“クーリビヤック”作ってみた!!『食戟のソーマ』157 「鮭は踊る」より。。

“クーリビヤック”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

厨房の独裁者黒木場リョウの鮭料理!!

今回のマンガ飯は『食戟のソーマ』157「鮭は踊る」より黒木場リョウの作った”クーリビヤック”を再現してみました。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊157「鮭は踊る」より引用

中枢美食機関(セントラル)による残党狩りの際、「最先端料理研究会」の解体をかけた一戦で披露された一品です。

食戟のテーマ食材は「鮭」!!

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊155「最大出力」より引用

“サーモンのコンフィ・フラム”を繰り出してきたセントラルのルーキー楠連太郎に対して、黒木場リョウが作った”最大出力の鮭料理”こそが”クーリビヤックです。

黒木場リョウ曰く”サーモンの味の爆発力 舌が逆らうことのできない圧倒的な美味さ”だそうです!!

[amazonjs asin=”4089082730″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 19巻 アニメDVD同梱版 (特装版コミック)”]

フレンチの古典料理”クーリビヤック”!!

さて、クーリビヤックというのは、フランス料理の有名な古典料理の一つです。

元はロシアで作られた料理だそうで、それがフランス料理に取り入れられたのだそう。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

だからこそ、”蕎麦の実のカーシャ”が使われるわけですね。実はロシアでは蕎麦の実の消費量が世界トップクラスなほどに、蕎麦の実は一般的な食材なのです。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

“蕎麦の実のカーシャ”に加え、さらにエシャロットや、マッシュルームを具としてクレープで覆い、さらにブリオッシュ生地で包み焼いたものこそがクーリビヤックなのです!!

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

さらに、黒木場リョウはクレープ生地にほうれん草とシーズニングスパイスを練りこむことで味に深みを出す工夫をしています。

“クーリビヤック”の材料

<ブリオッシュ生地><鮭のフュメ><詰め物>
 ・薄力粉:50g ・鮭のアラ ・鮭
 ・強力粉:200g ・白ワイン ・マッシュルーム
 ・グラニュー糖:30g ・玉ねぎ ・エシャロット
 ・塩:5g ・ニンニク ・米
 ・バター:125g ・セロリ ・蕎麦の実
 ・卵:125g ・人参 ・鮭のフュメ
 ・ドライイースト:4g  ・バター
 ・牛乳:60g   
<ほうれん草のクレープ><シーズニング&ソース>
 ・小麦粉:150g ・塩
 ・卵:2個 ・砂糖
 ・牛乳:450g ・タイム
 ・ほうれん草:2束 ・オレガノ
 ・バター:適量 ・ガーリック
  ・乾燥ベーコン
  ・生クリーム
  ・エシャロット
  ・白ワイン

“クーリビヤック”を作ってみよう!!

ブリオッシュ生地作りに丸々1日(寝かせる時間が15時間以上)かかるので、2日かかりです。

まずは、ブリオッシュ作り(辻調のページを参考にしました)からです。

<<

>>ブリオッシュ生地の材料を混ぜ合わせます。

  1. 薄力粉と強力粉を2:8で合わせたフランスパン用粉をふるって、グラニュー糖、塩を加えて混ぜます。
  2. 別のボウルにドライイーストを入れ、牛乳(少量は硬さ調節のために取っておく)を加えて泡立て器で攪拌して溶かし、さらに卵を加えます。
  3. できた卵液を、先ほどふるったフランスパン用粉のボウルに加えてかき混ぜます。
  4. ざっくり混ざれば、今度は手を使って手早く混ぜていきます。
ブリオッシュ生地の材料を合わせます

<<

>>生地をこねていきます。

  1. 粉気がなくなるまでまんべんなく混ぜ合わせます。
  2. 生地を台の上に取り出して、台に擦り付けるようにしてこねていきます。生地がまとまってきたら、ボウルに入れて少しの間寝かせておきます。
  3. 軽く台に打ち粉をして、休ませた生地を叩きつけて、畳んで、叩きつけて、畳んで…を繰り返します。表面が”ツルッ”となれば完了。
  4. 丸くまとめてボウルで再び5分ほど休ませます。
生地をこねます

<<

>>バターを包みます。

  1. 冷蔵庫で冷やしていたバターを取り出し、ラップで挟んでめん棒でたたいて柔らかくします。この際必ずバターは直前まで冷蔵庫に冷やしておく必要があります。
  2. たたいて柔らかくなった”冷たい”バターを生地で覆いこみます。
  3. なるべくバターに触れないようにして(溶けるので…)指先だけを使い、手早く生地をちぎっていきます。
  4. バターが細かく、全体に満遍なく散らばるようにします。
生地にバターを包んでちぎり混ぜます。

<<

>>生地をこねて発酵させます。

  1. 生地もバターも細かくちぎれたら、先ほどと同じように台に擦り付けるようにしてこねていきます。生地のグルテンが十分に出来上がって、伸ばして指がすけるくらいまで薄くできるようになればこねあがりです。
  2. ボウルに入れて90分発酵を取ります。
  3. 90分して発酵すれば、2まわりほど大きくなります。
  4. バットにまとめ直して、冷蔵庫の中で15時間~寝かせます。
  5. 表面が乾燥しないようラップをかけておきます。
ブリオッシュ生地を発酵させる

<<

>>鮭のフュメを取ります!!

お次は、鮭のアラでフュメを取ります。

  1. 鮭のアラは水洗いして、汚れと血を洗い流しておきます。
  2. 玉ねぎ、ニンニク、セロリ、人参を炒めてから、しんなりしてから鮭のアラを加えてさらに炒めます。
  3. 鮭の表面に火が通れば、白ワインと水を加えふつふつと30分程煮ます(あまり長時間火にかけないように!)。
  4. 火から下ろしたら、濾し器でフュメを濾します。
サーモンのフュメをとる

<<

>>ほうれん草のクレープを作ります。

次の手順では、ほうれん草のクレープを作ります。

  1. 軽く茹でて、ざく切りにしたほうれん草と牛乳を合わせて、ミキサーにかけて作ったほうれん草のピュレを小麦粉と卵を入れたボウルに加えます。
  2. 泡立て器で十分に攪拌します。
  3. 小さなボウルに塩、砂糖、タイム、オレガノ、ガーリック、乾燥ベーコンを合わせてシーズニングスパイスを作ります。
  4. フライパンにバターを溶かして先ほどのクレープ液を注ぎ、シーズニングスパイスをまばらに散らして、クレープを焼き上げます。焼きあがればそのままクレープは冷ましておきます。クレープは2枚焼きます。
ほうれん草のクレープを焼く

<<

>>詰めもの作り~お米を炊く~

ここからは詰めもの作りです。まずは先ほど取ったサーモンのフュメで、お米を炊きます。

ジャーン!土鍋の登場です。別に炊飯器でもいいですが…。

  1. 土鍋に洗ったお米と先ほどのサーモンのフュメを入れて火にかけます。
  2. お米が炊き上がったら10分ほど蒸らしておきましょう。
サーモンのフュメで米を炊く

<<

>>詰めもの作り~蕎麦の実のカーシャ~

同時に蕎麦の実のカーシャも作ります。”カーシャ”といってもただ煎ってから煮るだけです。

  1. 蕎麦の実の汚れを落とした後、フライパンで炒ります。
  2. 水を加え適度な固さになるまで煮あげます。
蕎麦の実のカーシャ

お米が炊き上がって、蕎麦の実のカーシャも出来上がれば、次の段階です!!

<<

>>詰めもの作り~仕上げ~

  1. エシャロットとマッシュルームをみじん切りにして、バターを敷いたフライパンで炒めていきます。
  2. エシャロットとマッシュルームの水分が適度に飛んだら、炊き上がったお米と蕎麦の実のカーシャを加えて、さらに炒めていきます。
詰めものの仕上げ

これで詰め物は完成です。あと一息です。

<<

>>詰めものを包んで焼きに入ります!!

  1. 冷蔵庫で寝かせておいたブリオッシュ生地を取り出して、軽く打ち粉をしてから手早くめん棒で薄く伸ばしていきます。十分に伸ばせたら、生地のいらない部分を切り取っていきます。切り取った部分は後ほど飾りにするので、一旦冷蔵庫に戻しておきます。
  2. ブリオッシュ生地の上に、クレープ生地を載せます。その上に、先ほど作った詰め物を敷き、鮭を載せます。
  3. 鮭の上にさらに詰め物を盛り、一番上に残った鮭を載せてクレープで包んでいきます。
  4. クレープ一枚では包みきれないので、上からもクレープを一枚かぶせ包み込みます。ブリオッシュ生地もたたんでいきます。
  5. 隙間がないようにブリオッシュ生地をたたみ込んだら、先ほどのあまり生地を型で小さな円柱状に切り抜き飾りつけて表面に卵液を塗ります。
  6. 200度に予熱したオーブンで40分ほど焼いて行きます。

<<

>>最後にソースを作っていきます!!

最後の作業として、ソース作りが残っています。ソースには、鮭のアラでとったフュメを使います。

  1. フライバンにバターを溶かして、みじん切りにしたエシャロットを炒めていきます。
  2. 鮭のフュメをたっぷりと加えて、10分ほど火にかけておきます。
  3. エシャロットの風味がうつり、フュメが十分な濃度になれば、生クリームを加えます。塩コショウで調味し、さらに2~3分火にかけます。
  4. 火からおろして、ソースを濾します。このままでも特に問題ありませんが、もう少し粘度とコクが欲しいのでさらにもうひと手順。
  5. 濾したソースを鍋に移し、卵黄を加えてかき混ぜてから弱火にかけます。適度にとろみがつけば、今度こそ完成です。

ようやく全過程終了です。なかなか手順が多かったですが、今度こそこれで本当に最後です。

焼き上がりを待って完成です!!

包丁で切って断面を見てみるとブリオッシュ層、クレープ層、詰め物、サーモンと綺麗にできていますね。

なかなかよろしい出来栄えでしょう。

最後にお皿に盛り付けて、ソースをかけて完成です!!

“クーリビヤック”を作った感想

かなり手順が多くなってしまいましたね。ブリオッシュの生地づくりの手順が圧倒的に多いです。

とはいえ、手順は多いですが、一つ一つの作業はそこまで大変なものでもありません。

クーリビヤックというのは、最近ではレストランなどでも簡単にはお目にかかれないご馳走ですので、家庭で作ってみるというのもいいかも。

ちなみに作中で言われている”暴力的な”ということはなく、お上品なお味です笑

今回は米を炊く出汁もソースも鮭のアラ出汁で統一してみたので、全体として一体感があった…かも。

[amazonjs asin=”4089082730″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 19巻 アニメDVD同梱版 (特装版コミック)”]



“ヒロシ特製イカSP”作ってみた!!『ばらかもん』Act.81「かおみしる」より。。

“ヒロシ特製イカSP”作ってみた!!『ばらかもん』ヨシノサツキ

“今時期のイカは一番美味い”!!

今回は『ばらかもん』Act.81「かおみしる」から“ヒロシ特製イカSP”を再現してみました。

さすがはヒロ兄、島の男!自ら釣ってきたイカを調理してイカづくしのSPを仕上げてきました!

それぞれは、シンプルな料理ですが、なかなかのものですよね。作中でも一度言われていたことがありましたが、ヒロシの普通って時々レベル高すぎだろ。。

スクリーンショット 2018-04-04 2.59.26

『ばらかもん』ヨシノサツキ Act.81「かおみしる」より引用

半田先生のお見合い相手の写真を見たいという美和とタマに川藤への交渉材料として利用されたヒロシのご飯。川藤の評価も適当ですし…笑

スクリーンショット 2018-04-04 2.37.20

『ばらかもん』ヨシノサツキ Act.81「かおみしる」より引用

ヒロシちょっと不憫ですね。ヒロシのドキドキを返してやってくれ笑笑

とはいえ、ここまでの”イカづくし”はそそるものがありますね。こんなに鮮度の良いイカは手にはいりませんが、いざ作ってみましょう!!

[amazonjs asin=”B00WVRBV1W” locale=”JP” title=”ばらかもん 11巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)”]

“ヒロシ特製イカSP”のメニューは!!?

さて、ヒロシ特製イカSPのメニューを見てみましょう。実はメニューについては何も言及されていないんですね。なので、絵から推測する必要があります。

まず、一見してすぐにわかるのが、前列の2品ですね。左が”イカリング”で右が”イカ飯”だと思われます。

残りの後列3品が問題ですね。おそらく右奥は”イカそうめん”ですよね。真ん中は紫蘇とかと和えてるのかな??で、左端が”イカのワタ炒め”と言ったところでしょうか。

スクリーンショット 2018-04-04 2.37.14
『ばらかもん』ヨシノサツキ Act.81「かおみしる」より引用

というわけで、“イカリング”“イカ飯”“イカそうめん”“イカと紫蘇の炒め合わせ”“イカのワタ炒め”の5品を作ることにします!!

ただこれ、絶対イカ2杯で作れる量超えてるよね笑

“ヒロシ特製イカSP”の材料

<イカリング> <イカ飯> <イカそうめん>
 ・パン粉  ・もち米  ・生姜
 ・卵  ・米  ・醤油
 ・小麦粉  ・一番だし  
 ・キャベツ  ・醤油  
 ・サニーレタス  ・みりん  
 ・マヨネーズ  ・酒   
<イカと紫蘇の炒め合わせ> <イカのワタ炒め>
 ・紫蘇  ・ニンニク
 ・ネギ  ・バター
 ・塩  ・醤油

“ヒロシ特製イカSP”作ってみた!!

今回はスルメイカを4杯用意しました。作中では2杯でしたが、2杯で5品って絶対無理でしょ!?

そんなに立派なイカは手に入りません笑

まずは”イカめし”から作っていきます。イカはさばいて、胴身からワタを取り出し、下足は細かめのぶつ切りにします。皮は剥きません。

ボウルに洗ったもち米と米(合わせて40gほど)、ぶつ切りにしたイカの下足、醤油、みりん、酒を加えて混ぜます。

多分作中の料理には使われていないでしょうが、個人的には実山椒の香りが好きで、しかもまさに今旬の真っ盛りなので潰した実山椒も加えて見ます。

加熱中にイカが弾けないように、フォークで何箇所か穴を開け、空気の逃げ道を作っておきます。

イカの胴身に米を詰めていきます。隙間ができないようトントンしながら行います。

全部詰め終われば、楊枝で口を閉じます。

米を詰めたイカの胴身を鍋に入れます。そこに一番出汁、醤油、みりん、酒を加えて、中火で煮ていきます。

イカをひっくり返しながら、中の米を炊き上げていきます。

 

煮汁をおたまなどでかけながら煮詰めていきます。30~40分煮込んで、煮詰まったら完成です。

お次は”イカそうめん”です。

今回は、イカの皮も剥ぎます。イカの胴身を開いて縦に2つに切ります。

その後、繊維方向に細切りにしていきます。”イカそうめん”はこれだけで出来上がりですね。簡単、簡単。

次は、”イカと紫蘇の炒め合わせ”です。今回はきちんとイカに格子状の切り目を入れておきます。

その上で、一口大に切り、片栗粉、塩、紹興酒で下処理をしておきます。

お鍋にお湯を沸かし、イカをさっとくぐらせて、冷水にあげます。

イカの熱が十分に取れたら、フライパンにイカ、ニンニク、ねぎ、紫蘇を入れ塩で味付けして軽く炒めます。

 

4品めは、”イカのワタ炒め”です。今回は他の料理で使わなかったイカの下足などを使いました。

フライパンでニンニクを炒め、香りが出たら鷹の爪とイカを加えます。

イカに8割がた火が通ったらワタを入れて、潰すようにしてさらに炒めます。ワタが満遍なく混ざったら、焼酎、塩、醤油を加えて調味します。

水分が適度になくなれば火を止めて、ざく切りのネギを加えれば完成です。

最後の一品は”イカリング”です。今回は品数が多いですね〜。

イカの胴身を輪切りにし、薄く塩をふって5分ほど置いておきます。キッチンペーパーで水気をとったら、薄力粉、卵、パン粉の順につけて油であげていきます。

 

というわけで、完成品が以下の通りです。

“イカめし”と、”イカそうめん”。。

“イカと紫蘇の炒め合わせ”と”イカのワタ炒め”。。

最後に”イカリング”です。…イカリング、揚げ油の温度高くしすぎた…。

全部まとめて、一枚。かなりたくさん。。

結構壮観だなぁ。。

漫画飯で、こんなに一気に品数作ったの初めてかも。。

 

“ヒロシ特製イカSP”作った感想

今回はイカ盛りだくさんの”ヒロシ特製イカSP”を作って見ました。いや〜。なかなかでしたね。人生でこんな”イカづくし”の食事を食べたのは初めてでした。

バリエーションもご飯もの、刺身、揚げ物、炒め物、冷菜とバリエーション豊かです。

そういえば、イカ飯作ったのは初めてだったなぁ。イカリングも地味に初めて揚げた。

いや、ぶっちゃけ、これめっちゃ大変ですよ。これを平然と作るヒロシはやっぱポテンシャル高すぎるって。。

ほんとヒロシの”普通”って、たまにレベル高すぎる。。

それともう一回言うけど、これ絶対イカ2杯で作れる内容じゃないからっ!!

『ばらかもん』の料理を再現してみた まとめ

エピソード収録巻

Act.81「かおみしる」は『ばらかもん』第11巻収録!!

ばらかもん 11巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

“つみれとゴボウの味噌汁”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』第11話「組合の現場」より。。

“つみれとゴボウの味噌汁”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』樫木祐人

ミコチ特製”つみれとゴボウの味噌汁”!!

今回も『ハクメイとミコチ』から再現料理です。もう何品目ですかね?結構作った気がします。

今回作ってみたのは第11話「組合の現場」より”つみれとゴボウの味噌汁”です。

ハクメイも”たまらん”と言っていましたが、確かにこの組み合わせは最高!たまりません!!

スクリーンショット 2018-05-31 13.00.09
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第11話「組合の現場」より引用

というか、帰宅したら温かいご飯があるって羨ましいな。。

ちなみに、このエピソードでは”岩貫会”の会長ナライが初登場します。

スクリーンショット 2018-05-31 12.56.38
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第11話「組合の現場」より引用

この時はまさか、ナライが意外と子供っぽいかわいらしい面を持ち合わせているなんて思いもよりませんでした笑笑

[amazonjs asin=”4047293946″ locale=”JP” title=”ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)”]

“つみれ”の材料はなんだ!!?

さて、では料理の中身に入っていきましょう。

まず、”つみれ”ってなに?ということから始めましょう。

“つみれ”に似た言葉に”つくね”というものがあります。僕の周りもそうですが、多くの人が“つみれ=魚”で”つくね=肉”だと考えているそうです。

…が、これは実は間違いなのです。

“つみれ”と”つくね”の違いは、材料ではなく作り方にあります。

“つみれ”は種を調理するその場で手やスプーンなどを使って整形するもので、”つくね”はあらかじめ整形しておくものです。

と、いうわけでこの”つみれとゴボウの味噌汁”という料理名からだけでは素材を特定することは困難です。

で、まあ、どうしようかというと…。

とりあえず、お味噌汁ですからあまり脂っこいものではないと思われます。かつ、ゴボウに合う食材。

おそらく、鶏肉か魚肉でしょう。

さらに『ハクメイとミコチ』の世界観からして獣肉よりも魚肉の方がしっくりきます。もちろん過去何度かターキーサンドとか獣肉を使った料理が出ていないこともありませんが、これまで読んだ印象からすると圧倒的に魚介&野菜が使われることが多い気がします。

なので、今回は魚肉で、つみれの定番のアジを使うことにします。

 

“つみれとゴボウの味噌汁”の材料

 ・アジ(新鮮なもの)
 ・片栗粉
 ・卵
 ・塩
 ・こしょう
 ・ごぼう
 ・昆布
 ・鰹節
 ・味噌

“つみれとゴボウの味噌汁”を作ってみよう!!

まずは”つみれ”作りから始めます。

なるべく新鮮なお刺身でも食べられるくらいの鮮度のアジを用意します。

まずは3枚におろします。

IMG_6281-min IMG_6282-min

続いて、身を叩いて細かくしていきます。この時の粒の大きさがツミレの食感に直接繋がってきます。

好みの大きさになれば、ボウルにアジと鶏卵と片栗粉を入れてあえていきます。この段階で軽く塩を加えて、しっかりと捏ねていきます。

IMG_6286-min IMG_6288-min

これで、ツミレの種の完成です。冷蔵庫に入れて寝かせておきます。

その間に、ゴボウは土を綺麗に洗い落とし、ささがきにしておきます。

IMG_6289-min IMG_6366-min

鍋に一番出汁を入れ、火にかけます。即席出汁でも構いませんが、やはり昆布とカツオでとった一番出汁が一番いいですね。

軽く出汁が煮立ったら、スプーンでツミレをすくって形を整えます。僕はスプーン1本で行なっていますが、聞いた話ではスプーン2本でやれば綺麗な球状になるそうです。

IMG_6367-min IMG_6368-min

沸騰した出汁にツミレを落としていきます。ツミレ自体は生なので、しっかりと火を通します(刺身でも食べられる鮮度のものを使っているので大丈夫かと思いますが…)。

随時、ツミレが崩れたり、くっついたりしないように、やさし〜くかき混ぜます。

IMG_6369-min IMG_6370-min

ツミレに火が通ったら、今度はゴボウのささがきを加えていきます。

あとは、普通のお味噌汁の作り方と一緒です。鍋を火からおろし、味噌を漉して味噌汁に仕立てます。

最後にネギを散らして完成です。

IMG_6371-min IMG_6390-min

 

 

“つみれとゴボウの味噌汁”を作った感想

うんうん、うまいよね〜、そうだよね〜、わかるわかる。。

はい、そういうわけで絶品であります。

そもそもゴボウの香りがいいんですよね。それにつみれも既製品でなく自分で作ったものなので、歯ざわりも味もしっかりしていて文句なしです。

岩貫会の現場から帰ってきたハクメイをこの”つみれとゴボウの味噌汁”で迎えたミコチの世話女房ぶりがまたなんだかよかったです笑

スクリーンショット 2018-05-31 12.57.43

さすが胃袋を捕まえたと言っている(自発的でないものの姉に言わされた)だけあります笑

『ハクメイとミコチ』の料理を再現してみた!~まとめその2~

エピソード収録巻

第11話「組合の現場」は単行本第2巻収録!!

ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)

漫画飯”イチャニウ(サクラマス)のオハウ”作ってみた!!『ゴールデンカムイ』第73話「女の季節」より。。

続きを読む 漫画飯”イチャニウ(サクラマス)のオハウ”作ってみた!!『ゴールデンカムイ』第73話「女の季節」より。。

“珠玉のバター海鮮丼”作ってみた!!『食戟のソーマ』241「武士の誉れ」より。。

“珠玉のバター海鮮丼”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

お題は”バター”!!斎藤綜明の”珠玉のバター海鮮丼”!!

『食戟のソーマ』241 「武士の誉れ」より、斎藤綜明の”珠玉のバター海鮮丼”を再現してみました。

鮭のムニエルに、イカの肝炒め、そしていくらの醤油漬けと、豪華な具材を集約させた一品です。

2018-02-27 5.20.16-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 241「武士の誉れ」より引用

幸平創真、タクミ・アルディーニ、田所恵の1年ズが打って出た”連帯食戟3rd BOUT”。幸平創真を迎え撃ったのは十傑第五席斎藤綜明!!

“バター”という課題に“当代きっての天才寿司職人”と呼ばれる斎藤が作り上げたのはバターという副素材を活かすことによって魚介の力を最大限までに高めた一品…というていです。

2018-02-27 5.18.26-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 241「武士の誉れ」より引用

3rd BOUT 第1カードは斎藤綜明vs.幸平創真!勝負の結果は本編を読んでのお楽しみです。是非読んでみてください。

[amazonjs asin=”4088813219″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 28 (ジャンプコミックス)”]

“珠玉のバター海鮮丼”作ってみた!!

斎藤綜明作の”珠玉のバター海鮮丼”。その工夫は酢飯に酢ではなくオレンジなどの柑橘の果汁を用いてバターのしつこさを軽減させた点にあります。

2018-02-27 5.16.19-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 232「乾坤一擲」より引用

さらに、“サーモンのムニエル”“イカの肝焼き”と、それぞれバターにぴったりの料理。加えて、いくらの醤油漬けにはとんぶりとザクロを和えてあります。

2018-02-27 21.21.54-min

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 241「武士の誉れ」より引用

作中の記述によると、“バターによって三種が違和感なく融合、食感も楽しい上いくらの油っぽさを全く感じない”のだそうです。

では、実際に作ってみましょう。

“珠玉のバター海鮮丼”の材料

 ・サーモン:1切
 ・スルメイカ:1杯
 ・いくら:適量
 ・とんぶり:適量
 ・ザクロ:適量
 ・バター:適量
 ・米:1/2合
 ・オレンジ:1/2個
 ・レモン汁:適量
 ・塩:適宜
 ・砂糖:適宜

“珠玉のバター海鮮丼”作ってみよう!!

まずは酢飯からですね。オレンジ果汁を絞ります。適量のレモン汁も加えておきます。

IMG_5983-min IMG_5985-min

鍋に果汁、砂糖、塩を入れ沸騰させないように加熱して溶かします。同時にお米も炊いておきます。お米を炊く際には昆布を2かけほど加えておきます。

IMG_5986-min IMG_5973-min

お米が炊けたら、先ほど合わせた寿司酢(?)を加えて、切るようにして混ぜます。そのあと、水平広げて数分置いておきます。表面が少し乾いたら、一箇所に寄せてラップをしておいておきましょう。

IMG_5993-min IMG_5995-min

ではのせる具材を作っていきます。まずはサーモンの切り身に軽く塩を振って、小麦粉をまぶします。フライパンにバターを敷き、ムニエルを作っていきましょう。表面がこんがりとなって焼き色がついたら出来上がりです。じっくり焼いていきます。

IMG_5997-min IMG_5998-min

ムニエルを作っている間に他の二つも準備します。いくらはとんぶり、ザクロとあえておきます。

イカはわたを潰さないように捌きます。ゲソはぶつ切りに、胴は皮をむいて輪切りにします。

IMG_5988-min IMG_5996-min

フライパンにバターを敷き、みじん切りにしたニンニクとイカを入れて炒めます。8分程度火が通れば、わたを入れて炒め合わせていきます。満遍なく絡まれば醤油で味付けします。

IMG_6001-min IMG_6004-min

器に酢飯をよそって、具材を盛りつければ完成です。

IMG_6014-min

いざ、実食!!

“珠玉のバター海鮮丼”作ってみた感想

毎度のことですが、器がないんですよね笑

今回はなんとな〜く雰囲気の似ているお弁当箱を使って代用しました。

さて、お味の方ですが、もちろんそれぞれは丁寧に作ればうまいわけですけれど…。

オレンジ酢飯、確かに結構いけますね。ざくろが入っているのも良かったかもしれません。ザクロが入っていることで、酢飯のオレンジと果物系の統一感が出ていました。いくらもすごくさっぱりと食べられました。

全然、バターのひつこさがなく、あっさり完食です!!

その他”十傑”の再現料理はこちら

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた ~まとめ番外 十傑編~

エピソード収録巻

241「武士の誉れ」収録は『食戟のソーマ』第28巻!!
食戟のソーマ 28 (ジャンプコミックス)

“冬瓜と鯖の揚げ浸し”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』第34話「夫婦と手拭い」より。。

“冬瓜と鯖の揚げ浸し”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』樫木佑斗

会長夫人ハクヨさんの手料理”冬瓜と鯖の揚げ浸し”

34話「夫婦と手拭い」より“冬瓜と鯖の揚げ浸し”をつくってみました。相変わらず『ハクメイとミコチ』は目に美味しい料理が数々出てきますね…。

今回の”冬瓜の鯖の揚げ浸し”は休日に「岩貫會」の面々に振る舞われた会長夫人ハクヨさんの手料理です。

2018-03-31 12.41.19-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

そもそもなぜ休日にこんなことになっているのかというと…。

ナライが道具の手入れに“大切な手拭い”を使ってしまい、ハクヨを恐れて家出したのが事の発端です(カテンはとばっちり)。

2018-03-31 12.33.12-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

休日にもかかわらず、イワシをはじめとする會員たちも何故か出社してきて、結果全員でナライがハクヨに許してもらう方法を話し合うことになります。

一方、その頃のハクヨさんはハクメイとミコチの家でほっこりとお茶をいただいていたりして。。

2018-03-31 12.34.13-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

“夫の心、妻知らず”とでもいうところですかね笑

いや、もちろん二人の行方を捜して、ハクメイを訪ねてきたんですよ。ハクヨさんは良妻ですから。

最終的に、二人を心配したハクヨさんが食事”冬瓜と鯖の揚げ浸し”を差し入れして「岩貫會」総出のお昼ご飯になったわけです笑

[amazonjs asin=”4047344133″ locale=”JP” title=”ハクメイとミコチ 5巻 (ハルタコミックス)”]

大物屋の店主水雲丸のおすすめ”鯖の切り身”と”冬瓜”!

3人でハクヨさんは行きつけの「大物屋」へと買い出しに行き、店長”水雲丸”のおすすめ”鯖の切り身”と”冬瓜”を購入します。

鯖と冬瓜の量のバランスがちょいとおかしいですが笑

2018-03-31 12.39.59-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

ハクヨの買い物に驚くミコチの表情がツボでした。以前姉のアヤネが大根を一本まるまる購入した際の反応を思い出せば、まあそういう表情になるよねって感じですが笑

さて、調理ですね。ハクヨさんは身の丈をも超える刃物を軽々と扱います。まさに鬼神のごとしやで。

2018-03-31 12.40.33-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

メニューは、”鯖と冬瓜の揚げ浸し”ということですから、一口大に切った鯖と冬瓜とを油で揚げて、出汁に浸す感じですね。

一応、しっとりと仕上げるために、鯖には小麦粉で衣をつけて揚げます。作中でそれらしき描写はありませんけど…。

あ、それから鯖は生の鯖ではなく塩鯖を使うのがオススメです。出汁に浸しているうちに、鯖から塩みが出て適度な塩加減になると同時に、冬瓜にも適度に塩分が染み渡ります。

それから、塩漬け&油で揚げることで、鯖自体の臭みも抑えられます。出汁を使う繊細な料理なので魚の臭みの処理は重要です。下手すると、冬瓜が鯖の臭みも吸ってしまいますので…。

それにしても、冬瓜すらも容易に寸断するハクヨさん。これは刃物が相当な業物なのか、それともハクヨさん自身の凄さなのか…。

2018-03-31 13.20.33
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

少なくとも”単に慣れている”で済まして良い次元ではなさそうですが…笑

では、作っていきましょう!!

 

“冬瓜と鯖の揚げ浸し”材料

 ・鯖:半身
 ・冬瓜:1/8個
 ・鰹出汁:適量
  ・醤油
  ・みりん
  ・塩
 ・油(揚げ物用)

“冬瓜と鯖の揚げ浸し”を作ってみよう!!

鯖は塩鯖を用意します。手に入らなければ、生の鯖に多めの塩をまとわせて冷蔵庫で数時間ほど寝かしておけば簡単にできます。

僕はいつも生鯖を一尾買ってきて、自分で塩鯖を仕込んでいます。

それと、出汁は少し濃いめ(鰹多め)の一番出汁を用意します。これに醤油とみりんで味をつけて、冷ましておきます。

IMG_5832-min IMG_5833-min

まずは冬瓜から。冬瓜はタネを取り、皮を厚めにむいてから一口大に切ります。しっかりと水分を拭き取り、熱した油で中まで火が通るように揚げます。

IMG_5835-min IMG_5836-min

鯖は薄皮をむいて骨を抜いてから、こちらも同じく一口大に切り分けます。それから小麦粉をまぶし、油で揚げてきます。

IMG_5839-min IMG_5840-min

揚げた冬瓜と鯖はどちらもキッチンペーパーなどできちんと油をきります。

IMG_5838-minIMG_5841-min

先ほど味付けした出汁をタッパーなどの容器に注ぎ、冬瓜と鯖を加えます。このまま一晩置いておくのですが、全体に満遍なくしますために上からキッチンペーパーをかぶせます。

IMG_5843-min IMG_5844-min

一晩漬け込んだのがこちら↓。良い感じで一体感が出ていますね。お皿に盛り付けて出来上がりです。

IMG_5875-min IMG_5887-min

白米と一緒に食べても、冷酒と合わせても抜群です!!

“冬瓜と鯖の揚げ浸し”を作った感想

うん、美味しかったです。作る前は鯖の臭みがどうなるか不安でしたが揚げたおかげか臭みも気になりません。

あ、でも上で書いたように、おそらく鯖を塩鯖にしたのが功を奏したのではないかと思います。

程よい塩みに出汁の香りが広がり、鯖特有の濃い風味が絶妙にあいまってなかなかの一品です。ご飯がものすごく進みます。酒が欲しくなるのもわかりますねぇ。

しかし、なかなか美味しそうに盛り付けられませんな。もう少し量を増やすか、一つ一つのサイズを小さくすればよかったのかな…。

それにしても前々からちょこちょこ親方の可愛らしい面(“ナライ岩”の名前のくだりや”1人で帰るのは寂しい”発言などなど)が描かれていましたが、普段の厳格そうなイメージとのギャップが楽しいです笑

それにしても、過去にハクヨさんに贈り物をしたという件。さすがすぎでしたね。

贈り物というのは…”家”。ハクヨさんの希望を全て聞いて建てたんだと…。

” 俺の我を通した点はふたつのみ 材選びと妥協しないということだ “

2018-03-31 12.34.38-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

それにしてもハクヨさんの圧倒的威圧感笑

” 奥さん…怖いな “

2018-03-31 12.41.04-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 第34話「夫婦と手拭い」より引用

なんにしても、仲良し夫婦で羨ましい限りです。ハクヨさん料理上手だし。。

『ハクメイとミコチ』の料理を再現してみた!~まとめその1~

エピソード収録巻

第34話「夫婦と手拭い」収録は『ハクメイとミコチ』第5巻!!

ハクメイとミコチ 5巻 (ハルタコミックス)

“鮭の幽庵焼き” 作ってみた!!『食戟のソーマ』174「時をかける鮭」より。。

“鮭の幽庵焼き” 作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

即席1年ズの繰り出す”トキシラズの幽庵焼き”!!

『食戟のソーマ』174「時をかける鮭」より”鮭の幽庵焼き”を作ってみました。

進級試験編の一次試験で幸平創真、黒木場リョウ、薙切アリスの3人を含む即席チームが課題料理として作った一皿です。試験官の嫌がらせを物ともせずに、トキシラズを手にいれてきて、ものの30分で仕上げてきた”トキシラズの幽庵焼き”!!

2016-07-11-10.42.42
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 174「時をかける鮭」より引用

ありそうでなかったこの3人の共闘はテンションが上がりましたね。三者三様に我が強い面子なので面白い組み合わせでした。創真のおきまりの文句”おあがりよ”がアリスに阻まれてしまったのには笑ってしまいました。

残念ながら、今回調理に使用していた鮭は漫画本編で使われていた”トキシラズ”ではありませんが…。それにしても食材の”時を止める”ブライン法。作中ではアリスが解説していましたが、こんな方法があるとはね。全く知りませんでした。

2016-07-11-10.42.26
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 174「時をかける鮭」より引用

一口に冷凍保存といっても、様々な技術があるものなんですね。ともかく今回はトキシラズではなく、普通の成熟した鮭を使いましたが、十分な美味しさです。

ぜひお試しあれ。。

[amazonjs asin=”B01M0IS1LK” locale=”JP” title=”食戟のソーマ 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)”]

“幽庵焼き”ってなんだ?

“幽庵焼き”というのは、その名通り江戸時代の茶人・北村幽庵によって考案された料理です。料理としては和食の焼き物で、幽庵地と呼ばれる地を使った魚の付け焼になります。

さすがは茶人の考案した料理というべきか、非常に簡素かつ上品な味わいで、”侘び・寂び”をまさに体現したかのような一品です。

<2018/02/19追記>先日、辻嘉一氏の著書を読んでいて知ったのですが、巷でまことしやかにささやかれている“柚子の切り身を入れる=幽庵”と言う認識は、全くの誤解なのだそう。あくまで茶人幽庵が考案したのは魚を保存するために醤油に漬け込むということだけだそうです。

ちなみに、さらに詳しく書くと、幽庵と言うのは茶人であると同時にたいへんな食通だったそうです。なんと、お茶の水を、毎朝下男に琵琶湖の中心まで船で汲みにやっていたほどの人物でして、下男がなまけると「水が違う」などと指摘したと言う逸話の持ち主です。

ともかく、琵琶湖では産卵期にフナが大量に取れたそうで、保存のきかない川魚の保存法として醤油に漬けることを考案したのだと。ちなみに醤油につけてからあげれば3~4にちは保つとのこ<2018/02/19追記ここまで>

この調理法は白身魚の他、鶏肉など淡白な味合いの食材によく合います。ちなみに、鮭は赤身と思われがちですが、実は白身魚なんですよ。

なんとなく敷居の高そうな料理ですが、手順は意外と簡単です。

“鮭の幽庵焼き”の材料

 ・鮭 切り身 : 1切

 ・幽庵地(醤油、味醂、酒を同量合わせた地)
  ・醤油 : 50ml
  ・味醂 : 50ml
  ・酒 : 50ml

 ・レモン汁(柚子があれば柚子) : 適量

 ・塩 : 適量

分量は今回使ったものです。ご参考程度に。ちなみに季節的に柚子が手に入らなかったので、不本意ではありますがレモン汁で代用しています。

“鮭の幽庵焼き”作ってみよう!!

まずは鮭を漬け込む”幽庵地”を合わせます。

分量は醤油、味醂、酒を同量合わせるので覚えやすいですね。さらにそこにレモン汁(本来は柚子の輪切りがベスト)を好みの量加えます。こうして作った幽庵地に軽く振り塩をして5分ほど置いておいた鮭を漬け込みます。

2016-07-12 22.35.18 2016-07-12 22.57.07

*『食戟のソーマ』ではあまり漬け込んでいなかった(調理開始時点で残り時間30分ありませんでした)ようですが、30分は漬け込んだ方が美味しいと思います。

さて、漬け込んでいる間に焼く準備をします。

今回は七輪を使って焼き上げましたので、まずは炭の準備です。僕はいつもコンロを利用して火を起こしています。

もちろんグリルなどでも問題なく焼けますが、こういった料理は特に炭の香りが旨さを引き立てますよね。炭に火がついたら七輪に移して準備完了。鮭が十分に浸かったら焼き始めましょう!

2016-07-12 23.32.47 2016-07-12 23.46.14

表面に焼き色がついたら、裏返します。幽庵地は焦げやすいので気を付けましょう。火が通ってきたら、ハケなどで鮭の表面に幽庵地を塗ります。

この後、表面が乾いたら再び幽庵地塗るという作業を何度か繰り返し、焼き色がよく仕上がったら出来上がりです。付け合せとお皿に盛り付けて完成です。

2016-07-12 23.55.04 2HB5N

おあがりよ!!

ちなみに、今回は焼き葱とらっきょうの塩漬け、塩もみした冬瓜を合わせました。

“鮭の幽庵焼き”を作ってみた感想

どうにも焼き色があまり良く写らないですねぇ。ただ、味は満足の出来でした。

手順としても特に難しくも、手間がかかるわけでもないので、近いうちにまた作りたい一品です。

ちなみに室内で七輪を使うときは窓際や換気扇下などで行い、換気をしっかりとして一酸化炭素中毒には気を付けましょう笑

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめその1=

エピソード収録巻

幸平創真が”鮭の幽庵焼き”を作る第174話「時をかける鮭」は『食戟のソーマ』21巻に収録!!

食戟のソーマ 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

結構使える料理道具

今回使った七輪。魚を焼くのに使うと一味違う出来になります。オススメです!ただ、火消しツボを忘れないように!!火消しツボがないと炭の処理に難儀することになります笑

[amazonjs asin=”B000PIRJ4M” locale=”JP” title=”BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー”]
[amazonjs asin=”B00161O27E” locale=”JP” title=”キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 火消しツボ 和膳亭MK-1474″]