「ジブリ飯」『魔女の宅急便』より”ニシンとかぼちゃの包み焼き”作ってみた!!

「ジブリ飯」『魔女の宅急便』より”ニシンとかぼちゃの包み焼き”作ってみた!!

>>“私選”定番「ジブリ飯」10選はこれだ!!

私このパイ、キライなのよね!!史上再マズ「ジブリ飯」!??

今回再現した「ジブリ飯」はこちら。

“私このパイ、きらいなのよね”

そうです。魔女の宅急便からおばあさんの得意料理”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”です。実をいうと料理自体はだいぶ前に作ってはいて、記事を書くのをさぼっていただけなのですが…。

“ニシンとかぼちゃのパイ” 『魔女の宅急便』より

さて、こちらのパイ包み焼きもは「ジブリ飯」の中でも知名度トップ争いに食い込むのではないかというほど有名な料理ですね。

とはいうものの残念ながら他の「ジブリ飯」とは異なり、”おいしくない”という不名誉な評価で有名なのですよね。

でも、きちんと作ればきちんと美味しいのです!!

この「ジブリ飯」がおいしくないと言われている原因は幾つか考えられますが、上にも書きました”私このパイ、きらいなのよね“という孫娘のセリフも一つの原因でしょうね。

実際、この孫娘に悪印象を持つ視聴者は少なからずいるそうです(笑)

とはいうものの、この配達はキキにとって初めて”仕事”の厳しさを教わる重要な経験でもあるわけです。

仕事は必ずしも楽しい場面ばかりではありませんし、誰もが好意的であるとも限りませんからね。実際厳しい目で見ると、キキはまだ”仕事”として”宅急便”をする覚悟が足りてないように見えました。

“私 このパイ嫌いなのよね” 『魔女の宅急便』より

とはいえ、孫娘もわざわざ他人である宅急便屋さんの眼の前で文句を言うのは子供っぽすぎると思いますけどね(笑)。まあ、孫娘もまだキキより少し年上というくらいのハイスクールに通うくらいの年頃でしょうし、そんなものかな。

時に、なぜ孫娘はこの料理が嫌いなのでしょう。個人的には料理がおいしくないという理由ではないと思います。おそらく、孫娘がこのパイを嫌った理由としては以下のようなところではないかな。

  • 子供の味覚と大人の味覚の違い。
  • 何度も送られて飽きてしまった。
  • おばあさん自体がちょっと苦手。

上記は正直自分の体験談も含まれた考察です(笑)。

実際、孫娘はいわゆる普通の若い女の子といった感じで描かれていましたし、ものすごく舌が肥えていたり、味覚が大人びていない限り子供の味覚は、野菜より肉、煮物より揚げ物、あんこより生クリーム…etc.なわけです。どれだけ美味しい肉じゃがでも、子供はどうせ同じような材料ならカレーにしてくれよと思うものです(笑)。

大好物でない限り何度も同じ料理が送られてきたりすると飽きますし…。祖母からの贈り物となるとお礼だとかいろいろ面倒ごと(こんなこと言ってはいけないですが笑)が多いので心理的にも嫌になるものです。実際はあまり好物でなくても本人には直接言えなかったりね(笑)。

兎にも角にも、孫娘の言動がこの”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”にネガティブな印象を与えている可能性は十分にあり得るでしょうね。

本当は美味しい”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”!!世間でまずいと言われているのは何故??

とはいうものの、孫娘の言動を除けば、この”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”の作中の描写はどれを取っても美味しそうにしか見えません。

見た目も美味しそうですし、この時だけですが蒔オーブンで焼いてますし。。何よりおばあさんが得意料理と豪語しているくらいですからね。

そもそもおばあさんは得意料理と豪語するほどですから、根本的に”まずい”わけはないのです。そうでなければ、おばあさんがよほどの味音痴か、あるいは自分ではこの料理を口に入れたこともないか、のどちらかしかありえません。

“キキとニシンとかぼちゃの包み焼き” 『魔女の宅急便』より

おばあさんの上品さや、料理好きな感じを見ればこれらの可能性はとてもではありませんが、想像しがたいですね。

少なくとも僕が自分で再現してみたところ、とてもおいしくできました。

それでは何故この”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”は世間でまずい、まずいと評価されているのでしょうか?

個人的には理由として以下の5点がありえそうな気がします。

  • 孫娘の言動
  • 作り方がブラックボックス
  • 馴染みのない食材の組み合わせ
  • 理由不明な”パイにはベシャメル”の先入観
  • スターゲイジーパイ

少し詳しく説明しますと…。一つ目はすでに上記でも書きましたが、孫娘が嫌そうな反応をしていたことがよくない印象を与えているのは確実でしょう。

さらに、作り方が全くわからないことも一つの理由でしょうね。かぼちゃとニシンが使われているのはわかりますが、似たような有名料理が存在しないので調理過程の大部分を作り手が考えて再現しなくてはいけないわけです。

“薪のオーブンの準備をするキキ” 『魔女の宅急便』より

しかもかぼちゃとニシンという馴染みのない組み合わせ。特にニシンは日本ではニシンそばくらいでしか馴染みがないですね(北海道にはニシン漬けがありますが)。生のニシンが手に入れば話は早いのですが、日本では主に干し物(身欠きニシン)でしか手に入らないので、初見では扱うのがやや難しい(戻し方や臭み抜きなど)です。きちんとした処理しなければ臭みが強く食べれたものではありません。他にも酢漬けニシンなどもありますが、これはあまりお勧めできません。

そして、これは幾つかこの「ジブリ飯」を再現しているブログを拝見して思ったのですが、皆さんなぜかそろい踏みで”ベシャメルソースを入れればいけるだろ”みたいな感じでパイを作られていました。魚介のパイ包みにはベシャメルソースを下敷きにしたソースが使われることも多くありますが、それは使う食材との相性が良いからです。必ずしもパイにはベシャメルソースを入れなければならないわけではないのです。

ニシンは調理法によっては乳製品との相性は悪くありません(北欧などでも見かけます)が、特にニシンの臭みがきちんと抜けていない場合は惨劇が引き起こされることになりますので注意です!!

他の理由としては誰が言い出したのかこの”ニシンとかぼちゃのパイ包み焼き”のモデルがイギリスのスターゲイジー・パイ(魚の頭が突き出している衝撃的なパイ)だという流言蜚語の影響もありようですね。そもそも『魔女の宅急便』の舞台はイギリスではありませんし、フィッシュパイであるという以外に何一つ共通点はありません。なんでこんな話が出回っているのでしょうね。

さてと、偉そうに色々書きましたが、僕も料理は素人なので話半分でお願いします(笑)。とりあえず作っていきましょう。

“ニシンとかぼちゃの包み焼き”の材料

  • 折りパイ生地
  • 身欠きニシン
  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • 生クリーム
  • ジュニパーベリー

折りパイ生地は、市販のパイシート(?)でも代用可能です。

“ニシンとかぼちゃの包み焼き”作ってみよう!!

>>ニシンの準備をしましょう。

まずはニシンの下ごしらえからですね。ここ、重要です!!

うちの近所では生のニシンなんてまず手に入ることはない代物です。なので、今回使うのは身欠きニシン(ニシンの干物)です。

良質な身欠きニシンはしっかりと干されていてカチカチですので、水でしっかりと戻す必要があります。その際に、ニシン独特の臭みを除いて柔らかく戻すために、ただの水ではなく糠と昆布を一緒に入れます。米のとぎ汁が使われることが多いですが、僕は糠を溶いた水を使う方をお勧めします。

ニシンの干し具合にもよりますが、今回は丸々2日糠水につけて戻しました。糠水は1晩毎に取り替えます。

ニシンは米のとぎ汁でなく糠水で戻す

<<

>>ニシンをオイル漬けにしておきます。

お次のステップでは、ニシンをオリーブオイルに漬け込んでいきます。ニシンの風味良くして、味を凝縮させる意図があります。

コンフィを作る感覚でディルなどの香草、塩、ブラックペッパーを使って、低温のオリーブオイルでじっくりと煮ていきます。

低温のオイルでじっくりと火を通したおかげか、なかなかの食感。もともとニシンは身がしまっていてかつ身離れが良いお魚なので、とても良い感じです。ふっくらしつつも歯ごたえもあり、旨味も凝縮しており、この時点でとても美味しく仕上がっています。

ついつい、つまみ食いが…いけませんね。次に進みましょう。

ニシンはオイルにつけたまま1~2晩ほど寝かせておくとさらに風味が良くなります。

ニシンをオリーブオイルで香りづけ…

<<

>>かぼちゃは湯がいてマッシュです!!

さて、もう一つの主役のかぼちゃさんの出番です。

かぼちゃはひたひたのお水とともにお鍋に入れて火にかけます。今回はかぼちゃの皮をむかずに使っています。切り方の大きさによって火の通り加減が変わりますので、水の量と火にかける時間とを調整しましょう。

水気がなくなるまで煮詰めたらマッシャーを使ってかぼちゃを粗めのピュレ状にしていきます。完全に滑らかなペーストにしてしまっても良いのですが、粗めの塊が残っている方が食感も楽しくなります。

それに、あくまで”ニシンとかぼちゃ”のパイ包み焼きということで、ニシンとかぼちゃは対等に主役です。かぼちゃの主張も残すという意味でも粗めにとどめました。

かぼちゃを湯がいてマッシュします

<<

>>玉ねぎとニシンを炒めていきます!!

さて、ざっと下準備は終了です。包み焼きのフィリングを作っていきましょう。

味のベースに玉ねぎは欠かせませんので、みじん切りの玉ねぎを用意します。

フライパンに、ニシンを漬け込んでおいたオリーブオイルをたっぷりと敷き、火にかけます。オイルが温まったら、玉ねぎを甘味が出てきつね色になるまで丁寧に炒めていきます。

さらにニシンを加え、さっと炒めあわせます。ニシンには既に火が通っていますし、必要以上に火を入れて硬くなたり身が崩れたりするのも避けたいので、本当にささっとだけ炒めあわせます。どうせこの後オーブンで焼きますしね。。

ニシンと玉ねぎを炒め合わせる

<<

>>かぼちゃを追加しましょう!!

さあ、フィリングを仕上げていきますよ〜。

フライパンを火にかけたまま、炒めあわせた玉ねぎとニシンに先ほどマッシュにしたかぼちゃを加えます。さらに、生クリームを適量加えて、木べらで全体にあえるようにして混ぜていきます。(もちろんニシンの臭みをしっかりと覗いている前提です。)

かぼちゃやニシンの身を崩さないようにやさしく行いましょう。

最後の仕上げに塩で調味します。今回の包み焼きは後がけのソースを使用しませんので、フィリングにしっかりと味をつけておきます。

さて、と。包んでいきましょ。

フィリングの仕上げです!!

<<

>>パイ生地を広げてフィリングを詰めていきます。

今回はパイ生地の作り方は割愛します!記事が無駄に長くなるので。。材料のところにも書きましたが、市販のパイシートでも代用できます。

パイ生地は練りパイではなく折りパイですよ!!

器の大きさに合わせて、麺棒でパイ生地を伸ばしておきます。器の底と側面に薄くバターを塗り伸ばしたパイ生地を敷いたら、先ほど作ったニシンとかぼちゃのフィリングをたっぷりと入れましょう!!

これで調理行程は8割は終了です。ここからは料理技術というよりは、美術の心得が試されます。ちなみに僕の高校での美術の評価は10段階で8 or 9だったはず…。

では行ってみましょう!!

パイ生地にニシンとかぼちゃのフィリングを…。

<<

>>パイ生地にお魚を描いていきましょう!!

さあ、センスが試されますね…。これがこの「ジブリ飯」最大の山場とも言える部分です。

パイ生地を使って生地表面にお魚さんの柄を描いていきます!!

ただ厄介なのは、使っているのは折りパイ生地ですから、失敗は許されないということ。折りパイ生地というのは、バターと小麦の生地が何重にも層となっているものです。なので、練りパイ生地と違って失敗したら練り直せば良いなどということはありません。

というわけで、ペティナイフで生地を魚型に切り出すのはまさに一発勝負!!

背景の長い斜め線、魚の形、魚の模様用の短い縦線、ヒレ、目、口を切り抜かなくてはなりません。まあ、なんとかうまくいったかな。

パイ生地でお魚を描きましょう!

<<

>>オーブンで焼く前のお仕上げ!!

なんとか、うまいことお魚柄を作ることができたので、最後の仕上げです。

オーブンで焼きに入る前に、焼き上がりの照りを付けるための処置をしておきます。

卵黄を水で薄めた卵液をパイ生地の表面に塗り、ジュニパーベリーを飾り付けます。

劇中ではオリーブを使っているように見えますが、サイズが2まわりほど小ぶりで再現していますので、ジュニパーベリーで代用。

あしからず。

正直、味的にはオリーブより相性いいと思いますが…。

オーブン焼き前の最終仕上げ!!

<<

>>オーブンで焼く前のお仕上げ!!

さあ、準備完了です!!いざ、オーブンで焼き上げていきましょう!!

オーブンは余熱で200度にしておきます。

加熱時間は1時間~。まあ、パイ生地の焼き色が良い感じで付いたらokです。

あとはただただ焼き上がるのを待つだけ。。

焼く前はなかなかな出来と自負しますが….。果たして焼き上がりはいかに?? 乞うご期待です。

200度オーブンで1時間~!!

“ニシンとかぼちゃの包み焼き”作った感想!!

さて、今回は『魔女の宅急便』より”最マズ”と評判高い「ジブリ飯」”ニシンとかぼちゃの包み焼き”をつくってみました。

パイの焼き上がりはこちらの通り!!なかなかよろしいのではないでしょうか。

“ニシンとかぼちゃの包み焼き” 映画『魔女の宅急便』より

いい焼き色に仕上がりましたし、お味の方もなかなかよろしい。

というか、普通に美味しいですよ、”ニシンとかぼちゃの包み焼き”!!

かぼちゃもニシンもホクホクですし、かぼちゃの甘みとニシンの塩みの相性もいいです。

あ、あとジュニパーベリーも予想以上に良い仕事をしてくれました。

それにしてもおいしくないと言っている人たちは本当に作って食べたのでしょうかねぇ??

ちなみに断面はこちら。サクサクの生地に焼き上がりました。

“ニシンとかぼちゃの包み焼き”の断面

それにしても、この表面に描かれた魚はなんだったのでしょうね。再現中はうまく作れるかに集中して気付きませんでしたが、この魚はニシンではありませんよね(笑)。

この背中からの腹に向けての縦柄はむしろヤマメとかですよねぇ(笑)。まあ、細かいことは言いっこなしですね。

とりあえず、個人的には出来はなかなか良かったと思っているのですが、どうなのでしょう。人の味覚は色々ですからね。

個人的満足にとどめておくのが無難ですかね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください