「ジブリ飯」『風立ちぬ』より”シベリア”作ってみた!!

「ジブリ飯」『風立ちぬ』より”シベリア”作ってみた!!

>>“私選”定番「ジブリ飯」10選はこれだ!!

『風立ちぬ』に登場する見慣れないお菓子”シベリア”!!

今回は以前再現した“杉屋の鯖の味噌煮定食”“杉屋の肉豆腐定食”に続き見慣れないお菓子”シベリア”を再現してみました。

“シベリア” 『風立ちぬ』より

作中では二郎が会社の帰りに購入しています。

見慣れない形状のお菓子ですが、調べてみたところカステラで羊羹を挟んだ”シベリア”というお菓子であることがわかりました。

最近ではあまり見かけることのないお菓子ですが、昭和初期には”子供達が食べたいお菓子No.1″だったのだそうです(Wikipediaより)。

作中では二郎が子守をしながら親の帰りを待っている幼い姉弟にこのシベリアをあげようとして断られる場面があります。非常に印象的なシーンですね。

“子守の少女とシベリア” 『風立ちぬ』より

二郎としては好意からの行動だったわけですが、この行動は賛否の分かれるところです。この後本庄に”偽善だ”と断じられていますしね。

まあ、本ブログは料理再現が目的なのでこれ以上掘り上げませんが…。

とにかく昔懐かしのお菓子とのことで、祖父母の世代ではよく知られているようです。

一般に男性は甘いものが嫌いだと認識されていますが…。本庄、普通にパクパク食べてますね。

アカデミックの世界では結構甘いものが好きな人間は多く(脳の栄養になるから?)、本庄もそちらの畑の人間ですから、甘いもの好きなのかも。

“シベリアを食べる本庄と二郎 「偽善だ」” 『風立ちぬ』より

時代的にもハイカラなお菓子であるシベリアは、子供だけにとどまらず大人にも人気のあるお菓子だったのかもしれませんね。

ちなみに僕も成人男性ですが、甘いものは大好物です笑(←聞いてない)。

ちなみに、カステラで羊羹を挟むとは言っても、出来上がった状態で挟み込むわけではありません。カステラ生地に直接溶けた状態の羊羹を流し込むのです。というわけで、家で作る場合は羊羹を小豆から作る必要があります。

では作っていきましょうかね。

“杉屋の鯖の味噌煮定食”の材料

<カステラ>

  • 強力粉:100g
  • 卵:5個
  • 三温糖:120g

<羊羹>

  • こしあん:500g
  • 棒寒天:2本
  • グラニュー糖:300g
  • 水飴:50g

“シベリア”を作ってみよう!!

<<

>>まずはカステラから!!型は手作りで!!

なかなか家にカステラ型があるということもないでしょうから、型作りから始めます。

厚紙や広告紙などとアルミホイルを使って型を作りました。

調べてみると新聞紙で型が作れるというサイトがあったのですが、新聞紙だとちょっと匂いが気になった(個人の意見です)ので使用は避けました。

今回作った方の大きさは底面16×16cm、高さ12cmです。

<<

>>卵白と卵黄に分けてメレンゲを作っていきます!!

卵は卵黄と卵白とに分けます。まずはしっかりとメレンゲの角を立てていきます。

卵白はハンドミキサーで泡立てていきます。三温糖を複数回に分けて加えながらしっかりと角が立たせます。

<<

>>卵黄を加えて混ぜます!!

卵黄にはハンドミキサーは強すぎるので、泡立て器で泡立たない程度に攪拌します。

卵黄も複数回に分けてメレンゲに加え泡立て器で満遍なく混ぜ合わせましょう。

<<

>>小麦粉を加えます。

お次は強力粉を入れます。強力粉は事前にふるいにかけておきましょう。

ふるった強力粉を3~4回に分けてメレンゲに加えて、ゴムベラで切るようにして(メレンゲをつぶさないように)満遍なく混ぜます。

これで生地は完成です。お次に焼いていきます。

<<

>>自作の型に生地を流し込んでいきます!!

完成した生地を先ほど自作したカステラ型に流し込んでいきます。

高めの位置から何度か台に落として、空気を抜きます。

こうすることで表面も平らになります。

<<

>>オーブンで焼いていきましょう!!

オーブンは180度に余熱をしておき、約10分焼いていきます。

その後温度を落として140~160度で30~40分ほど焼いていきます。

<<

>>焼き上がれば常温で粗熱をとります!

焼きあがったらオーブンから取り出します。

竹串を刺して生地がくっついて来なくなれば火が通っている証拠です。

ケーキのスポンジ同様、再び高い位置から台の上に落とします。

<<

>>寒天を溶かしていきます。

今回は角寒天を使いました。寒天は事前に水に浸して十分に水分を吸わせておきます。

鍋に水500mlとしっかりと絞った寒天を入れて、火にかけじっくりと溶かしていきます。寒天は比較的溶けにくいのでじっくり丁寧に溶かしていきます。

寒天が確実に溶けきったら、一度濾します。もう一度鍋に戻し、グラニュー糖全量を溶かして煮詰めていきます。

<<

>>こしあんを加えて溶かしていきます。

こしあんを加えて溶かしていきます。僕は自家製のこしあんを使っていますが、市販のものでも大丈夫です(甘さによっては砂糖量を調節した方が良いかも)。

少し火を強めて煮詰めていきます。焦げ付かないように木ベラで練りながら、目安としてはさらさらしていた状態からとろみがついてきたくらいです。

とろみがついたかどうかは木ベラですくってみたりするとよくわかります。意外とさらさらでも冷めるとしっかりと固まるので要注意。

<<

>>カステラ生地に羊羹を流し込みます。

先ほど焼きあがったカステラは薄く4枚にスライスします。使用するのは一番外側の層の2枚です(焼き色のついた部分)。

大きさは流し型に合わせて切っておきます。

一枚を焼き色のついた面を下にして流し型の底に敷き、羊羹を流し込みます。

<<

>>上からもカステラをかぶせます。

今度は上からもカステラを載せます。

カステラが沈むことはあまりないと思いますが、念のため沈まないように注意。

この状態のまま羊羹が固まるまで常温で冷やしておきます。

<<

>>仕上げです!!

羊羹が固まれば仕上げに移ります。

素人仕事ですので、どうしても端の部分はキレイに仕上がりません。こればかりは仕方ない。

なので、四辺とも端の部分は包丁で切り落としてしまってキレイに整形します。よく見ると底の生地の方には羊羹が少しばかり染み込んでしまっていますね。これはどうしようもないので見なかったことにします。

これができれば三角に切れば完成です!!

“シベリア”を作った感想

と、いうわけで今回は『風立ちぬ』から「ジブリ飯」”シベリア”をつくってみました。

出来上がりがこちら!

“シベリア” 『風立ちぬ』より

結構記事が長くなってしまいましたね。さすがに代表的なお菓子であるカステラと練り羊羹の二つを作るとなるとそれなりに手間がかかりますからね。

ただ、うん。なんというか美味しいですね、”シベリア”。何だか懐かしい感じです。いや、食べたことないですし、そんな年でもないのですが…。

昭和初期のことなど何も知らない若造ですが、昔懐かしといった表現が一番ぴったりはまってしまうお菓子です。こういう味を”ハイカラ”というのかしら。

和と洋を無理やり合わせこんじゃいましたとでもいう感じかな。悪い意味ではありませんよ。

ただ個人的には何よりも羊羹が好きな人間ですので、羊羹は羊羹のままでいいかな、とも思ってしまったり。。

>>”杉屋の鯖の味噌煮定食”の再現記事はこちら!!

>>”杉屋の肉豆腐定食”の再現記事はこちら!!

>>ホーム(作品別一覧)はこちら

>>“私選”定番「ジブリ飯」10選はこれだ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください