“燻製牡蠣オイル漬け”作ってみた!!第三弾”燻製牡蠣の大盛りチャーハン”!!『いぶり暮らし』第16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より。。

“燻製牡蠣オイル漬け”作ってみた!!第三弾”燻製牡蠣の大盛りチャーハン”!!『いぶり暮らし』大島千春

巡の夜勤と牡蠣の燻製オイル漬け!!

『いぶり暮らし』第16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」から”燻製牡蠣の大盛りチャーハン”を再現してみました。

『いぶり暮らし』では珍しい”巡”飯の第三弾です!!

“燻製牡蠣のオイル漬けトースト”、”燻製牡蠣の野菜炒め”と、順調に”燻製牡蠣のオイル漬け”の美味しさにはまっていく巡。


『いぶり暮らし』16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より引用

ついにメイン級となるご飯物を作るに至ります。

頼子が”燻製牡蠣のオイル漬け”の下味にオイスターソースを使っていたことを踏まえて、中華料理風にアレンジ!

“燻製牡蠣の大盛りチャーハン”です!!


『いぶり暮らし』16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」より引用

すでにつけ始めて4日。香りが滲み出て、すでにオイル自体も牡蠣並みの主役になっていると…。

そのオイルでお米を炒めるわけですから、うまくないわけがない。むしろオイルが主役級の存在感を放つ段階になったからこそ作れる一品かな。

“燻製牡蠣の大盛りチャーハン”の材料

 ・燻製牡蠣のオイル漬け
 ・玉子
 ・米
 ・玉ねぎ

巡のアイデアで玉ねぎを使っていますが、玉ねぎを使うとはなんだかタイ風のチャーハンみたいですねぇ。あくまで今回は中華風ですけど…。

ちなみに、タイ風のチャーハンというのはこんな感じ。興味あればどうぞ。

” Khao Phat Goong(Fried rice with Prawns) “タイ風海老炒飯!!ナンプラーの香る絶品炒飯!!

“燻製牡蠣の大盛りチャーハン”を作ってみよう!!

さて…と、今回はご飯ものですね。では調理開始です!!

まずは、中華鍋をしっかりと温め、燻製牡蠣を漬け込んでいたオイルを注いで、しっかりと馴染ませます。

油が十分に温まれば玉ねぎの薄切りを加え、さっと炒めていきます。

その後、卵をほぐして加えましょう。今回は大盛りなので卵は2個たっぷり使います!

おたまで軽くかき混ぜながら卵に火を入れていき、半熟くらいになれば白ご飯を加えて手早く和えていきます。

炒飯のコツはこちら!!

基本の炒飯の作り方とコツ!卵を使ったシンプル”黄金炒飯”!!

米一粒一粒が卵に満遍なく包まれ、全体にフワーと仕上がるようにうまいことやれるといいですね。ここが勘所です。

卵が満遍なく合わされば、燻製牡蠣のオイル漬けを投入!!

牡蠣はあまり加熱したり、かき混ぜてちぎれたりしないようにしたいので、鍋を振って手早く炒めます。

味付けは塩と好みで軽くオイスターソースを加えるのもよろしいかと思います。お醤油もアリ!!

出来上がったらお皿に盛り付け、冷める前に頂いてしまいましょう!!

写真的にはあまり多く見えませんが、かなり大量です。

食べきれるかしら…。

“燻製牡蠣の大盛りチャーハン”を作った感想

相変わらず良いですねぇ。燻製牡蠣のオイル漬け。

仕込んだ数が少なかったので、あまり贅沢に使えないのですが…。

なにせ全部で4品作らなくてはいけませんからね。すでに作った”燻製牡蠣のオイル漬けトースト“、”燻製牡蠣の野菜炒め“で既に9こほど使ってしまっていますし、この先”燻製牡蠣のペペロンチーノ“も作らなきゃですからね。

ただ、チャーハンにするとちょいと燻製牡蠣の良さが霧散してしまう気もしますね。美味しいのですけど、米や卵で薄れる…というか、なんというか。。

牡蠣を大量に使えればまた違うのでしょうけどね。

個人的には、もっとダイレクトに牡蠣の旨味が味わえる料理が好きですね。いや、美味しいんですけどね。

エピソード収録巻

16話「日に日に染み込む牡蠣の燻製オイル漬け」収録は『いぶり暮らし』第2巻!他にも燻製メニュー盛りだくさん!!

いぶり暮らし 2 (ゼノンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください