“市場のプロフ”作ってみた!!『乙嫁語り』第十六話「市場で買い食い」より。。

“市場のプロフ”作ってみた!!『乙嫁語り』森薫

乙嫁語りの世界!!”市場のプロフ”!!

今回は『乙嫁語り』より、第十六話「市場で買い食い」にてアミルたちが市場で購入したごはん料理を作ってみました。

“市場のプロフ” 『乙嫁語り』より

『乙嫁語り』は、中央アジア・カスピ海周辺を舞台とした作品で、食べ物や服飾などそれらの地域の文化が丁寧に描かれている作品です。

とはいうものの、文化習俗に関しても決して作中で明示的・説明的に描かれているわけではなく、登場人物の会話を介して背景に匂わす感じの構成になっています。

よほどきっちりと取材して現地の文化を理解した上で、しっかりとした作品世界観を構築されているのだろうな、と思わされます。

この料理についても、作中では名前が明かされません。それでも登場人物たちの反応やセリフから、この地域の人々にとって馴染み深い食べ物であることはわかりますね。

“ハミ瓜入れないのか?” 『乙嫁語り』より

さて、感心ばかりしているわけにはいきません。

今回作る料理については事前知識が全くなかったのでgoogle先生に”ハミ瓜 中央アジア ご飯”でお伺いを立てたところ、なんと結構な検索ヒットが…。

しかも、そのうちの多くのページが『乙嫁語り』に言及しているという事実。森先生、凄まじい影響力です。

検索の結果、今回の再現予定料理はどうやらウズベキスタンの”プロフ”、あるいはウイグルの”ポロ”といった料理に該当しそうだということが判明しました。ちなみにプロフとポロはほとんど同じ(?)料理のようです。

というわけで、今回はWikipedia、ウズベキスタン大使館のHP、その他諸々のブログを参考に”プロフ(Palov)”を作っていきます。

“プロフ”の具材は何!?

基本的にはプロフの材料は羊肉、玉ねぎ、人参、米なのだそうです。思いの外シンプルですね。

他にもオプションで、アンズや干しぶどう、豆やトマトを入れることもあるそうです。

“玉ネギが先だろ!?人参はその後だ”『乙嫁語り』

ただ、アリが主張する”ハミ瓜”入れないそうですけど(笑)。

ハミ瓜というのは、中国ウイグル自治区哈密(ハミ)地区原産のメロンの一種です。古くは皇帝への献上品にもなっていたことからか、おもてなしなどの場面には必ず出されるような食材なのだとか。。

ちなみに、すごく甘いらしい。。

ご飯料理に甘いくだものを入れるなんてありえない、と思うかもしれませんが(厳密にはハミ瓜入れないって作中でも言われてますけど…)。

実はこのプロフ、作ってみたところ野菜の甘みと羊の脂の甘みで予想以上に甘い(砂糖甘さとは別物の食材自体の甘みなので、ちゃんと旨い!!)、まろやかな味わいであることがわかりました。

ドライフルーツとか、普通にあうと思うよ、これ。すごい美味しいと思います。

お皿を蓋にして米を焚き上げる!!?『乙嫁語り』

作り方は作中のプロフ売りのおじさんの作り方に準じますが、玉ねぎと人参の順序はアリの意見に従って、玉ねぎの方を先に炒めることにします。

そして何よりやってみたいのが、これね。

米を焚き上げる際に蓋をするのですが、作中ではなんとお皿を何枚も使って蓋の代わりにするのです!!

とにかく、これがやってみたい。この方法が本場のやり方なのか、『乙嫁語り』オリジナルのやり方なのかは不明ですが…。ともかくやってみたい。

うん、じゃあやってみよう。

“市場のプロフ”の材料

  • 骨つきラム肉:2本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 人参:1/2本
  • クミン:適量
  • ジャスミン米:1合
  • 水:適量
  • 油:適量

“市場のプロフ”を作ってみよう!!

<<

>>野菜を炒めていきましょう。

ウズベキスタンの国民食とも言えるこのプロフですが、ピラフやリゾットなど他国の類似料理とは異なり野菜をみじん切りではなく千切りにするという特徴があります。

玉ねぎ、人参を千切りにして、フライパンで多めの油で揚げるように炒めます。順番はアリのいう通りに玉ねぎ→人参の順番で入れます(笑)。

人参はこんなに?と思うくらいの量入れるのもプロフの特徴の一つですね。

<<

>>ラム肉を投入します!!

ラム肉は骨から切り離し、2cm角くらいの大きさに切りわけます。フライパンに肉と骨を加えて焼き色がつくまで炒めたら、ここでプロフの要たるクミンの出番です。

クミンを炒めて香り出ししたら、塩で調味してから水を加えてじっくりと弱火で煮ていきます。

<<

>>米を加えて炊いていきましょう。

ジャスミン米は洗ってから水に浸しておきます。ザルにあげて水をきっったら、鍋に加えて炊き上げていきます。

炊いている最中は、米をかき混ぜないようにしましょう。

さあ、いよいよですよ。。

<<

>>お皿を使って炊き上げます!!

待ってました。これがやりたかったのです!!小皿を使って炊き上げていきます!!

ただまあ…。これは実際調理という観点からいうとあまり利点があるわけではないのですがね。蓋があるなら蓋をする方が蒸気を逃さなくて済みます。

さあ、あとは炊き上がるのを待つだけです。

<<

“市場のプロフ”を作ってみた感想

さて、炊き上がったプロフがこちらです!!なかなかの出来でしょう??

というわけで、今回は『乙嫁語り』より、アミルたちが市場で購入したプロフをつくってみました。

野菜の甘みとラム肉の脂の甘みがお米に絡んで、文句なしに絶品でした。次回はドライフルーツなどを加えたものも作ってみたいですね。

一応26cmの鍋で作ったのですが、一人でぺろりと平らげてしまいました(笑)。

>>ホーム(作品別一覧)はこちら

“ひっつみと梅干しおむすび”作ってみた!!『大正処女御伽噺』第13話「十二月三十一日」より。。

珠彦の大好物!!ユヅのふるさとの味!! ”ひっつみと梅干しおにぎり”作ってみた!!『大正処女御伽噺』桐岡さな

珠彦の心を溶かしたユヅの”ひっつみ”!

さて、今回は『大正処女御伽話』第十三話「十二月三十一日」より”ひっつみ”と”梅干しおにぎり”を作ってみました。

“ひっつみ”はヒロインのユヅの得意料理で、主人公珠彦の大好物でもあります。

2018-01-19 4.59.03-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第十三話「十二月三十一日」より引用

事故に遭って右腕を不自由にして「厭世家」となって引きこもっていた珠彦がはじめて食べたユヅの料理で、第一話で珠彦がユヅに心を開くきっかけともなった記念すべき料理です。

2018-01-19 4.41.30-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第一話「霜月、夕月 来タル」より引用

厭世家だった珠彦の心を溶かした暖かな”ひっつみ”、興味がありますよね。

読んでてなんだかポカポカしてくる『大正処女御伽話』。料理だけでなく物語本編も本当オススメです。思わずにやけます。

[amazonjs asin=”4088807251″ locale=”JP” title=”大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)”]

“ひっつみと梅干しおにぎり”ちょっと一言。。

まず”ひっつみ”ですが、これは岩手の郷土料理なんですね。

小麦粉を水で練った生地を薄く伸ばして、引きちぎって鍋に入れるのだそうで、“引きちぎる”ことを方言で”ひっつむ”というのだそうです。

2018-01-20 7.23.52-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第一話「霜月、夕月 来タル」より引用

岩手の郷土料理ですから、やはり南部鉄器の煮込み鍋で作りたいところですね。

それから”おにぎり”ですけど、美味しいおにぎりを作るためには実は炊きたて熱々のお米で握る必要があります。

これは炊きたてのお米の表面の”保水膜”と呼ばれるものが原因で、これには旨み成分がたっぷり含まれているのです。なので、炊きたてご飯で握るのが良いわけですね。

まあ、そんなことはさておき、作っていきましょう。

“ひっつみと梅干しおにぎり”の材料

<ひっつみ>
 ・小麦粉:250g
 ・水:120ml

 ・鶏肉:
 ・ごぼう:1/2本
 ・干ししいたけ:2個
 ・人参:1/2本
 ・白菜:1/8個
 ・ネギ:1/2本

 ・かつおダシ:たっぷり
 ・塩:適量
 ・みりん:適量
 ・醤油:適量

<おにぎり>
 ・白米
 ・塩
 ・梅干し

“ひっつみと梅干しおにぎり”作ってみた!!

まずはひっつみの生地を作っていきます。

小麦粉をボウルに入れ、水と一緒に練っていきます。表面がなめらかになるくらいまで練ったら、ラップをかけて30分~寝かせておきます。

IMG_6300-min IMG_6302-min

まず、鶏肉は一口大に切って軽く塩を振っておきます。

ごぼうはしっかりと土を洗い落とします。皮ごとささがきにしたら、水につけておきます。

干ししいたけは水で戻して大きめに切り、人参は拍子切りにします。

IMG_6305-min IMG_6307-min

白菜は気持ち大きめのざく切りにし、ネギは斜め切りにします。

IMG_6309-min IMG_6311-min

鉄鍋に鰹出汁を入れます。せっかくなので干ししいたけの戻し汁も加えます。

鉄鍋を火にかけて出汁を煮立たせ、アクが出たらその都度とります。塩、醤油、みりんで味を調えます。野菜やお肉から出汁が出るので、あまり濃くはせず味の芯を置くくらいの味付けにしました。

IMG_6306-min IMG_6308-min

出汁が煮立ったら、具材を入れていきます。白菜や人参などを先に入れて、柔らかく煮ます。ごぼうは香りが重要なので最後の方に入れて、入れたらすぐに木蓋をして蒸し煮にします。

IMG_6310-min IMG_6312-min

火が通るまでの間に、おむすびを握っていきます。三角のおむすびはなかなか難しいですが、コツさえつかめばそれなりに綺麗にできるようになります。

とりあえず、左手の親指をピンと伸ばし、残りの4本をそれに垂直に折り曲げます。親指をしっかり伸ばすことが綺麗で平らな面を作るポイントです。

少量の塩と水を手にまぶし、炊きたての白米を左手の上に取ります。右手も左手と同じような形にして、120度ずつ回転させてきれいな三角形に成形していきます。

IMG_6319-min IMG_6320-min

きれいに握れたら、真ん中の部分を少しへこませ、種を除いた梅干しをはめ込みます。

ちなみに、この梅干しは自家製の昔ながらの酸っぱい梅干しです笑

IMG_6321-min IMG_6322-min

では、満を持して”ひっつみ”ましょう!

十分に寝かせた”ひっつみ”の生地を、手でちぎって鍋に入れていきます。しっかりと練れている生地なら、グルテンがよく生成されてよく伸びます。

結構、ひっつむ(?)のは難しかったです。うまいことちぎれてくれないんですよ笑

IMG_6323-min IMG_6324-min

しっかり、生地が出汁に浸るようにします。この時点で他の具材には十分に火が通っているはずなので、”ひっつみ”の生地が透明な感じになって火が通ればできあがりです。

IMG_6325-min IMG_6326-min

おむすびと一緒にいただきます。

IMG_6333-min

…かなりの量ですな。。

鉄鍋を使ったら、冷める前に中身は別の器に移しましょう。

“ひっつみと梅干しおにぎり”作っての感想

『大正処女御伽話』から、ヒロインのユヅの得意料理”ひっつみ”を作ってみました。作中には何度か登場する料理なのですが、実は中身などの描写はあまりないんですよね。

わかっていることは、ただ一点、珠彦が想像しただけで垂涎するほどの美味であることだけです。

今回は作中の絵から判別のつく”しいたけ”、”長ネギ”をはじめとして、一般的な”ひっつみ”の材料で再現してみました。

南部鉄器の鉄鍋を使ったのも、なかなか良かったかな。雰囲気があると味もなんだか一層美味しい感じがあります。

おむすびもいいものですね。普段あまりおむすび食べませんが、たまに食べると懐かしい感じがします。

とりあえず、”ひっつみ”おいしかったです。満足しました。いつか、現地で食べてみたいものです。

エピソード収録巻

『大正処女御伽話』第2巻に収録です。

大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)