“隣人の朝餉と晩酌!!ライカの手作りホットサンドとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』第28話「隣人の朝餉」より。。

“隣人の朝餉と晩酌!!ライカの手作りホットサンドとアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』樫木佑斗

コンジュの隣人”ライカ”の”朝餉”と”晩酌”。。

『ハクメイとミコチ』再現料理第3弾です!!今回は28話「隣人の朝餉」より”ライカ”の”ホットサンド”と”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”をつくってみました。

今のところ出番はすくなめですが、結構好きなキャラなんですよね、”ライカ”。ちなみにアニメのクレジットでは”雷火”と表示されていたようで…。名前かっけぇな…。

ちなみに、昼間は(とてつもなく暇な)郵便局で事務として働いている”ライカ”。初登場は7話「仕事の日2」の後の幕間コラム”足元の歩き方”でした。

2018-03-15 19.34.29-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 7話『仕事の日2』より引用

その後は15話「長い一日」での蜂蜜館騒動でも”新参”の主要人物として活躍していました。

実はコンジュのお隣さんで、かつ”歌姫”としてのコンジュの大ファンだったりします。

でも、それを悟られまいと(?)”ファン”としての自分と”隣人”としての自分とにきちんと一線を引こうと、不器用に頑張ってるところなんて非常に好感が持てます。

2018-03-16 3.06.21-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 28話『隣人の朝餉』
より引用

少なくともコンジュが作中で最も心を開いている人物の一人ですね。おかげで奔放すぎる彼女に、振り回されまくってる印象ですがね…。ベット取られたり、手首ひねったり、勝手に食料食べられたり笑笑

ちなみに彼女もかなりの料理好きで、腕前もなかなかのようです。香辛料(ナツメグ)を購入している描写や、ミコチに”キノコのオイル煮”の作り方を教わっている様子などが描かれています。

>>”蜂蜜館ジュレップとキノコのオイル煮”作ってみた!!はこちら

“蜂蜜館ジュレップときのこのオイル煮”作ってみた!!『ハクメイとミコチ』第15話「長い一日」より。。

今回は、そんな彼女がコンジュのために作った朝食の”ホットサンド”と、一人寂しく晩酌用に作った”ペペロンチーノ”をつくってみました。

“隣人の朝餉”ホットサンド!!

さて、まずは”ホットサンド”ですが、残念ながら中身の具材の描写はないんですよね。

おそらくは、料理好きなライカがありきたりなホットサンド(ハムとチーズとか…)を作りはしないだろうというなどと強引な推測を立ててみるくらい…。

それにしても、どうやってコンジュを誘おうかと悩んでいるライカは非常に微笑ましかったですね。

2018-03-16 3.04.52-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 28話『隣人の朝餉』
より引用

結局はコンジュは仕事があって、ライカの思惑は外れ一緒に朝食をとることは叶わないわけですが、それも含めて微笑ましかった笑

2018-03-16 3.05.32-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 28話『隣人の朝餉』
より引用

まあ、そんなわけでとりあえず、ホットサンドは僕のお気に入りのオリジナルレシピで2種類つくってみました。作中では1種類でしょうけど、ホットサンドは1個より2個のほうが写真映えするので…笑

それから付け合わせで作られていたのがサラダとスープです。サラダはレタス系のシンプルなものだと思われます。スープも作中描写からおそらく”野菜系”で、かつホットサンド&レタス系のサラダに合うもの、ということでトマトベースのマカロニ入り野菜スープを用意してみました。

“隣人の晩酌”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ!!

一方、”晩酌”のメニューですが、“少なめのパスタと赤ワインと余った朝食”です。

スクリーンショット 2018-03-19 21.26.04-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 28話『隣人の朝餉』
より引用

残念ながら、朝食の余りはコンジュに無断で食べて尽くされてしまいますが…。

それにしてもコンジュって、ハクメイとミコチのことを”二人揃って大食らいのくせに…”って言ってましたけど、コンジュ自身も大概ですよね。というか、無断で隣人の家に入り込んで、その上勝手に食料も食べてしまうとは…。

この世界の小人たちは基本的に大食らいが多いのでしょうかね。

ライカが作ったパスタですが、こちらは描写からほぼ間違いなく”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”でしょう!!

スクリーンショット 2018-03-19 21.25.50-min
『ハクメイとミコチ』樫木佑斗 28話『隣人の朝餉』
より引用

あ、ちなみに”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”というのは、いわゆる”ペペロンチーノ”の正式名称です。

ともかく、コンジュが朝食の残りを喰らい尽くしてしまったので、作中では朝食メニューと晩酌メニューの共演はありませんでしたが、せっかくなので一緒につくってみました。

材料を準備しよう!!

<ホットサンド>
 ・食パン:2枚(4枚切り)
 ・ピザ用チーズ:適量

 ・アボカド:1/4個
 ・ベーコン:適量
 ・玉ねぎ:1/4個

 ・トマト:薄切り1~2枚
 ・ツナ缶:1/2缶
 ・トマト:1/4個
 ・玉ねぎ:1/8個
 ・塩:適量
 ・ケッパー:小さじ2
 ・ピクルス:1個

 ・マスタード:適量

<アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ>
 ・スパゲティーニ(1.6mm):一人前弱
 ・唐辛子:2個(好みで少なくしても良い)
 ・にんにく:2片
 ・オリーブオイル:適量
 ・塩:適量

<野菜スープ>
 ・人参:1/2本
 ・玉ねぎ:1/2個
 ・セロリ:1/3本
 ・トマト:中1個
 ・マカロニ:適量
 ・オリーブオイル:適量
 ・ブイヨン:適量(顆粒出汁でも可)

<サラダ>
 ・レタス:6~8枚
 ・玉ねぎ:1/4個
 ・パプリカ:小×2
 ・サラダ油:適量
 ・赤ワインビネガー:適量
 ・塩:適量

ライカの”朝餉”と”晩酌”、”ホットサンド&ペペロンチーノ”を作ってみよう!!

<スープ作り>

“ホットサンド&ペペロンチーノ”と銘打ってなんですが、まずは一番時間のかかるスープを仕込みます。

人参、セロリ、玉ねぎは粗みじんに切り、たっぷりのオリーブオイルでじっくりと炒めていく。野菜に火が通り、しっとりとしてきたらみじん切りにしたトマトを加えます

IMG_5384-min IMG_5385-min

軽くかき混ぜたらすぐにブイヨンを注ぎ、そのままじっくり煮込んで野菜が馴染んできたらほぼほぼ完成。

あとは食べる時タイミングに合わせてマカロニを加え、マカロニが茹ったら塩胡椒で調味したら出来上がりです。

IMG_5386-min IMG_5423-min

配膳時にお好みでオリーブオイルを垂らしても美味しいです。

<ホットサンドの具材 2種類>

さて、スープを煮込んでいる間にホットサンドの具材を作ります。まずは”アボカドとベーコンのフィリング”です。

ベーコンと玉ねぎはどちらもさいの目に切り、フライパンで火を通したら冷ましておきます。アボカドはベーコンよりも少し大きめに粗くみじん切りにして、少量のレモン汁で和えておきます。アボカドは熟しきっていないものが好ましいです。

ベーコンがさめたら、アボカドと和えて、出来上がりです。塩味はベーコンと後で加えるチーズで十分かと思いますが、好みで少量の塩を加えても構いません。

IMG_5388-min IMG_5424-min

次に”ツナとトマトのフィリング”です。こちらも非常にシンプルで、ツナとにみじん切りにしったトマト、玉ねぎ、ピクルスと潰したケィパーを加えオリーブオイルと塩で和えれば、ハイ、完成!!

フィリングができたらあとはパンにのせて順次焼いていけば良いのです。ちなみに我が家のホットサンドメーカーはピーターラビット仕様で、焼き目でピーターの横顔とロゴが入る優れものです!!

IMG_5389-min IMG_5428-min

お気に入りのピータラビットシリーズです。

<ホットサンドを焼く!!>

食パンは一斤で手に入れば使いやすいのですが、切れている状態で売られているのが一般的ですね。その場合は、4枚切りくらいの厚めの物を購入し、それを包丁などで半分の厚さにスライスすればちょうどいいかと思います

ちなみに、自家製食パンという手もあります。

詳しくはこちら>>現在作成中

まずは”アボカドとベーコンのフィリング”から。パンにピザ用チーズと薄く切ったトマトをのせ、その上にフィリングをこんもりとのせます。フィリングはたっぷりと入れましょう!ちょっと多すぎるかなというくらいでちょうどいいはずです(感覚は個人差がありますが…)。

IMG_5425-min IMG_5426-min

一方、”ツナとトマトのフィリング”ですが、こちらは片方のパンにピザ用チーズを、もう片方のパンにはマスタードを塗っておきます。あとはチーズの上に先ほどのフィリングをのせれば準備完了です。

IMG_5432-min IMG_5434-min

ホットサンドメーカーが温まればパンを閉じて、順次焼いていきましょう。パンの表面に焼き色がついて、パンの端が手で落とせるくらいなれば焼き上がりです。

IMG_5429-min IMG_5433-min

焦ってあまりに早く取り出してしまうと、パンとパンがしっかり焼き付いておらず、中身が出てしまったりするのでご注意を。。

<パスタ作り>

次は”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”ですね。

今回は、パスタは1.6mmのスパゲティーニを使用します。オイルと十分に絡まる太さで、かつ味や行き渡りまた、しつこくない程度の太さじゃないかなぁ…と。

とりあえず、しっかりと塩を入れたお湯でパスタを湯がいていきます。

同時にフライパンにオリーブオイルを多めに敷いて、ニンニクのみじん切りと唐辛子を加えじっくりと香り&辛味出しをしていきます。パスタが茹で上がったら、ゆで汁をオイルに加え乳化させてパスタとからめます。

>>アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの作り方詳細はこちら

IMG_5436-min IMG_5443-min

<サラダ作り>

最後はサラダです。キャベツは千切り、玉ねぎは薄切りに、パプリカは細切りにします。サラダ油、赤ワインビネガー、塩を攪拌してドレッシングを作り、サラダにかけて出来上がり。

“隣人の朝餉&晩酌”を作った感想

今回はちょっと材料やら、手順やらが長くなってしまいました。まあ、なんや感やで4品ですからね。

全部並べるとなかなか。残念ながら赤ワインは入り切りませんでした笑

ホットサンドのお味もよろしい。お好みでタバスコをかけても良し、です。

IMG_5438-min IMG_5446-min

“ツナとトマトのフィリング”はもう少したっぷり入れてもよかったかな〜。

『ハクメイとミコチ』の料理を再現してみた!~まとめその1~

エピソード収録巻

ライカの1日が描かれる第28話「隣人の朝餉」収録はハクメイとミコチ第5巻!!
ハクメイとミコチ 5巻 (ハルタコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください