“イカの塩辛の炙りと茎ワカメとオクラの胡麻和え”作ってみた!!第24話「竹の湯」より。。

“イカの塩辛の炙りと茎ワカメとオクラの胡麻和え”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』樫木祐人

“イカの塩辛の炙りと茎ワカメとオクラの胡麻和え”!!

今回作ってみたのは『ハクメイとミコチ』第24話「竹の湯」より”イカの塩辛の炙りと茎ワカメとオクラの胡麻和え”です。

近所に”温泉宿”ができたことを知り、早速湯治にむかったハクメイとミコチ。しかし残念ながら”猫の団体客”の”抜け毛”のせいで温泉宿はほとんど休業状態で温泉を満喫することはできずに帰路につきます…。

しかし、それですまさないのがハクメイです。竹を切ってきて自分で露天風呂を作ってしまいます。


『ハクメイとミコチ』第24話「竹の湯」より

もちろん料理はミコチが担当。

温泉に浮かべる酒は、『ハクメイとミコチ』では定番の日本酒「蔵囲い」。ちなみに実際には「蔵囲い」なる銘柄のお酒はないようです。残念。。


『ハクメイとミコチ』第24話「竹の湯」より

酒のあては「蔵囲い」に合わせて少しこってり目に味付けをした”イカの塩辛の炙り”と”茎ワカメとオクラの胡麻和え”です。

“塩辛の炙り”ってなにやらものすごくうまそうな響きだなぁ。


『ハクメイとミコチ』第24話「竹の湯」より

露天風呂に、これらの組み合わせは贅沢ですねぇ。

では作っていきましょうか。。

“イカの塩辛の炙りと茎ワカメとオクラの胡麻和え”の材料

 ・スルメイカ
 ・塩
 ・酒
 ・茎ワカメ
 ・オクラ
 ・すりごま
 ・山葵
 ・出汁
 ・薄口醤油

 

“イカの塩辛の炙り”と”茎ワカメとオクラの胡麻和え”を作ってみよう!!

まずは前日、あるいは前々日に塩辛を仕込んでおきましょう。

刺身でも食べられる鮮度のスルメイカを手に入れて捌きます。寄生虫(アニサキス)対策として、一度凍らせることを考えれば前々日に仕込んでおくことをお勧めします。

さて、さばいたイカのワタと胴は別々に塩を降っておきます。

ワタは全体が埋まるくらいの量の塩をまぶし、ザルなどに入れて受け皿、ラップをして冷蔵庫で半日~寝かせておきます。ザルを使うのは水気を除くためです。

一方、胴は皮をむいて、表面にうっすらと塩をまぶして、こちらはラップをせずに冷蔵庫で寝かしておきます。時間はワタと同じくらい。

さて、半日ほどして様子を見ると、胴からしっかりと水気が出ていることがわかりますね。表面はだいぶ乾燥しています。

表面の塩を日本酒で流します。

イカは横に3等分にしてから、細切りにしておきます。これだけ細く切ればアニサキスも大丈夫だと思いますが、念のため塩辛が完成してから一度冷凍したほうが良いでしょうね。

一方、ワタも日本酒で塩を流し、切り目を入れて中身だけ包丁で絞り出します。

絞り出した後は、包丁で叩くようにしておきます。

先ほど細切りにした胴と叩いたワタとを容器に入れてしっかりと混ぜ合わせます。

全体にしっかりと和えられれば一旦完成!!このまま一晩~冷蔵庫で寝かせます。

馴染んだら、冷凍庫で凍らせてアニサキス対策を取ると良いでしょう。

さて、イカの塩辛の仕込みはここまでにしておいて…。

お次は”茎ワカメとオクラの胡麻和え”を作っていきます。

茎ワカメは塩蔵ものなので、水につけて塩気を抜いておきます。適度に塩が抜ければ細切りにしていきましょう!

オクラはヘタの部分を切り取って、塩をまぶしてまな板に擦り付けることで側面の産毛を除きます。

その後、鍋で茹がいたおきます。

湯搔いたら、ザルにあけて流水で冷まします。

オクラ1本あたり3切れになるくらいがちょうど良いサイズかな。

では、胡麻あえの衣を作っていきます。

すり鉢に白胡麻を入れ、すりこぎでしっかりとすり潰します。

出汁を少しずつ加えながら胡麻を伸ばしていきます。衣が適度な水気を含んだら、山葵と薄口醤油を加えて調味して和え衣は完成!

和えていきましょう!!

下準備しておいた茎ワカメとオクラをボウルに移し、和え衣を加えて全体にしっかりと馴染ませれば出来上がり〜!!

お皿に盛っていきましょう!!

最後にイカの塩辛を皿に盛って、バーナーで炙れば”塩辛の炙り”も完成!!

せっかくなので、お盆に乗せてお酒も合わせてみましょう。

なかなか良い見映えだなぁ。。

うむ、こいつで温泉で一献…といきたいものだ。。

“イカの塩辛の炙り”と”茎ワカメとオクラの胡麻和え”を作った感想

“イカの塩辛の炙り”ってめっちゃ美味しそうな響き。炙るとイカワタが良い感じで香ばしく酒のあてになかなかよろしいです。日本酒はコクの強い辛めのものが合いそうです。

そもそものイカの塩辛は少し塩分を控えめに作ったほうが良いかなぁ。

茎ワカメとオクラも予想外に相性良かったですね。胡麻和えのゴマだれは僕が日常的に作っているものなのですが、良い感じに仕上がって良かったです。

僕も是非とも温泉に酒を浮かべて一献、としたいところですねぇ。

『ハクメイとミコチ』の料理を再現してみた!~まとめその4 :単行本第4巻収録料理~

エピソード収録巻

第24話「竹の湯」収録は『ハクメイとミコチ』第4巻!!

ハクメイとミコチ 4巻 (ビームコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください