アニメ再現飯”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”作ってみた!!『魔法使いの嫁』「星待つひと 前編」より。

アニメ再現飯”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”作ってみた!!『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ

“シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”!!

今回再現したアニメ飯は『魔法使いの嫁』「星待つひと ~前編~」より、冒頭に“ベーコン on パンケーキ”と共に登場したシルキーお手製のトマトのオーブン料理です。

“シルキーのローストトマト料理” 『魔法使いの嫁』~星待つひと 前編~より引用

トマトの季節になり、エリアスの家の裏の畑ではトマトが大量に収穫されたそうです。

その関係で、エインワーズ家の食卓にはシルキーお手製のトマト料理が頻繁に並んでいるだとか。

さて、今回登場したトマト料理はオーブンを使って焼き上げた熱々の一品です。見るからに美味しそうですねぇ〜。

湯気と共にオーブンから取り出したお料理は、表面が沸々と沸騰しておりとても良い焼き加減。その出来栄えにシルキーも満足げです。

さて、このお料理一体なんでしょうか?

“満足げな表情のシルキー” 『魔法使いの嫁』~星待つひと 前編~より引用

作中ではエリアスの”最近トマト料理が多いね”というセリフ以外では明確には何も言及されていません。

なので、想像をするしかないのですが…。

作中描写からすると器の中の茶色い塊は鶏肉で、白いものはチーズ、緑色のものはローズマリ(ディルかな??)、そしてミニトマトが散らされているのかな…と思われます。

ただ、この直後にルツが食事を頬張るシーンが描写されるのですが…。

“朝食を頬張るルツ” 『魔法使いの嫁』 ~星待つ人 前編~よ引用

この時にルツが左手に持つフォークにこの料理が刺さっています。ただこれがどうにもややこしくてですね…。

この描写では薄切りのトマトが重なっていて…さらに表面のチーズとの間に薄いハムのようなもの(色的にはさっきの塊肉と似ていますが薄いっ!)が挟まっているように見えますよね。

う〜む、難しい。わからない。

でも、とりあえずここでは”トマトとチキンのオーブン焼き”ということで進めていきます。

エインワーズ家の食卓

エリアスはさすがはイギリス紳士、飲み物は紅茶です。紅茶はチセが担当していますが、淹れ方が結構しっかりしています。シルキーに教わったのかな??

“朝食にはダージリン 『魔法使いの嫁』~星待つひと 前編~より引用

ちなみにエリアスはダージリンが好きなようです。

チセとルツの飲み物はオレンジジュースみたいですね。

なんだかこういう朝食の雰囲気いいですね。適度に優雅な感じが素晴らしい。

シルキーは家族の銘銘が席に着いたところで、タイミングよく焼きたてのベーコンをパンケーキの上(パンケーキは>こちらの記事参照<)に乗せてくれます。

トマトのオーブン焼きも焼きたてで準備してくれてますし、至れり尽くせりです。

ただなんやかんやあってチセもエリアスもなかなか食事を始めないので、冷める前に食べているのは多分ルツだけ。

“エインズワース家の食卓” 『魔法使いの嫁』~星待つひと 前編~より引用

せっかくシルキーがタイミングを考えて熱々、出来立ての食事を作ってくれているというのに…。

ルツの食べっぷりは見事ですね。席に着くや否やナイフもフォークも使ってご飯を頬張ります。シルキーもさぞや作り甲斐があることでしょう。

ちなみに、この朝食シーンに実は作画ミス(?)があったりします(笑)

シルキーがトマト料理をオーブンから取り出したあと、テーブルに料理を運ぶのですが、直後の場面で置いたはずの料理がテーブルの上にないのです!!

その次の場面ではちゃんと描かれています。まあ、魔法使いの家…ということで(笑)

では作っていきましょう!!

“シルキーのローストトマト料理”の材料

  • 鶏もも肉:1枚
  • トマト:2~3個
  • にんにく:2~3片
  • 好みのハーブ(ローリエやタイムなど):適量
  • ミニトマト:好きなだけ
  • モッツァレラチーズ:50g程
  • ローズマリー:適量
  • バター:適宜

“シルキーのローストトマト料理”を作ってみた!!

<<

>>トマトソースを作ります。

作中でトマトが大量に収穫されているので、今回は水煮缶詰でなくフレッシュトマトを使用します。

  1. みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで炒めて香りを出したら、とざく切りにしたトマトを加える。
  2. 中火にかけて、トマトをつぶしながら炒めていく。
  3. トマトが完全に崩れたら、弱火にして好みのハーブ(ここではタイム)を加え、じっくりと煮詰めていく。トマトから出た水分だけで足りなければ、水を適宜追加する。
  4. 最後に塩とたっぷりめのオリーブオイルを入れて、攪拌・乳化し、トマトソースは完成。
トマトソース作りの手順

<<

>>チキンはあらかじめ焼いておきます。

今回は焼き色をつける目的と、余計な油・水分を落とす意味で、オーブンに入れる前にあらかじめフライパンで鶏肉を焼きます。

  1.  フライパンにラードを溶かし、みじん切りにしたにんにくを加えて香り出しする。
  2. 軽く塩をまぶした鶏もも肉を、皮目を下にしてフライパンに入れ狐色になるまで焼く。
  3. ひっくり返して、反対側も焼き色がつくまで焼いていきます。
  4. 綺麗に焼き目がついたら耐熱容器に移します。この段階では完全に火が通っている必要はありません。
鶏肉を焼いていく

<<

>>耐熱容器に盛り付けます。

  1. 先ほど作ったトマトソースを耐熱容器に注ぎます。
  2. 半分に切ったミニトマトをチキンの周りに散らします。
  3. モッツァレラチーズをちぎって散らします。
  4. 同じく生のローズマリーも散らします。。
盛り付けてオーブンで焼いていきます

<<

>>オーブンで焼き上げます。

  • オーブンは200度に予熱しておきます。
  • チキンの上にバターを置いて約20分焼き上げましょう。バターの代わりにオリーブオイルでもよいです。
オーブンで焼き上げていきます!!

さあ、これで完成です!!

“シルキーのローストトマト料理”を作った感想

さて、今回はアニメ『魔法使いの嫁』「星待つ人 ~前編~」よりシルキー作の”トマトとチキンのオーブン焼き”を再現してみました!

出来上がりがこちら!!トマトの赤色が鮮やかですねぇ。

“シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き” 『魔法使いの嫁』「星待つひと ~前編~」より

鶏もも肉がまるまる入る大きさの丸型の耐熱皿は残念ながら持っていないので、四角皿で代用しましたがなかなか良い出来栄えではないでしょうか(自画自賛)!!

もちろんお味の方は、トマトにチキンにローズマリーの組み合わせにハズレがあるわけありません。さらにチーズまで加わっているのでボリュームも十分です。これ一品で十分メインをはれる料理のように思います。

しかし、チセたちはこれに加えて、ベーコンパンケーキとサラダまでありますからね。あいかわらずよく食べるキャラクターたちです笑

オーブン料理は、下準備をした材料を耐熱皿に盛って、オーブンに入れてしまえばあとは勝手に焼いてくれますからね。その間に他の仕事にも手が回りますし、そういう意味でもおいしいオーブン料理のレパートリーはあると助かります。

最新再現「マンガ飯」

“小泉さんのぶっかけラーメン3種”

『ラーメン大好き小泉さん』

”ニシンとかぼちゃの包み焼き”

『魔女の宅急便』

“シルキー作チセ用サンドイッチ”

『魔法使いの嫁』

”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”。

『魔法使いの嫁』「星待つひと 前編」

”ホットサンドメーカー焼き豚まん”

『ゆるキャン△』

“謎の肉カップ麺”

『ホクサイと飯さえあれば』

”ベーコンonパンケーキ”

『魔法使いの嫁』

“卵焼き卵サンド”

『ホクサイと飯さえあれば』

”すーちゃんのためのフルーツサンド”

『舞妓さんちのまかないさん』

”ポテトパンケーキ”

『幼女戦記食堂』

”ライン戦線の芋~ローズマリー風味~”

『幼女戦記』

”タコライス夏の陣”

『ホクサイと飯さえあれば』

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください