局は2人仲良く”ヒンナヒンナ”!!

スクリーンショット 2018-04-02 3.16.23
『ゴールデンカムイ』野田サトル 第73話「女の季節」より引用

アシリパさんが味噌をオソマと呼ばなくなる日は永遠にこなさそうですね笑

ともかく、食事ターンになると食いしん坊アシリパさんは可愛さが天井を突き抜けるのだ!!

[amazonjs asin=”B01IQYKNOO” locale=”JP” title=”ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)”]

“小泉さんのぶっかけラーメン3種”

『ラーメン大好き小泉さん』

”ニシンとかぼちゃの包み焼き”

『魔女の宅急便』

“シルキー作チセ用サンドイッチ”

『魔法使いの嫁』

”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”。

『魔法使いの嫁』「星待つひと 前編」

”ホットサンドメーカー焼き豚まん”

『ゆるキャン△』

“謎の肉カップ麺”

『ホクサイと飯さえあれば』

”ベーコンonパンケーキ”

『魔法使いの嫁』

“卵焼き卵サンド”

『ホクサイと飯さえあれば』

”すーちゃんのためのフルーツサンド”

『舞妓さんちのまかないさん』

”ポテトパンケーキ”

『幼女戦記食堂』

”ライン戦線の芋~ローズマリー風味~”

『幼女戦記』

”タコライス夏の陣”

『ホクサイと飯さえあれば』

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

“ばっけの天ぷらとこごみの胡麻和え”作ってみた!!『ふらいんぐうぃっち』第7話「夢と道端の幸せ」&第13話「喫茶コンクルシオ」より。。

“ばっけの天ぷらとこごみの胡麻和え”作ってみた!!『ふらいんぐうぃっち』石塚千尋



『ふらいんぐうぃっち』簡単概要

『ふらいんぐうぃっち』は新米魔女の”木幡真琴”が「魔女のしきたり」に従って15歳で独り立ちし、一人前になるために弘前の親戚倉本家に黒猫の”チトさん”とともに居候しながら魔女の修行をしていくというお話です。

自然あふれる弘前と、どこか抜けたようなおおらかな倉本家の面々に囲まれて、ちょっと天然気味の新米魔女”真琴”の魔法も交わるほのぼのスロースークールライフはなかなかクセになります。是非ご一読を!!

では…

“道端の幸せ”ばっけ!!”春の山”の恵コゴミ!!

今回作ってみたのは、作品舞台の弘前の自然が存分に描かれた2エピソードからそれぞれ山菜料理を1品ずつ作ってみました。

1品目は第7話「夢と道端の幸せ」から“ばっけの天ぷら”です。”ばっけ”というのは“ふきのとう”のことなんだと。。知らなかった。

スクリーンショット 2018-03-29 20.03.31-min
『ふらいんぐうぃっち』第9話「夢と道端の幸せ」より引用

料理担当は真琴の居候先の真琴と同い年の又いとこ”倉本圭”。”圭くん”は実はなかなかにスペックが高い男の子です。

2品目は第13話「喫茶コンクルシオ」で、これまた圭くんが作った“コゴミの胡麻和え”です。

スクリーンショット 2018-03-29 20.02.09-min
『ふらいんぐうぃっち』第13話「喫茶コンクルシオ」より引用

料理の詳細には触れられませんが、直前のエピソードの山菜取り(第12話「春の山」)の際に、“ゴマであえたらうまい”と説明しているので、”胡麻和え”としましょう。

[amazonjs asin=”B00KQCZW3M” locale=”JP” title=”ふらいんぐうぃっち(2) (週刊少年マガジンコミックス)”]
[amazonjs asin=”B00VHPD0EU” locale=”JP” title=”ふらいんぐうぃっち(3) (週刊少年マガジンコミックス)”]

圭くんの天ぷら調理法&胡麻和え

さてと、天ぷらの揚げ方は幾つか流儀がありますよね。

せっかくなので、今回は圭くんと同じやり方でやってみます。

スクリーンショット 2018-03-29 20.03.18-min
『ふらいんぐうぃっち』第9話「夢と道端の幸せ」より引用

圭くんは衣に卵を入れる派のようです。それから氷も入れています。

僕自身は、普段は卵を入れない派なので違いが楽しみです。

コゴミの胡麻和えに関しては特に何の言及もないので、自己解釈で…。まあシンプルな胡麻和えにします。

 

“ばっけの天ぷらとこごみの胡麻和え”の材料

 ・ばっけ
 ・天ぷらの衣
  小麦粉+卵+水+氷
 ・揚げ用油
 ・塩

 ・コゴミ
 ・練りゴマ
 ・すりゴマ
 ・薄口醤油
 ・砂糖



“ばっけの天ぷらとこごみの胡麻和え”作ってみよう!!

天ぷらは揚げたてがベストなので、今回はコゴミの胡麻和えから作っていきます。

コゴミは軽く水洗いし、食べやすい大きさに切ります。お湯(塩を入れる)を沸かし、沸騰したらコゴミを入れてさっと茹でます。

好みの固さになったら鍋を火から降ろし、余熱で火が通ってしまわないように、手早く冷水にとります。

IMG_5769-min IMG_5770-min

キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取り、小さめの容器に移します。そこに練りゴマとお砂糖少々、薄口醤油を加えて、菜箸でしっかりと和えます。

IMG_5775-min IMG_5776-min

十分に和えれば、すりゴマ(炒っても良し)を加え、味が足りないようなら薄口醤油で調味します。

これで”コゴミの胡麻和え”は完成です。

IMG_5777-min IMG_5795-min

お次は、”ばっけ”ことふきのとうの天ぷらです。まずは”ばっけ”を軽く水洗いし、しっかりと水気を切ります。

天ぷらの衣は、作中の通り、小麦粉、水に卵を加え、氷も入れます。これらをさっくりと混ぜ合わせ、衣の準備は完了。小麦粉が溶けきらない程度が目安です。

IMG_5771-min IMG_5779-min

では、揚げる準備をしていきます。油を熱して”お箸の先から気泡が出る”くらいの温度になれば、天ぷら揚げの適温です。

十分に油の温度が上がれば、ばっけを衣につけて揚げていきます。

IMG_5784-min IMG_5781-min

からっと揚がれば、完成!!まあ、これが一番難しいんですがね笑

IMG_5785-min IMG_5794-min

余分な油はきって、塩を少量つけていただきます。



“ばっけの天ぷらとこごみの胡麻和え”作った感想

と、いうわけで今回は『ふらいんぐうぃっち』を読んでいたら、急に山菜が食べたくなったので”ばっけの天ぷら”と”コゴミの胡麻和え”を作ってみました。

春めいてきて、店先にも山菜が並び始めている季節ですからねぇ。

IMG_5789-min

ちなみに僕個人は山菜採りなんて経験したことないんですが、採ったばかりの山菜って買ったものとは比べ物にならないほどの良い香りなんですってね。一度採ってみたいものです。

ちなみに圭くんの妹”倉本千夏”(後に「魔女見習い」になる)は山菜は大人の味なので、苦手らしい。

スクリーンショット 2018-03-29 20.03.50-min
『ふらいんぐうぃっち』第9話「夢と道端の幸せ」より引用

” もう そんな季節…か “

” ばっけは大人の味がする 子供には合わない味 “

なかなかほんわかするでしょ笑

確かに山菜の苦味は、小学生の味覚にはまだ早いかな。

エピソード収録巻

第7話「夢と道端の幸せ」、第13話「喫茶コンクルシオ」はそれぞれ『ふらいんぐうぃっち』第2巻、及び第3巻に収録!!

[amazonjs asin=”B00KQCZW3M” locale=”JP” title=”ふらいんぐうぃっち(2) (週刊少年マガジンコミックス)”]
[amazonjs asin=”B00VHPD0EU” locale=”JP” title=”ふらいんぐうぃっち(3) (週刊少年マガジンコミックス)”]



Popular Posts(last 24h)

instagram account

This error message is only visible to WordPress admins

Error: There is no connected account for the user gyuujaku. Feed will not update.

Related posts



Count per Day

  • 390926総閲覧数:
  • 351今日の閲覧数:
  • 615昨日の閲覧数:
  • 193994総訪問者数:
  • 164今日の訪問者数:
  • 273昨日の訪問者数:
  • 280一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2016年7月21日カウント開始日:

サイト内検索(キーワードを入れてください)

カテゴリー

Count per Day

  • 390926総閲覧数:
  • 351今日の閲覧数:
  • 615昨日の閲覧数:
  • 164今日の訪問者数:
  • 273昨日の訪問者数:
  • 280一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2016年7月21日カウント開始日: