“タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”作ってみた!!『オリオリスープ』第22話「11月下旬 カリフラワー」より。。

“タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”作ってみた!!『オリオリスープ』綿貫芳子

『ニセモノと言えばコレ!ブロッコリーのニセモノ!』”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”!!

『オリオリスープ』第22話「11月下旬 カリフラワー」より、以前から気になっていた”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”を作ってみました。

“タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”『オリオリスープ』第22話「11月下旬 カリフラワー」より引用

この漫画『オリオリスープ』自体は今年の夏頃に知ったのですが…。

題名の通り四季”オリオリ(折々)”の旬の食材を使ったスープ、鍋料理が描かれている作品です。おいしそうな料理ばっかり。

ただ、四季折々の食材を使うことを題材にされているので、登場する料理を美味しく食べるにはその使われている食材の旬の季節になるまで待たなくてはならないのですね〜。

ようやくカリフラワーも出回り、冬も深まって鍋にも良い季節になったので満を持して作ってみた次第です。

単なる鶏団子ではなく、中にタコを入れるあたり綿貫先生さすがです。わかってらっしゃる(笑)

妹の突然の来訪に驚く織ヱ『オリオリスープ』第22話「11月下旬 カリフラワー」より引用

ちなみに作中では、主人公織ヱの妹”つゆり”が突然転がり込んできたことで急遽この”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”を作る流れとなります。

つゆりは現在海外の大学院で生命科学の研究をしているのだそうで、今回突然何の連絡もなく織ヱの家に押しかけてきたわけです。

理由は単純、帰国早々母親と喧嘩したのだそうです(笑)。

ちなみに、この甘えん坊の割に時折感の鋭い妹との会話の中で、織ヱと織ヱの亡き祖父との間にある”何か”を匂わせる『オリオリスープ』の物語全体から見ても重要な意味合いを持つお話です。

さて、話は戻って”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”作り。

織ヱはつゆりを伴って夕食の買い出しに出かけます。当初は何を作ろうかと悩んでいた織ヱでしたが、旬のタコとカリフラワーを使って”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”を作ることになります。

“ニセモノといえばコレ!”『オリオリスープ』第22話「11月下旬 カリフラワー」より引用

きっかけとなったのはつゆりのこの発言。

“ニセモノと言えばコレ!”

” カリフラワー ブロッコリーのニセモノ! “

この一言で織ヱの料理魂に火が付き、つゆりにカリフラワーの魅力を伝えるべく”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”をこしらえることとなったわけです。

綿貫先生曰くこの鍋お汁は翌日の朝に炊いたご飯とコンソメを加え、チーズ乗せてトースターで焼くと美味しいのだとか。

せっかくなので、今回は”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”だけでなく、そのリメイクレシピ(?)まで再現してみました。


『カリフラワーの魅力を知らぬおろか者め!』”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”の材料

 ・鶏むねミンチ
 ・蛸
 ・カリフラワー
 ・豆苗
 ・白ネギ
 ・しいたけ
 ・しめじ
 ・春雨
 ・ねぎ
 ・酒
 ・パン粉
 ・塩
 ・鶏がらスープ

 ・白ご飯
 ・コンソメ
 ・チーズ

『ではその魅力とやら 証明してもらおうか』”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”を作ってみよう!!

>>鶏団子を作りましょう。

鶏肉団子を作っていく。

初めに鶏団子を作っていきます。

鶏団子の材料は、鶏胸肉のミンチ、ネギ、パン粉、塩胡椒、料理酒です。これらの食材で作った肉だねでタコを包んで作ります。

まずは鶏胸肉のミンチに塩こしょうをふりかけます。手早く粘り気が出るまでしっかりと揉み込みます。

十分に粘り気が出るまで揉み込んだら、輪切りにしたネギとパン粉を加えます。

さらに料理酒を少しずつ加えながらさらに揉み込みます。

>>鶏ミンチでタコを包んでいきましょう。

タコはすでにボイルされている”ボイル刺身用”のものを使用しました。タコは一口大に切っておきます。

あんまり大きすぎると団子状にしづらいのですが、せっかくなのでしっかりタコの味がわかるような大きさにはしたいところですからね。

“鶏団子”とはいえ、やはりタコには存在感を求めますからね。たこ焼きなどでもタコが入っているかどうかわからないようなものはなんだか残念感があります。

というわけで、丁度良い大きさ(笑)に切ったタコを、一つ一つせっせと先ほど練った鶏ミンチで包んでいきます。

>>鍋にスープを煮立てて、肉団子を入れていきます。

タコ入り鶏団子をスープに入れていく。

鍋にたっぷりの水を注ぎ、鶏がらスープの素を加えます。鶏がらからスープをとればよかったのですが、今回は市販のスープの素”味覇”を使用しました。

作中でも鶏がらスープの素を使っているので、まあ…そういうことで。。

鍋を火にかけて、スープを煮立たせます。

一旦スープが沸騰したら火を少し弱めて、先ほど作ったタコ入り鶏団子を加えていきます。あんまり激しく沸騰していると、鶏団子が崩れたりお汁が濁ったりしてしまう可能性がありますからね。

アクが出てきたら、逐一すくって除いてきます。

>>カリフラワー及びその他の食材を準備します。

もう一つの主役のカリフラワー

カリフラワーは適当な大きさに切っておきます。

鍋に入れるその他の材料として、作中で明言されているものはネギと豆苗。これらは最後の仕上げに、ネギ→豆苗の順に加えます。

ただ、鍋に入れる食材はこれだけではなく、作中で織ヱが”冷蔵庫のものを適当に入れよう”と言っているように他にもあります…が、具体的には説明はされていないのです。

作中の完成絵から推測したところ”シイタケ”、”しめじ”、”春雨”が入っているようです。

シイタケとしめじは石づきを切りおとし、ネギはざく切りにしておきます。

>>食材を順に入れて煮込んでいきましょう。

まずはカリフラワーを加えます。
お次は春雨。鍋の右上のあたりに入れました。
シイタケとしめじを加えます。
ざく切りにしたネギを加えます。
最後に豆苗を加えます!

>>土鍋の蓋をして数分蒸し煮にしましょう。

“タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”完成!!

具材をすべて加えたら、一度土鍋の蓋をして数分蒸し煮にします。

あまり長く煮すぎると豆苗の色が悪くなるので長くて5分くらいですね。

これで”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”完成です!!

鶏団子はふわふわして、カリフラワーはホロホロッとして鍋の旨味がたっぷりとしみ込んでいます。

今回は自家製ポン酢につけていただきました。

では、続いて綿貫先生オススメの鍋の残り汁を使った”洋風焼きおじや”を作っていきましょう!!

余談:”蛸入り鶏団子とカリフラワーの鍋”で洋風焼きおじや!!

洋風焼きおじやの作り方は、残ったお汁に炊いた白ご飯とコンソメを加え、チーズをかけてトースターで焼くだけです。ちなみに明太子を入れても美味しいのだとか。

せっかくなので、今回はお汁だけでなく鶏団子も残しておいて使っています。

それから、カリフラワーの葉の部分を粗く刻んで加えてみました。しめじも追加しています。明太子も入れてみます。

鍋の残り汁にコンソメキューブを加え温めます。

お汁には具材の旨味がしっかりと溶け出ているので、調味料を使って味を調え直す必要は特にありませんでした。

お汁の準備もできたので、実際に焼きに入っていきましょう!!

では再び連続写真でどうぞ。

耐熱皿に白ご飯を盛り付けます。
明太子を崩してご飯の上にのせます。
スープと具材を注ぎます。
溶けるチーズをまぶします。
トースターで15分ほど焼けば出来上がり!

出来上がりです!!簡単リメイク料理でした!!

“タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”あらため”タコ入り鶏団子とカリフラワーの洋風焼きおじや”です!!

『おみそれしました』”タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋”を作った感想

めちゃめちゃ美味しいですよ、これは。

ふわふわホクホク、体が温まります。

カリフラワーってやはり美味しいですよね。

今回のお鍋では食材の旨味がたっぷり詰まったお汁をたっぷりと吸って最高の仕上がりに!!

鶏団子もふわふわした食感とタコのしっかりとした旨味が素晴らしい。

リメイクの”洋風焼きおじや”もチーズのまろやかさが絶妙にマッチして非常によろしいですね。

>>ホーム(作品別一覧)はこちら

エピソード収録巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください