漫画飯”じっくりタンドリーチキン”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』三十三食目より。

漫画飯”じっくりタンドリーチキン”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』鈴木小波

“じっくりタンドリーチキン”!!

今回は『ホクサイと飯さえあれば』三十三食目より”じっくりタンドリーチキン”を作ってみました。

“じっくりタンドリーチキン” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

タンドリーチキンというのは、スパイスとヨーグルトで漬け込んだ鶏肉を焼き上げたインド料理。

最近では、カレー人気に伴いインド料理の知名度も上がってきたので食べたことがある人も多いでしょう。

うちの大学の近くにも学生御用達のインド料理専門店が2軒あり、それなりの賑わいを見せています。

本来、このタンドリーチキンは専用の釜”タンドール”を使って調理する料理です。だからタンドリーチキンという名前な訳です。

ただ、まあね。タンドールなんて一般家庭に備え付けられていてたまるかっ!!

“カレーライスとタンドリーチキンを作りましょうか” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

てな、わけで今回は魚焼きグリルを使って焼き上げます。

ちなみにタンドリーチキンというのは一般に骨つきの物に使う名称なので、今回の料理はどちらかというとチキンティッカのほうが妥当かもしれません。

ちなみに、今回のお話の舞台はブンの自宅ではなく彼女のアシスタント先です。

真夏のエアコンの壊れたアシスタント部屋で…。しかも、Gの外からの侵入を警戒するあまり、窓も全て締め切った密室(いやまあ厳密にはどこかしら空気の通り道はあるでしょうがね)。

当然誰もが涼やかであっさりしたものが食べたいと思うこの状況で、ブンが作り始めたのが”カレーライス”と”タンドリーチキン”。

さすがはブンちゃん。見事なまでの空気読めないっぷりです笑笑

“じっくりとゆっくりは違う”

実は今回のお話では、ブンのアシスタント仲間である戸坂さんがデビューしたことが語られます…が、今回の主役はアシスタント歴3年の稲田真知さん。

アシスタントの中では一番の古株の彼ですが、担当さんからなかなかデビューの話が出ず、”じっくりやっていこう”と言われ続けるのに内心焦りと不安を抱いています。

そんな折に後輩である戸坂さんが自分よりも先にデビューしてしまったわけですから、心中穏やかでいられません。とはいえ、稲田さんは落ち着いた性格の人なので感情的になったりということはありません。ただ自分の現状に対する不満が溢れ出てしまうわけですね。

その話を聞いた”空気が読めない”山田ブンはタンドリーチキンの作り方に似ているとぶっ込むわけです。

“ゆっくりと じっくりは 違う” 『北斎と飯さえあれば』より引用

カレー粉とヨーグルトを混ぜて漬け込むタンドリーチキン。

“ゆっくりとしばらく漬け込むでござるな”

とのホクサイの言葉に、ブンは

“違うよ ホクサイ ゆっくりじゃないよ じっくりだよ”

…と。この言葉が、稲田さんの救いとなったのかはわかりませんが…。

“ゆっくりと じっくりは 違う”

そうして話は良い流れでおちつきかけたのですが…

タンドリーチキンはね。一晩つけなくてはならないのですよ。…ということは、どうなったかは…。

ちなみに、稲田さんと戸坂さんの二人はこの後、実は…。気になる方は、単行本第8巻を読んでみてくれよなっ!!

*タンドリーチキンが出てくるのは単行本6巻です。

“じっくりタンドリーチキン”の材料

  • 鳥もも肉:500g
  • ヨーグルト:200g
  • カレー粉:おおさじ2
  • にんにく:1かけら
  • 生姜:1かけら
  • (塩:適量)

*分量は作中のレシピに準じます。

“じっくりタンドリーチキン”!!

<<

>>鶏もも肉を一口大にカットします。

鳥もも肉を準備!!

まずは鶏もも肉から調理していきましょう。もも肉を一口サイズに切り分けていきます。

皮は取らなくて良いと思いますが、お好みで。

ちなみに、作中レシピでは塩を使っていなかったと思いますが、個人的にはkの段階で鶏肉に軽く塩を振って馴染ませておくほうが良いかと思います(あくまで私見)。

<<

>>漬け込み用の地を準備します。

タッパーにカレー粉とヨーグルトをあわせる。

タッパーなどを用意して、分量のヨーグルトとカレー粉、そしてにんにくと生姜をおろしたものを加えます。

うちのカレー粉は独自配合のもので内訳は詳しくは書きませんが、市販のカレー粉で十分使えます。辛味が欲しければ唐辛子を加えても良いでしょう。

ちなみに、よくお店で提供されるタンドリーチキンの鮮やかな赤色は、パプリカパウダーや食紅などで染色したものです。鮮やかに仕上げたければ、それらを加えてください。

<<

>>鶏肉をつけて揉み込みます。

しっかりと揉み込みます!

ヨーグルトやカレー粉が均一になるように混ぜながら、しっかり鶏肉を揉み込みます。

十分に揉みんだら、冷蔵庫に入れて一晩寝かせてあげましょう。寝かせているうちにお肉に味がしみ、かつ柔らかくなっていきます。

さあ翌日までのお楽しみです。

<<

>>漬け込み完了!!。

一晩漬け込んだ鶏もも肉

こちらが一晩漬け込んだお肉になります。良い感じでつかっております。

ではそろそろ焼いていきませうか。。

<<

>>魚焼きグリルで火を入れます!!

グリルで加熱します。

さて、お肉を焼いていくのは魚焼き用のグリルを使います。

お肉に付いた漬けダレ(?)はふき取らなくて大丈夫です。焼いているうちに余計な分は網の下に落ちていくって寸法です。

中火で両面10分くらいづつ焼いてみましょう!!

<<

>>焼き上がり!!。

焼き上がり!!

さて、片面10分、両面で計20分やいたのがこちら。

一部焦げている部分も見受けられますが、まあ概ね良い感じに仕上がりました!!

これでタンドリーチキンの完成です!!

“じっくりタンドリーチキン”!!

さて、今回は『ホクサイと飯さえあれば』三十三話より”じっくりタンドルーリーチキン”を再現してみました。

“じっくりタンドリーチキン” 『ホクサイと飯さえあれば』より

完成写真がこちら!!

チキンだけでは寂しいのでレタスを添えてみました。

うん、なかなか良い仕上がりではないかね。。

お味の方もなかなか。スパイシーでとても美味しいです。ただ、やはりはじめに塩で下味は漬けておくと良いかと…。

レタスと一緒にバゲットに挟んで食べたりしても美味ですよ!!

>>ホーム(作品別一覧)はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください