“喫茶山茶花のガパオライス”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』九食目より。。

“喫茶山茶花のガパオライス”作ってみた!!『ホクサイと飯さえあれば』鈴木小波

ブンのバイトと高木家の超美人双子姉妹!

今回は『ホクサイと飯さえあれば』第2巻九食目より、”喫茶山茶花のガパオライス”を作ってみました。

今回のお話では、ブンこと主人公山田文子がアルバイトを始めます。

“喫茶山茶花でバイトするブン” 『ホクサイと飯さえあれば』より

ブンが選んだバイト先は「椿写真館」…のはずが、なんとバイトの募集をしていたのは写真館のお隣の「喫茶山茶花」。

そんなわけで意図していたのとは全く違う形でお仕事、”喫茶店の接客”職を得ることになってしまったブン。

初めのうちは”いらっしゃいませ”すらまともに言えない始末でしたが、ランチメニュー用のジャスミンライスの匂いを嗅ぎ、”ガパオライス”という単語を聞いた途端にいつものブンに。。

ただガパオライスの作り方を頭に思い浮かべながら接客をして、コーヒーを客のテーブルに置く際に”いただきます”と言ってしまい…。と、この続きは『ホクサイと飯さえあれば』第2巻をご参照ください。

さて、今回のお話では重要な人物が2名(実は3名)新たに登場します。

“高木家の超美人双子姉妹” 『ホクサイと飯さえあれば』より

それがこちらの二人。「椿写真館」主人の高木椿と「喫茶山茶花」ミストレスの高木山茶花です。

実はこの二人は自他共に(?)認める美人双子姉妹。

もともと二人の両親はお隣さん同士の幼馴染だったそうで、双子の娘が両親の家をそれぞれ継いだのだそうです。

父方の写真館を継いだのが椿、母方の喫茶店を継いだのが山茶花で、今ではそれぞれの名前を店名に関した「椿写真館」と「喫茶山茶花」を経営しています。

そんな関係性のためか、なぜか「喫茶山茶花」のバイト募集チラシが「椿写真館」の壁に貼ってあり、ブンが勘違いして応募したというわけです。

“高木椿&高木山茶花” 『ホクサイと飯さえあれば』より

ちなみに、山茶花さんバイトとして”14歳の美少年”を熱望していたのだそうで、普段見せる素敵さとの隔たりからブンには”ギャップビューティー”と形容されています。椿さんの方も負けず劣らず個性的なようで、なかなか面白そうな双子です。

人見知りのブンはそもそも写真館なら人と会話しなくて済むと考えていたわけですが、思惑が外れてしまいましたね。

接客の経験がなく戸惑うブンへ山茶花さんからの一言。

” お金をもらったら社会人 教えてもらうのは学生まで 自分で考えて “

なかなかの金言ですよね。

ここでバイトをしたことが、ブンの今後に大きな影響をあたえることになりますが、それについてはコミックを読んでください。

喫茶山茶花のガパオライス!!

さて、では人見知りでガチガチだったブンを救った喫茶山茶花の”ガパオライス”について見ていきましょう。

“喫茶山茶花のガパオライス” 『ホクサイと飯さえあれば』より

“喫茶山茶花のガパオライス”は、いわゆる日本版のガパオライスで本格的なタイのものとは少々異なります。

本場のものとの大きな違いといえば、ホーリーバジルを使わないところと豚の挽肉を使うところですかね。

実は”ガパオ”というのはタイ語で”ホーリーバジル”を意味しており、本来はこのホーリーバジルは必須の食材になります。また豚肉ではなく鶏肉が使われることが一般的ですね。

あ、あとタイの唐辛子は日本のものの数倍辛いものが栽培されています。やはりタイ料理にはある程度の辛さが欲しいので、今回僕は唐辛子としてタイでよく使われているプリッキーナという品種を使いました。

さて、『ホクサイと飯さえあれば』は基本的には、登場する料理のレシピが記載されていますので、基本的にその通りに進めます。

それにしても、ガパオライスの作り方を頭の中でシミュレーションしているブン、かわいい。

“ガパオライスの作り方を思い浮かべながら…山田ブン” 『ホクサイと飯さえあれば』より

では、調理に入っていきましょう!

“喫茶山茶花のガパオライス”の材料

  • 豚ひき肉
  • 茄子
  • ピーマン
  • にんにく
  • パクチー
  • 唐辛子(プリッキーヌ)
  • 鶏がらスープの素
  • ナンプラー
  • オイスターソース
  • ジャスミン米

“喫茶山茶花のガパオライス”を作ってみよう!!

<<

>>ニンニクと唐辛子を炒めていきます。

ニンニクと唐辛子を炒めていきます。

まずはみじん切りにしたニンニクと輪切りにした唐辛子をオリーブオイルで炒めていきます。

唐辛子は種を取ったほうが辛味は少なくなります。

ちなみにプリッキーヌはスコヴィル値70000SHUの激辛唐辛子です。スコヴィル値というのは辛さの指標で、鷹の爪は約50000SHUです。ただ、値の差以上に実際に食べたときに感じる辛さの差は著しいものがあります。

<<

>>野菜とお肉を加えて炒めていきます。

具材を炒めて味付けしていきます。

使う野菜はピーマンんと茄子です。どちらも食べやすいサイズに切っておきましょう。

ニンニクと唐辛子が炒まったら、豚ひき肉を加えます。ひき肉の色が変わったら、野菜を加えてさらに炒めます。

全体に火が通れば、オイスターソース、ナンプラー、鶏がらスープの素で味付けしましょう。

<<

>>目玉焼きを焼きましょう!!

目玉焼きを焼きます。

目玉焼きは半熟くらいの焼き加減がちょうど良いです。

<<

>>ジャスミン米をお皿によそいます。

お皿にジャスミン米をよそう。

あらかじめ炊いておいたジャスミン米をお皿によそいます。ご飯の中央部分を少し凹ましておくと具材を盛りつけやすくなります。

<<

>>具材を盛りつけて仕上げです!!

ご飯に具材を載せます。

ご飯に先ほど炒めた具材を載せます。

最後に目玉焼きとパクチーをトッピングすれば出来上がりです!!

さあ、出来上がりはいかに??

“喫茶山茶花のガパオライス”を作った感想

今回は『ホクサイと飯さえあれば』より”喫茶山茶花のガパオライス” をつくってみました。完成写真はこちら。

“喫茶山茶花のガパオライス” 『ホクサイと飯さえあれば』より

本場のものとは少し風味が違いますが(←あたりまえ)、これはこれで美味しいですね。

中華用の鶏ガラスープを使って、かつ豚ひき肉とナス、ピーマンを合わせたので、なんとなく中華なニュアンスも入っていました。

個人的には、唐辛子は大量(あるいは辛いものを使う)に入れるのがお勧め。やはりタイ料理にはある程度以上の辛さが欲しいもの。辛さもタイ料理の美味しさの一要因ですからね。

ちなみにガパオライスはタイに出張する際のランチの弁当に決まって食べるので、個人的に思い入れの強い料理だったりします笑笑

>>ホーム(作品別一覧)はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください