“ゆきひら流焦がし蕎麦”作ってみた!!『食戟のソーマ』212「温故vs知新」より。。

“ゆきひら流焦がし蕎麦” 『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

幸平創真”ゆきひら流焦がし蕎麦”!!

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 212話「温故vs知新」にて、幸平創真の披露した”ゆきひら流焦がし蕎麦”を作ってみました!!

2018-02-05 9.55.58-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 212話「温故vs知新」より引用

現十傑を相手取っての連帯食戟。1st BOUTにて、幸平創真の対戦相手は現第六席紀伊国寧々です。

和食の二大名門の一つ紀伊国家の跡取りで、得意料理は和食全般。特に「そば」に関しては右に出るものがいないと言われるほどの人物です。

2018-02-05 11.43.29-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 207話「悪運」より引用

課題となる食材は「そば」。圧倒的に不利なお題を受けて、幸平創真が”定食屋”として出した答えが”ゆきひら流焦がし焼きそば”です。

“ゆきひら流焦がしそば”の決め手!!

コンセプトはまさかの「カップ焼きそば」!!作中でも言われていたように、「カップ焼きそば」というには、やや無茶がありますが笑笑

2018-02-05 11.12.46-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 207話「悪運」より引用

“ゆきひら流焦がしそば”の最大の特徴とも言える”決め手”は、豪快に「そば」を焼いていくことです!!

2018-02-05 9.52.18-min
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 210話「東西の腐れ縁」より引用

確かに、「そば」を焼くって珍しいですよね。鉄鍋を使って、強火で焦げができるほどに豪快に焼いていきます。

では、実際に作っていきましょう!!

“ゆきひら流焦がし蕎麦”の材料

 ・蕎麦
 ・鴨の抱き身
  (鶏肉でも可)
 ・ネギ
 ・自家製かえし
  (醤油、砂糖、みりん)

“ゆきひら流焦がし蕎麦”作ってみよう!!

鴨の抱き身はそぎ切りに、ネギは5cmほどのぶつ切り。それから白髪ネギを作っておきます。熱した中華鍋で鴨肉を焼き、じっくりと脂を出します。鴨肉からたっぷり脂が出るので、油はあまりいらないかな…。

IMG_4459-min IMG_4461-min

ネギを加え、鴨肉から出た油でしっかりと炒めます。ネギに焼き目がつくくらいになれば充分です。

IMG_4463-min IMG_4466-min

そばは別鍋で茹でて冷水で締めておきます。そして、いざ中華鍋に投入!!強火にして、しっかりとそばを焼いていきます。

IMG_4467-min IMG_4468-min

部分的にパリパリになるくらいに香ばしく焼いたら、自家製かえしを加えます。中華鍋を振るって、そばとかえしをよく絡めます。

IMG_4475-min IMG_4469-min

器に盛って、白髪ネギをあしらえば…。

はい、完成!!簡単でしたね。意外とスピードメニューです。

お好みで、すりごまと山椒をかけて「カップ焼きそば」感を楽しんでみましょう!!

IMG_4480-min IMG_4481-min

当然、一人用サイズの鉄鍋なんて持っているわけないので、普通の器に盛ってます。

“ゆきひら流焦がし蕎麦”作ってみた感想

まあ、基本的には「鴨南蛮そば」ですので、まずもってまずいはずがない!!

加えて、通常の鴨南蛮では味わえない鉄鍋で焼くことで生まれる香ばしさも絶品です。

ただ一方で、鴨肉の調理自体はシンプルに「焼く」のみなので、臭みを飛ばすことが難しいです。なので鴨肉特有の臭みはややきつく残る感じがしました。

ちなみに、この食戟に限っては、他の職劇の料理に比べて、どっちもあんまりひねりのない料理だな〜なんて思ってしまったり笑

と、いうか「そば」って題材が異質ですよね。食材ではなく、料理名ですしね。食材なら「そば粉」とかかな。。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめ 幸平創真編=

エピソード収録巻

「反逆勢vs.現十傑」の連帯食劇が開始!!『食戟のソーマ』第25巻!!

食戟のソーマ 25 (ジャンプコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください