“山菜と干し肉のリゾット”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』第4話「星空とポンカン」より。。

“山菜と干し肉のリゾット”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』樫木祐人

野宿とミコチ特性”山菜と干し肉のリゾット”

久々に『ハクメイとミコチ』からです。今回は、第4話「星空とポンカン」から、描写こそなかったものの非常に魅力的な響きのお料理”山菜と干し肉のリゾット”を再現(?)しました。

この”山菜と干し肉のリゾット”は、ハクメイが工作していた火薬の誤爆によって彼女達の家が吹っ飛んだ際に作られたものです。

スクリーンショット 2018-05-24 12.30.40
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

センに家の改築を任せている間、二人は一晩野宿をすることになります。

その際ハクメイの作った野外キッチンでテンションの上がりまくったミコチが作った数多の料理のうちの一つですね。

スクリーンショット 2018-05-24 12.43.34
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

野外で食べれれば、なお良かったのでしょうが、如何せん僕はインドア派なので室内でいただきました。

“山菜”に、”干し肉”に。どちらもなんだか特別感のある食材で、なんとも蠱惑的な組み合わせですよね。

特に、山菜が食べれるのは今の時期だけですので、大急ぎ。

ハクメイがいることですし、きっと色々な種類の山菜を使っているのに決まっています。

山菜の旬の今、手に入る限りの山菜を使って、どんなものになるのだろうかと心配しつつも、とりあえず作ってみたわけです。

ちなみに”干し肉”は以前、ジブリ飯『もののけ姫』編で載せた干し肉の作り方で作りました。

「ジブリ飯 」『もののけ姫』”サンの干し肉”作ってみた!!

[amazonjs asin=”4047286346″ locale=”JP” title=”ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)”]

ミコチ特性”山菜と干し肉のリゾット”には何を入れる??

さて、問題となるのは具材ですね。正直僕としては”山菜”という食材は圧倒的に「和」な印象ですが…

実のところ、山菜と油は相性が良いことが多いので、オリーブオイルと合わせればいい感じになります。

今回使われている山菜&その他の食材は…

スクリーンショット 2018-05-24 12.43.17
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

ノビル、干し肉、松の実、コゴミ、シイタケに米です。

ハクメイは、ミコチに米を石で砕く作業を任じられます。

そういえば、別の機会の自宅改修(イワシとナライが参加した台所の増築のアレ)の時も、ハクメイ米砕き係やらされてたな笑

スクリーンショット 2018-05-24 12.42.44
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

野外で作ったとは思えないクオリティ。やはりミコチの料理の腕はすごい。。

では、そろそろ取り掛かりましょうか。

“山菜と干し肉のリゾット”の材料

 ・のびる
 ・こごみ
 ・干し肉(牛)
 ・しいたけ
 ・米
 ・白ワイン
 ・松の実

“山菜と干し肉のリゾット”を作ってみよう!!

干し肉は、上で書いたように>”サンの干し肉”作ってみた!!『もののけ姫』より。。<と同じ方法で作ります。

「ジブリ飯 」『もののけ姫』”サンの干し肉”作ってみた!!

自家製です。

これをたっぷりのお水につけて、戻しておきましょう。2~3時間くらいかな??

十分に時間を置いたら、水ごと干し肉を鍋に移し、加熱して出汁をとっていきます。

左下画像が、自家製干し肉で右下画像がそれを水で戻して火にかけた後のものです。

IMG_6024-min IMG_6904-min

次に、ノビルです。これは根と芽の部分を分けて使います。まずは根の部分とそれにちかい茎の下の方の部分をみじん切りにします。一方で葉の方はざく切りにします。

まずはざく切りにした葉の方から。オリーブオイルを敷いたフライパンでこごみと一緒に軽く炒めます。

あまり加熱しすぎると、ふにゃふにゃになってしまい山菜の良さが失われてしまいかねませんので、さっと炒める程度、その後すぐに別のお皿にでもとりよけておきましょう。

IMG_6890-min IMG_6893-min

次はみじん切りにした根の部分です。もう一度オイルを引き直し、今度はしっかりと炒めていきます。

しっかりと甘みを引き出しましょう。

十分に炒められたら、米を加えます。そのまま、オイルとなじませるように炒め、米が半透明になれば、白ワインを加えます。

IMG_6891-min IMG_6901-min

少し強火で、アルコールを飛ばしたら、干し肉の戻し汁を加え、炊き上げていきます。

出汁を加え、加熱。出汁がなくなれば再び出汁を加え、加熱。

これを、好みの硬さになるまで繰り返します。

干し肉や野菜の硬い部分などは、早い段階から一緒に入れて柔らかく煮ていきます。

米が炊き上がる少し前に、あらかじめ炒めておいた山菜を加え軽く和えます。満遍なく混ざれば完成です。

IMG_6038-min IMG_6039-min

僕は個人的に、行者にんにくが大好きなので最後に軽く炒めた行者にんにくをトッピングしました!

行者にんにくは生だと辛くて、炒めると甘くて、とても美味しいのです。

IMG_6040-min

あんまり色合いはよろしくありませんが、味は絶品です。

お皿のチョイス間違えたかな…。。

“山菜と干し肉のリゾット”を作った感想

“山菜と干し肉のリゾット”作りました。

前々から作りたい、作りたいと思っていた一品で、ようやく山菜が手に入る季節になったので作ることができました。

美味しかった。。

干し肉も料理に使ったのは初めてでしたが、なかなか美味しい。

やはり、干すと味が凝縮されていいですね。噛むほどに味わいが増します。

“山菜と干し肉のリゾット”作って正解でした。今度は、他の山菜もたっぷり使って、別バージョンの山菜リゾットも試した見舞いものです。

それと…付け加えるならば…

スクリーンショット 2018-05-24 13.03.38
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

“研究者の提言”!!

とか

” あばら骨を大胆に使ってみました “

スクリーンショット 2018-05-24 13.03.46
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

” 格好いいだろ!? “

とか…。

とりあえず、センが可愛い笑

ちなみに、実はこう見えてセンは天然です。

スクリーンショット 2018-05-24 12.30.16
『ハクメイとミコチ』樫木祐人 第4話「星空とポンカン」より引用

詳しくは”コラム 足元の歩き方 その3 魚の幽霊の噂”を参照のこと。。

『ハクメイとミコチ』の料理を再現してみた!~まとめその2~

エピソード収録巻

第4話「星空とポンカン」は単行本第1巻収録!!

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)

“くま坂の牛鍋”作ってみた!!『一鬼夜行』第4話「おはぎの味 前編」より。。

“くま坂の牛鍋”作ってみた!!『一鬼夜行』小松エメル/森川侑

小春垂涎! “くま坂の牛鍋”

今回は『一鬼夜行』から”くま坂の牛鍋”を作ってみました。

スクリーンショット 2018-04-01 16.12.03-min
『一鬼夜行』小松エメル/森川侑 第4話「おはぎの味 前編」より引用

うわ〜、うまそ〜。。小春が涎を垂らすんも納得です。

そもそも牛鍋という料理自体が”時代物”の小説や漫画などでしか聞かない料理ですし、僕自身憧れがすごいんですよね。

“くま坂”というのは、主人公善蔵の店“荻の屋”からほど近いところにある牛鍋屋さんで、人嫌いの善蔵が“とある事情”から通っているお店です。

その事情については、作品の完全なるネタバレになるので伏せておきますが…。”くま坂”の看板娘の深雪が重要な鍵を握っています。。

スクリーンショット 2018-04-01 16.14.03-min
『一鬼夜行』小松エメル/森川侑 第4話「おはぎの味 前編」より引用

その辺りは作品を読んでいただくこととして…

小春もお気に入りの”くま坂の牛鍋”早速作っていきましょう!!
[amazonjs asin=”B00P0FJJYI” locale=”JP” title=”一鬼夜行 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)”]

“くま坂の牛鍋”はシンプル!!?

では、”くま坂の牛鍋”についてみていきます。

具材として何が入っているのかと見てみると…。結構シンプルです。

牛肉とネギだけ…かな??他には特に何も入っていないようですね。

スクリーンショット 2018-04-01 16.21.33
『一鬼夜行』小松エメル/森川侑 第4話「おはぎの味 前編」より引用

ちなみに実は牛鍋というのはすき焼きとは違う食べ物です。詳しい違いは別の記事でまとめていますので、ここではざっくりいうと、煮込むのが牛鍋で焼くのがすき焼きと言ったところでしょうか。

つまり牛鍋は、鍋に割り下を煮立たせ、そこに牛肉と野菜とを入れて煮る料理なのです。

明治の文明開化の時期に流行した食べ物です。『一鬼夜行』の世界でも目新しいもので長く生きている小春も目を輝かせていますね。

スクリーンショット 2018-04-01 16.12.35-min
『一鬼夜行』小松エメル/森川侑 第4話「おはぎの味 前編」より引用

ちなみに小春は、こう見えて実は元は”三毛の龍”と呼ばれ広く名を知られた大妖(化け猫)で、現在は”百鬼夜行”の”鬼”です笑

“くま坂の牛鍋”の材料

 ・牛肉
 ・白ネギ
 ・割下
 ・一人鍋用鍋&コンロ

 ・白米

“くま坂の牛鍋”を作ってみよう!!

まずは割下からです。一番出汁と自家製かえしを用意します。鍋に一番出汁を温め、軽く煮立ったらかえしを加えて味を調整します。

個人用のすき焼き鍋に移すので、冷まさないようにしっかりと温めておきます。

IMG_6207-min IMG_6208-min

具材はシンプルに牛肉と白ネギのみです。ありがたいことに牛肉の切り落としがお安く手に入ったので、今回はそれを使います。白ネギは斜めにざく切りにしておきます。

IMG_6221-min IMG_6212-min

次にテーブル準備です。一人鍋用コンロを用意し、固形燃料をセットします。うちにはチャッカマンなどというものはありませんので、キッチンバーナーの強火で点火します笑

IMG_6213-min IMG_6215-min

コンロに鍋をセットし、先ほど作った割下を入れます。固形燃料はそこまで火力が強くないので、割下はなるべく温めた状態で移せるようにしておきます。一人用鍋で割下を沸騰させます。

IMG_6220-min IMG_6224-min

割下が沸騰したらネギと牛肉を入れます。牛肉が色づいたら蓋を閉めてしっかりと煮込みます。何せ牛”鍋”ですからね。とは言っても、煮過ぎると固くなるのでちょうどいい加減で。。

IMG_6226-min IMG_6229-min

ネギに火が通ってしっかりと割下がしみたら出来上がりです。白米と合わせていただきますっ!!

IMG_6231-min

 

“くま坂の牛鍋”を作った感想

まあ、美味しいよね、そりゃ笑

正直なところ作る前までは”くま坂の牛鍋”は具材が少ない…と思ってましたが、シンプルな分肉の味がダイレクトに美味い。

地域柄、僕は普段いわゆる”関西風すき焼き”を食べることが多いのですが、割り下で煮込む牛鍋というのも悪くないですね。ご飯のおかずにとても素晴らしいです。

ところで、小春のお箸の特訓に協力している豆(?)の妖が可愛かったな〜なんて。

スクリーンショット 2018-04-01 16.13.01-min
『一鬼夜行』小松エメル/森川侑 第4話「おはぎの味 前編」より引用

物語も絵も綺麗で好きだったんですが、漫画版は3冊で早々に終わってしまったんですよねぇ。

原作小説は、結構な長編シリーズのようですが…。漫画も第二部とかやらないかな〜。

エピソード収録巻

第4話「おはぎの味 前編」収録は『一鬼夜行』第1巻!!

一鬼夜行 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

“双つの月が輝くピッツァ(ドッピオ・メッザルーナ・ピッツァ)”作ってみた!!『食戟のソーマ』237「双つの月が輝くピッツァ」より。。

“双つの月が輝くピッツァ”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

タクミ・アルディーの新たな境地!”双つの月が輝くピッツァ”!!

『食戟のソーマ』237「双つの月が輝くピッツァ」より、”双つの月が輝くピッツァ(ドッピオ・メッザルーナ・ピッツァ)”を作ってみました。

因縁の相手、十傑第九席”錬金術士”叡山枝津也との壮絶な読み合いと心理戦の果てに、タクミ・アルディーニがたどり着いた答えは…。愛包丁メッザルーナの名を冠する”双つの月が輝くピッツァ(ドッピオ・メッザルーナ・ピッツァ)”!!

2018-02-27 5.38.33-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 236「最初から…」より引用

いわゆる、デリバリーピザのハーフ&ハーフのように左右で綺麗にトッピングが異なるピザです。さらにそのトッピングに時雨煮を使うという斬新さ。

叡山の料理を前菜扱いし、さらに2種類の異なるトッピングが味わいを高める!!のだそうです。

2018-02-27 5.36.19-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 236「最初から…」より引用

ただね、この食戟のお題は「牛肉」なのですよ。にもかかわらず、牛肉を使っている時雨煮は半分にしかトッピングしておらず、しかも左右を別っこと想定しているわけです。

もちろん、時雨煮ありきのもう一つのトッピング”クワトロ・フォルマッジ”なわけですが、果たしてお題をクリアしているのかと、やや疑問の余地もありますが…。時雨煮とチーズですし「牛肉」でなく「牛」なら間違い無いんですがね。

まあ、細かいことはいいか。。

[amazonjs asin=”4088813219″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 28 (ジャンプコミックス)”]

“タクミ・アルディーニvs.叡山枝津也”!ツッコミどころ満載の因縁の対決!

だいぶ序盤から因縁のあったタクミ・アルディーニと叡山枝津也の2人。そんな2人の満を辞しての直接対決でしたが…。もはや、ツッコミどころ満載笑

お互いに本性を晒しまくっています。実はというより自明ではありましたが、もともと粘着質な素養のあったタクミ・アルディーニは、その本領を遺憾なく発揮して叡山枝津也の思考を読み切ります。

2018-02-27 5.36.10-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 237「双つの月が輝くピッツァ」より引用

ストーカー体質を覚醒させたタクミ・アルディーニ笑

「キング・オブ・ストーカー」美作昴さえその素養を認めるほどです。

一方、叡山枝津也はそのゲスさっぷりを十全に発揮し、タクミを追い詰めますが…。

それにしても、話数を重ねるにつれて、叡山先輩がどんどんゴリラのようになっていくなあぁ。。

2018-02-27 5.34.03-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 235「食の錬金術師」より引用

いや、もちろんこの人も相当の料理人なんですよ。「食の錬金術師」ですから。錬金するのはゲスさと変顔だけでは消してないんですよ。。

それにしても最近の扱いが、雑すぎて可哀想すぎる。。

“双つの月が輝くピッツァ”のポイント

では、まあ今回の本題。”双つの月が輝くピッツァ”です。作中で特に記述されているポイントとしては、トッピングの時雨煮に使う生姜の切り方です。

針のように細く切りそろえられた針生姜を使うことで、時雨煮の隅々まで生姜の風味をまろやかに均一に伝えるのだと言います。

2018-02-27 5.37.02-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 237「双つの月が輝くピッツァ」より引用

さらに、もう半面のトッピングに使われる4種のチーズの組み合わせも重要なポイントです。今回使われたのはモッツァレラ、パルミジャーノ、リコッタ、ゴルゴンゾーラの4種。

2018-02-27 5.36.31-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 237「双つの月が輝くピッツァ」より引用

これらのチーズの癖や個性がバランス良くせめぎ合い、時雨煮の濃厚な甘さとのギャップで”たまらない旨さとコクが生まれる”のだそうです。さらに叡山先輩の”魅惑のロースト”を前菜扱いして、”味の3段飛び”だそうです笑

“双つの月が輝くピッツァ”の材料

 ・ピザ生地
   >>ピザ生地の作り方はこちらを参照
 ・牛肉
 ・ゆず
 ・白味噌
 ・みりん
 ・リコッタチーズ
 ・パルメザンチーズ
 ・ゴルゴンゾーラチーズ
 ・モッツァレラチーズ

“双つの月が輝くピッツァ”作ってみよう!!

ピザ生地はピザの作り方 その1″生地作り”編の手順で作っておきます。

ではトッピングを作ってきます。まずは主役(?)の時雨煮からです。ポイントの一つめの針生姜を作ります。なるべ〜く生姜を細く切り、さっと水にさらします。

IMG_5071-min IMG_5072-min

牛肉を一口大に切りごま油でじっくりと炒めます。作中ではごま油で炒めていたので、今回はそれに従います。作中の記述では”火がある程度通ったら水・醤油・砂糖そして…生姜を加えて煮詰めていく”とのことなので、その通りに調理し汁気がなくなるまで煮詰めます。

IMG_5076-min IMG_5086-min

時雨煮を煮詰めている間に、別の鍋に白味噌、砂糖、みりんさらにゆず果汁を加えてゆず味噌ソースを作ります。今回は作中と違い叡山先輩の”魅惑のロースト”が前菜(笑)にないので、甘みを控えたりゆずの皮まで加えてみたりなんてことはせず、素直に作ります。

IMG_5077-min IMG_5078-min

ここまでくればトッピングはほぼ完成。あとは白ネギを切り、チーズをモッツァレラ、パルミジャーノ、リコッタ、ゴルゴンゾーラの4種類揃えておきます。

IMG_5073-min IMG_5081-min

ピザ生地は、打ち粉をして薄くのばします。作中でタクミは綿棒を使ってのばしていましたが、僕は手のばし派なのでてのばしで生地を広げています。
ピザ生地の伸ばし方はこちらを参照

ピザの作り方 その1 “生地作り”編

IMG_5082-min IMG_5083-min

十分に生地が広がれば、トッピングを載せていきます。右半面にはゆず味噌ソースを塗り、時雨煮と白ネギ、さらにモッツァレラチーズを載せます。左反面には”クワトロ・フォルマッジ”、4種類のチーズをトッピングします。パルメザンだけは硬いので削ります。

IMG_5085-min IMG_5088-min

トッピングが完了したらオーブンで20分強、焼き目がつくまで焼いていきます。

IMG_5090-min  IMG_5098-min

右半面は時雨煮、左半面はクワトロ・フォルマッジの”双つの月が輝くピッツァ”、これにて完成!

では、タクミに倣って…。

“ブオン・アッペティート(めしあがれ)”!!

“双つの月が輝くピッツァ”作ってみた感想

とりあえず想像以上に時雨煮のピザは美味しかったです。

ただ、クワトロ・フォルマッジなぁ。リコッタチーズ使うのはどうなんでしょう。いえ、別にそこまで悪かったわけではないんですが、多少浮いてしまっている感じがしました。もう少し、リコッタの量を減らせばよかったのかな。。

ちなみに、もともとクワトロ・フォルマッジは蜂蜜をかける食べ方が一般に愛好されているくらいですから、もちろん甘い物との相性は抜群です。今回の時雨煮ピザともなかなかに良い相性でした。

ん〜。ただ、全体としてはどうなのかなぁ。作中のように時雨煮の部分とクワトロ・フォルマッジの部分を別々に食べるとなんだかギャップがありすぎる気がするんですよね。正直一緒に食べる方がうまい笑

とはいえ、時雨煮ピザはなかなか美味しかったし、なんだかんだおもしろい一品でした。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめその1=

エピソード収録巻

タクミ・アルディーニvs.叡山枝津也の連隊食劇収録は第28巻!!
食戟のソーマ 28 (ジャンプコミックス)