漫画再現飯”タコライス夏の陣”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』三十五食目より。。

漫画再現飯”タコライス夏の陣”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』鈴木小波

“タコライス 夏の陣”!!

今回再現してみたマンガ飯は『ホクサイと飯さえあれば』三十五食目より”タコライス夏の陣”です!!

“タコライス 夏の陣” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

タコライスといえば沖縄の名物料理ですね。実は僕は沖縄に行った事もなければ、タコライスを食べるのも作るのもこれがはじめてだったりするのですが…。

調べてみたところ、たこライスというのは儀保松三氏という方が発案者なのだそうですね。沖縄では給食のメニューにもなっているのだとか…。

料理としては、シンプルにご飯の上にタコスを乗せた料理です。ちなみにこのタコスはメキシコ料理ではなくアメリカ料理(Mex-Tex)のものです。

実はタコスといってもオリジナルのメキシコのものと独自発展したアメリカのものではだいぶ違うのです。タコスと聞いてだれもが想像するであろうパリパリのチップスはMex-Texのものなのでした。

食べたいものを決めて料理をつくり、描きたいものを決めてマンガを描く!!

今回のお話でも相変わらず(時系列的には『ホクサイと飯』の方が後だから”相変わらず”ではないのかな)ブンは毒舌担当の森生さんにぶった斬られてしまうわけですが..。。

“ジャンルから話考えるやつは死ねばいいよ” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

前作『ホクサイと飯』(『ホクサイと飯さえあれば』の8年後)でブンの担当をしている森生氏が担当となって、ブンはとりあえず2ヶ月に1本のペースで漫画を描くように指示されます。

ジャンルではなく描きたいもの、すなわち”テーマ”ないし”欲望”から決めて描くのだとアドバイスをもらいますが、ブンにはわかったようなわからないようなでしっくりきません。

しかも”欲望”を聞かれた際に”野菜が食べたいです”と答えてしまう始末。

その後漫画の悩みはひとまずおいておいて、いっそ清々しいまでにすっかり”食べ物脳”へと置き換わったブンは、森生担当とのやりとり(を思い出した恥ずかしさ)で消耗したMPが即座に回復します笑

“今晩はタコライスに決めた!!” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

いや〜、こういうとこ好きだわ、ブンちゃん。

それにしても、HP、MPともに20というのは低すぎる気もしますがね笑笑。

そして、タコライスの材料を買い出し、料理にとりかかるブンの脳内ではタコライスを巡る壮大な戦時記が幕を開けます。

ホカホカの白ご飯を奪い合うタコミート国とサルサソース国の戦い(ただのタコライスつくりの工程)をへて、ついに世界に平和(ブンの心に平穏と満足)がもたらされましたとさ笑

“かくして 世界は平和になったのである” 『ホクサイと飯さえあれば』より引用

後日、このお話を森生担当に見せたブンですが、当然ながら”漫画じゃなくてタコライスの作り方じゃん”といわれてボツ。一読者としてはちょっと面白かったですがね”タコライス 夏の陣”笑

とりあえず、野菜を食べたいからタコライスを作ったブン。これこそ”テーマを決めて作品を作る”ということです。この子、漫画でなくて料理でならいつも簡単にこなせるのですけどね。これを漫画に適用できるようになるのはいつになるのやら。

“タコライス 夏の陣”の材料

  • 白ご飯:一杯分
  • レタス:2枚
  • ピザ用チーズ:好きなだけ
  • トルティーヤチップス:好きなだけ

<サルサソース>

  • 玉ねぎ:1/2玉
  • トマト:1個
  • にんにく:1片
  • バジル:少々
  • タバスコ:小さじ1
  • レモン汁:大さじ1
  • オリーブオイル:小さじ1

<タコスミート>

  • 豚ひき肉:50g
  • ピーマン:1個
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • ウスターソース:大さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • ケチャップ:小さじ1

タコミートは牛ひき肉の方が一般的なようですが、このレシピでは豚ひき肉を使うのですね。

主役はオリーブオイル!!?”海老と彩り野菜の燻製アヒージョ”!!

<<

>>サルサソースを作っておきます。

  1. トマトをみじん切りにします。
  2. 玉ねぎもみじん切りにします。
  3. トマトと玉ねぎををボウルに加え、さらにみじん切りにしたにんにく、バジル、レモン汁小さじ1、タバスコ小さじ1、オリーブオイル大さじ1を加えます。
  4. 十分に混ぜわせたら出来上がりです。

<<

>>タコスミートを作りましょう。

  1. みじん切りにした玉ねぎを炒めます。
  2. 豚ひき肉とピーマンのみじん切りを加えさらに炒めます
  3. ケチャップ小さじ1、しょう油小さじ1、ウスターソース大さじ1を加えます。
  4. 焦がさないように木べらでかき混ぜながら炒めあげます。

<<

>>さあ、”タコライス 夏の陣”開戦です!!

ここからは作中のナレーションに従って進めていきます!作り方は括弧()内の副音声でお送りします。

「世界は二分されていた」

~中略~

「ホカホカの白飯が現れてしまったのだ(お皿に白ご飯を盛り付けます)

「青々とした緑をのせ彼らはやって来た(ちぎったレタスを白米の上に散らします)

「タコミート国が最初に動いた(まずはタコスミートからです)

「タコミートはあっという間に緑の大地を侵略してしまう(白飯の表面をタコスミートで覆います)

「なんという非道!!」

「しかしサルサソース国も黙ってはいなかった(お次にサルサソースです)

「 タコ陣のド真ん中へ奇襲をかけたのだ(真ん中からサルサソースをかけます)

「完全にタコミートを制したサルサソース(サルサソースで覆ってしまいます)

「誰もがサルサの圧勝を考えた その時 やつらが降って来た!(これで完成ではありません。次の食材は何かと言うと…)

「チーズ族とトルティーヤチップス族だ(チーズとトルティーヤチップスを使います!)

「彼らは結託し両陣を囲んでしまった(全体を囲うようにチーズとトルティーヤを散らします)

~中略~

「この戦いはこう呼ばれた」

「タコライス 夏の陣(タコライス 夏の陣)

さて、果たして世界に平和はもたらされたのか。完成写真はこちらです↓

“タコライス 夏の陣”を作った感想

はい、ということで原作のナレーションに従って”タコライス 夏の陣”を再現してみました。

“タコライス 夏の陣” 『ホクサイと飯さえあれば』 より

タコライス初めてだったのですが、なかなか美味しいものですね。

あ、ちなみにトルティーヤチップスは、三角のものが見つからなかったので、いわゆる”タコシェル”を丁度良いサイズに割って使っています。

それにしても、あかんな〜。最近『ホクサイと飯さえあれば』にハマりすぎてしまっている。ブンのキャラが好きすぎて…。

ご飯を美味しそうに食べる女性は素敵だと言いますが、このキャラクターはその極みですよね。おいしいご飯のことを考えるだけでMPが回復するとかね。

現実世界ではあり得ないタイプの人物ですが、読んでてなんだか暖かいきもちになってしまう笑

“仕方がないですもんじゃ” 『ホクサイと飯さえあれば』三十三食目より引用

まあ、たまに我が道を行きすぎ(ズレすぎて)いてサイコパスな気質に見えなくもないですけど…。特に三十三食目”四万六千もんじゃ”の“それじゃ 仕方 が ないですもんじゃ もんじゃ”のくだりは、やや怖かった。

絵的に瞳孔が開いて見えるのも原因でしょうけど笑

『ホクサイと飯さえあれば』はジャンルこそグルメ漫画ですが、主眼は料理よりむしろ料理を作って食べるブンを愛でるところにある漫画ですね笑笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください