「ジブリ飯」 『もののけ姫』 “ジコ坊の特製鉄鍋粥”作ってみた!!

「ジブリ飯」 『もののけ姫』 “ジコ坊の特製鉄鍋粥”作ってみた!!

>>“私選”定番「ジブリ飯」10選はこれだ!!

最新再現「マンガ飯」

“小泉さんのぶっかけラーメン3種”

『ラーメン大好き小泉さん』

”ニシンとかぼちゃの包み焼き”

『魔女の宅急便』

“シルキー作チセ用サンドイッチ”

『魔法使いの嫁』

”シルキーのトマトと鶏肉のオーブン焼き”。

『魔法使いの嫁』「星待つひと 前編」

”ホットサンドメーカー焼き豚まん”

『ゆるキャン△』

“謎の肉カップ麺”

『ホクサイと飯さえあれば』

”ベーコンonパンケーキ”

『魔法使いの嫁』

“卵焼き卵サンド”

『ホクサイと飯さえあれば』

”すーちゃんのためのフルーツサンド”

『舞妓さんちのまかないさん』

”ポテトパンケーキ”

『幼女戦記食堂』

”ライン戦線の芋~ローズマリー風味~”

『幼女戦記』

”タコライス夏の陣”

『ホクサイと飯さえあれば』

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アシタカとジコ坊の食事シーン

僕はジブリ作品において食事シーンが非常に重要な役割を果たしている(食事シーン=物語の鍵を握る重要シーン)と勝手に解釈しているわけですが…。

スクリーンショット 2018-05-30 6.27.14
粥を囲むアシタカとジコ坊 映画『もののけ姫』より

『もののけ姫』でも、食事シーンが結構重要な場面になっていますね。アシタカが里を旅立って、はじめて(?)たどり着いた街で作中重要人物のひとり”ジコ坊”と出会います。そして、その晩に食をともにしたアシタカとジコ坊は物語の核心に迫る話をするわけですね。

つまり、アシタカは祟り神に打ち込まれた石火矢の弾のことをジコ坊に尋ねるわけですが、このことがこの後のアシタカの進む道を決めることとなります。結構な重要シーンです。

ちなみに、このシーンが『シュナの旅』の1シーン(謎の老人にナンを振る舞い”神人の国”の存在を知る)と重なったのは僕だけでしょうか。。

スクリーンショット 2018-03-19 20.40.18-min
『シュナの旅』宮崎駿 (アニメージュ文庫)より引用

『シュナの旅』でも、主人公のシュナが食べ物を老人に与える代わりに「神人の土地」についての情報をもらいます。

『もののけ姫』のアシタカ同様、シュナも進む道を示されるわけです。なので、この老人との食事のシーンは主人公シュナにとって非常に重要なシーンとなっています。

<<

洞窟での晩御飯

で、まあその際に2人が食べていた食事。相変わらずジブリ作品の食事シーンはとても美味しそうですよね。

スクリーンショット 2018-03-12 4.13.34-min
粥を書き込むジコ坊 映画『もののけ姫』より

安物っぽい丼で行儀悪く食べるジコ坊。そもそもアシタカの食料をなんの遠慮もなくアシタカ数倍食べている様が図々しさを超えて、ある種感嘆を覚えるほどです笑

“そなたの米だ。どんどん食え。”

って、それあんたのセリフじゃないだろ!!と、心の中で突っ込みましたよね。

この直後、アシタカの出した石火矢の球をジコ坊が直に箸で掴んだところは、当時子供心に”このおじさん、相当に育ちが悪いな”なんて思ったものです(笑)。ただ、この汚くも(?)素晴らしい食べっぷりが、何故か見ている側には一層美味しそうだと感じさせるんですよねぇ。。不思議です。。

一方でアシタカは上等な器で非常に行儀良く食べています。ここでの二人の描写がなんとも対比的です。こういう細かい所作の一つ一つでキャラクターを立たせるところが、すごいですよねぇ。

スクリーンショット 2018-03-12 4.13.02-min
粥を食べるアシタカ 映画『もののけ姫』より

アシタカの後ろでは、ヤックルが草をはむはむしてます。ちゃんとヤックルの食事も描写しているあたりはさすがに芸が細かい。

『もののけ姫』はヤックルなしでは語れませんよね。森を恐れ、森とともに生きれなかった人間を尻目に、いとも簡単に (?)モロの子供たちと種を超えてわかり合うという…。というか、いつの間にこんなに仲良くなったんだ?

ヤックルの立ち位置は、アシタカ側、つまり人間側ですから、ヤックルとモロの子がお互いを舐め合うこの描写は何かしらのメタファーなのかな。。

スクリーンショット 2018-03-19 18.54.47-min
ヤックルとモロの子 映画『もののけ姫』より

正直、モロの子がイノシシの死骸の底から這い出してきたところに、ヤックルさんが足を引きずりながらもやってきたシーンはなぜか涙腺が…。もはや終盤は”主”クラスの風格がありましたね。

話が逸れました。。

<<

ジコ坊の鉄鍋料理。”とっておき”はお味噌??

では、本題です。アシタカとジコ坊の食べていたものがなんなのか…ということですね。

スクリーンショット 2018-03-12 4.09.50-min
ジコ坊のお手製鉄鍋料理 映画『もののけ姫』より

ジコ坊が背負っていた鉄鍋で作られたこの料理。そもそも食材も限られ、十分な調理設備もない状況では、作れる料理は限られてきます。

ジコ坊の” そなたの米だ。どんどん食え “との発言からも、米を鉄釜で煮込んだ料理であるのは確実だと考えられます。

ここは素直に”お粥”と考えて間違いないでしょう。

さて、問題はここからです。議論になるのはこの”鉄鍋粥”の材料です。粥に入れる穀類は、ジコ坊の発言から直前にアシタカが購入した米で問題ありませんが…。

米が煮上がったあたりで、ジコ坊が荷物の中からとっておきとばかりに竹の皮(?)に包まれたものを取り出します。このジコ坊の”とっておき”はなんでしょうか??

スクリーンショット 2018-03-12 4.11.44-min
ジコ坊のとっておき。正体は…??

もったいぶるのもなんなので早速結論を書くと、色、形状など諸々の描写から、おそらく”味噌”だと思われます。味噌なら保存もききますし、旅荷に入れてあっても不思議はありません。

それに調理の最後の段階に入れていることは、味付けをするための調味料的であると考えられますし。

というわけで、ジコ坊の”とっておき”は”お味噌”ということで決定!!

では、材料も判明したし、いざ調理開始!!…と、はいかないのです。実はもう一つ考えなくてはいけない事が残っています。

そうです。それは粥の中に入っている”野菜”らしきものです。

粥の中の”野菜らしきもの”の正体は野草!!?

さて、これが一番の問題です。一体何の野菜なのでしょうか。結論から言うと、僕の予想ではこれは“野草”だと思っています。

スクリーンショット 2018-03-19 19.14.45
“ジコ坊のお粥の中に野菜らしきものが…” 映画『もののけ姫』より

まず、アシタカは蚤の市(というより、里を出てから)で米以外のものを何も購入していません。これは米を買う際の砂金が波乱を呼んだことからも自明ですね。米を買った後は、他のものを買うこともなく市場を去り悪漢に襲われていますし、仮に米より前に何か別のものを買っていたら、その際に既に砂金云々の一悶着があったはずです。

ジコ坊についても、蚤の市で野菜類を購入しているとは考えにくいです。アシタカに米をたかっていますし、そもそも旅をする人間が、日持ちもせず嵩張る野菜類を持ち運んでいるというのは現実的ではない気がします。

そんなわけで、”野草”だろうと考えたわけですが、実は意外と日本には“食べられる野草”というのは多く存在します。

この蚤の市はアシタカの旅の最序盤ですので、東北地方(アシタカは蝦夷)周辺でしょう。東北地方に生息している食べられる野草といえば”よもぎ”や”菊”ですね!!

スクリーンショット 2018-03-12 4.15.45-min-1
“市場で食事をするジコ坊” 映画『もののけ姫』より

よもぎはアイヌの人々の民間治療法として使われていましたし、菊に関しては現在も”食用菊”は東北地方の特産です。もちろんどちらも全国的に生息していますが…。

ともかく、よもぎや菊には様々な薬効もある上、独特の苦味が味噌とも相性が良いです。この辺りからも、以外と妥当な推測なんじゃないかと…。もしかするとジコ坊が一度味を見てから味噌を加えたのは、この苦味を抑えるためだったのかも…なんて。

と、いうわけで最後の材料”野菜らしきもの”は、”キク科の野草”ということで決定!!

初めは”よもぎ”を使おうと思っていたのですが、生のよもぎがなかなか手に入らない(自分で摘めば良いのかも)ので、今回は近くのデパ地下で購入した”菊葉”を使用してみました。

“ジコ坊の特製鉄鍋粥”の材料

以上より、今回使う材料は以下の通りです。

 ・米:1合
 ・味噌:ひとすくい
 ・菊葉:4枚
 ・水:800mlくらい

ちなみに、”菊葉”というのはやや馴染みのない食材かもしれませんが、その名の通り”菊の葉”です。春菊こと”菊菜”とは別物ですのでご注意を。。

“ジコ坊の特製鉄鍋粥”を作ってみよう!!

>>鉄鍋の準備とお米の準備

では、作っていきましょう。

鉄鍋にお水とお米を入れて準備完了!!

残念ながらうちには鉄釜がないので鉄鍋を使います。何年か前に奮発して買った南部鉄器のお鍋です。

『ゴールデンカムイ』の”イチャニウのオハウ”の再現時にも使ったものです。鉄鍋は良いですよ〜。

さて、ではお米の準備。おそらく作中では米研ぎもしていないでしょうが、一応ホコリ取りなどのために軽くだけは洗っておきます。お米とお水を土鍋に入れて火にかけます。

<<

>>蓋をしてじっくりと煮込んでいきましょう!!

では、お米をじっくりと煮ていきます。

じっくり弱火で30~40分。

はじめにさっとだけお米を攪拌してなじませたら、あとは極力米を混ぜないようにします。

水が沸騰したら弱火にして蓋をし、そのまま米が柔らかくなるまで煮ていきます。

時間としては30~40分くらい火にかけておけばよいでしょう。まあ、お好みの硬さで…。

<<

>>菊葉の準備をしましょう!!

こちら↓が”菊葉”です。あまり見慣れない野菜でしょうか。

これが菊葉だ!!

実はこの”菊葉”は苦味が強いので食用というよりは飾り用として使われる方が多いようです。

全然普通に食べられますけどね。今回使うわけだし…。

生では少し硬いですけど、火を通せば普通に食べれます。天ぷらとかにしても美味しいです。

菊葉の茎の部分をのぞいて細切りにします。上記の通り苦味が強めなので、あまり大量には入れないようにしました。お米1合に4枚だけ。

<<

>>菊葉と味噌を加えて仕上げます!!

ご飯が煮えてきたら蓋を取って、菊葉を加えます。

お味噌を加えて仕上げ!!

菊葉は火を通しすぎると変色するので適当なタイミングで…。

好みの硬さと水加減のお粥が出来上がれば、最後に味噌を溶けば出来上がりです。

お味噌を入れる前に、軽く塩を振っておいても良いかもしれません。

お味噌は、作中に倣ってすらずにそのまま投入します。お汁物と違いやや味噌が解けにくいですが、ムラができて面白い仕上がりになりました。ちなみに味噌は自家製です。

あとは器に盛り付ければ出来上がり!!

 <<

ジブリ飯”ジコ坊のお粥”を作った感想

おさじではなく、アシタカやジコ坊に倣ってお箸で一気にかきこんでみましょう!!

『もののけ姫』ジコ坊のお粥

はい、というわけで今回再現してみた「ジブリ飯」は『もののけ姫』からジコ坊がアシタカに作った夕食でした。

いろいろと考えた結果、料理としては”味噌”と”菊葉”で仕上げた”お粥”ということで決定。

“ジコ坊の特性鉄鍋粥”と題して作ってみました。

毎回材料の推測など難しくも色々と楽しみどころの多い「ジブリ飯」ですが、今回もあれやこれやと無駄に頭をひねって十分に満喫しました(笑)。何を無駄なことを…と言われる部分ですが、こういう部分が楽しいのですね(笑笑)。

鉄釜が揃えられなかったのは残念ですが、これは仕方ないですね笑

ちなみに、類似性について言及した宮崎監督著の『シュナの旅』でも同一の形状の釜が描かれています。

スクリーンショット 2018-03-19 20.40.07-min
『シュナの旅』宮崎駿 (アニメージュ文庫)より

この形状の鉄釜は宮崎監督のオリジナルなのだろうか??それとも何処かの国の食器なのだろうか??

ジブリ映画に出てくるものは小道具なども含め、それ単体でもなんとなくジブリ作品らしさが伝わってくるのが不思議ですよね。

さて、次はどの作品のどんな「ジブリ飯」を再現してやろうかしら…。

>>“私選”定番「ジブリ飯」10選はこれだ!!

「ジブリ飯」 『もののけ姫』 “ジコ坊の特製鉄鍋粥”作ってみた!!” に4件のコメント

    1. あ、たしかに言われてみればそんな感じですね。ちょっとスッキリしました笑

  1. 当時の味噌って米よりはるかに希少で、当然ながら数段値も張るので、そんな味噌を提供したうえで調理までしたジコ坊の方がアシタカより多く食べるのもそこまで理不尽ではないかなと思います。(もっとも、ここで表したかったのは二人の性格の違いだと思いますが)

    1. おっしゃる通りです。僕もそう思います。
      うまいこと両者の性格の対比が本当にうまくなされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください