“燻製牡蠣オイル漬け”作ってみた!!第四弾”燻製牡蠣のペペロンチーノ”!!『いぶり暮らし』第16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より。。

“燻製牡蠣オイル漬け”作ってみた!!第四弾”燻製牡蠣のペペロンチーノ”!!『いぶり暮らし』大島千春

巡の夜勤終了とよりちゃん作”燻製牡蠣のペペロンチーノ”!!

『いぶり暮らし』第16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」から”燻製牡蠣のペペロンチーノ”を再現してみました。

ようやっと巡の夜勤期間も終了し最終日。”燻製牡蠣のオイル漬け”期間も同じくして終了します。

“燻製牡蠣料理”の最後を飾るのはやはり頼子の手料理。”燻製牡蠣のペペロンチーノ”です!!


『いぶり暮らし』16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より引用

作中では燻製牡蠣は漬け始めて5日目です。ここまできたら牡蠣の濃厚さとオイルの旨味も相当なもの。

ペペロンチーノはシンプルなパスタですが、オイルの旨味を最大限に味わえ、かつ燻製牡蠣がしっかりした存在感を放つので十分な食いでがあります。

それにしても巡の夜勤最終日との連絡を受けて、彼の帰りに合わせて眠らず料理を作って待っていた頼子。相変わらず、よりちゃんええ女や。


『いぶり暮らし』16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より引用

というか、明るいリビングと頼子が作ってくれる夕食の香りに巡が”この感じ久々だ…”としみじみしていましたが、結局巡の夜勤期間は4日間(月~木)だけ…のはず。意外と短かったな笑

巡の夜勤期間の食生活の支えとして”燻製牡蠣のオイル漬け”を作ってあげた頼子でしたが、巡にとって”燻製牡蠣”は毎日の楽しみ、日々の心の支えにもなっていった様子。


『いぶり暮らし』16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より引用

良いことではあるものの、最後に”巡の支えは私ではなく牡蠣なのか”と一人ため息をつくよりちゃんがツボりました笑

“燻製牡蠣のペペロンチーノ”の材料

 ・燻製牡蠣のオイル漬け
 ・スパゲッティ
 ・パセリ

“燻製牡蠣のペペロンチーノ”を作ってみよう!!

最近だいぶ気温も下がってきたので、冷蔵庫に入れていた燻製牡蠣のオイルがすっかり固まってしまっていました笑

せっかくなので、オイルが固まっているのを利用して、オイルの下に閉じ込められている牡蠣のエキスのみを取り出します。少し水分が多かったのでフライパンで加熱し、水分を飛ばして濃縮させました。

とりあえず、濃縮した牡蠣エキスはそのまま他のお皿に移しておいておきましょう。

さて、パスタ(今回はスパゲッティ)を別のお鍋で茹でておきましょう。ソース(?)の完成に合わせて茹で上がるように調整しましょう。

一方で湯煎などでオイルを溶かし、漬かっているニンニクと鷹の爪を取り出しフライパンで炒めます。

オイルが足りなければ、オイル漬けのオイルを適宜足して香りが出るまで炒めていきます。

香りがたてばオイルをたっぷりと足し、さらにパスタの茹で汁を加えオイルと乳化させていきます。

ちなみに、本当はいけないのですが、我慢できずオイルをひとなめすると…。

薫香がしっかりと移っている!!しかも牡蠣の旨味まで!!

素晴らしいですね。こんなに旨みが凝縮されているとは…。

できれば牡蠣も味見したいところでしたが、個数ギリギリだったので我慢。

本来はこれで出来上がりなのですが、今回は牡蠣のエキスがたっぷりとあります!

先ほど別のお皿に取り置いていた牡蠣のエキスを加え、もういっちょ乳化させます。オイルが足りなければ適宜足していきましょう。先述の通りオイルには、薫香と牡蠣の旨味がしっかりと詰まっていますので積極的にたっぷり使っていきます!!

最終的に乳化して黄色くとろみのある状態になればOK!

タイミングを合わせて茹で上がったスパゲッティを加えていきます。

しっかりとパスタにソース(?)を絡めたら、最後の仕上げの際に燻製牡蠣のオイル漬けを加えます。

ここにきてようやくの燻製牡蠣の登場です!!

もうね、色がすごいです。

あまり牡蠣に火を通しすぎてはよろしくないので、手早く仕上げて牡蠣が温まれば出来上がりです。

お皿に盛って、パセリでも散らせばあとはもう食べるだけ…。

結局、残っていたオイル全部使ってしまったなぁ。

では、いただきましょう!!

“燻製牡蠣のペペロンチーノ”を作った感想

いや、これすごい!!

何がって?燻製牡蠣ですよ!!

結局1週間漬け込んだわけですが、ものっっすごく凝縮されてる〜。

濃いいのですな、兎にも角にも。

一口食べた途端に薫香が口中に広がります。

1週間置いておくだけでここまで違うのか…。もはや別物ですよ。

使った燻製チップのせいか多少酸味が強くなっていましたが、全体的に見て燻製牡蠣のオイル漬け、実によろしい。

しかも、オイルにもしっかりと薫香および旨味が移っていて、こちらも非常に”濃いい”のです。

ペペロンチーノ。正式名称”アーリオ=オーリオ=ペペロンチーノ(ニンニク=オイル=トウガラシの意味)”。

オイルの旨さを堪能するのにこれ以上のパスタはありませんね。

満足、満足。また作ろっと。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください