“空腹虫(ハングリーバグ)の水ギョーザと大盛りチャーハン”作ってみた!『ドロヘドロ』第12集「魔のおまけ」より。。

“空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”作ってみた!『ドロヘドロ』より。。

カイマン大満足”空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”!!

またまた『ドロヘドロ』から餃子料理です。以前再現してみた“空腹虫のまかないギョーザバーグ丼”に引き続き、今回は『ドロヘドロ』12巻の「魔のおまけ」より”空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”を再現してみました。

以前作った”空腹虫のまかないギョーザバーグ丼”はこちら

“空腹虫のまかないギョーザバーグ丼”作ってみた!『ドロヘドロ』第8集「魔のおまけ」より。

“空腹虫(ハングリーバグ)”の”水ギョーザ”は、ニカイドウが店の掃除と引き換えにカイマンに作ってやったまかないです。

2018-02-25 13.44.25-min
『ドロヘドロ』林田球 第12巻「魔のおまけ」より引用

ちなみに、第12巻の「魔のおまけ」は、空腹虫(ハングリーバグ)が強盗に襲われる内容です。

ギョーザ男の活躍で、なんとか事なきを得ますが、ギョーザ男は名誉の負傷(実は単に転んだだけ)で、腹から具が出るという重傷を!!

スクリーンショット 2018-02-25 16.52.23-min
『ドロヘドロ』林田球 第12巻「魔のおまけ」より引用

そういえばこれ以降、ギョーザ男が登場していない気がする!!

そんなこんなで、幕間の「魔のおまけ」では毎巻なかなかほのぼのとした短編が繰り広げられるわけですが、ニカイドウも本編では悪魔化したり、魔法を使い果たしたりとなかなかの大忙しです。

本編(22巻現在)は、“ホール君”の顕現に始まり、チダルマによる悪魔解体カイマンの完全復活&魔法使い化、そして…ニカイドウの死と、盛りだくさんの展開で徐々に物語が終幕に近づいているような気もしますが…。果たしてこの先どんな展開が待ち受けているのか。。

それはまだ……混沌の中。それが……ドロヘドロ!!

ま、とりあえずそれは置いておいて、”空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”を作っていくことにしましょうか。。

“空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”の作り方!!

空腹虫(ハングリーバグ)のまかない水ギョーザの作り方は簡単です。

ギョーザを鍋で湯がいている間に、別の鍋でつけダレというか、スープを作り…。

茹で上がったギョーザにぶっかける!!

2018-02-25 13.44.14-min
『ドロヘドロ』林田球 第12巻「魔のおまけ」より引用

ギョーザ男には”なんと雑な料理だ”と言われていますが笑

それから、大量のチャーハン。こちらはこれといった記述がないので勝手に解釈します。

2018-02-25 13.43.58-min
『ドロヘドロ』林田球 第12巻「魔のおまけ」より引用

まあ、まかないですし、贅沢な食材は使われていないでしょうから、基本は卵とご飯。ただ描写的には具が2、3種類ほど入っている印象です。白いのと色付きのが。

まあ、空腹虫(ハングリーバグ)は豚を丸ごと仕入れているし、ラーメンなどのメニューも充実している定食屋ですからチャーシューくらいあるでしょう。

スクリーンショット 2018-02-25 18.07.42-min
『ドロヘドロ』林田球 魔の2「ハングリーバグ」より引用

ニカイドウの仕入れ方斬新すぎです。かっこいい。。

というわけで、今回はネギとピーマン、そしてチャーシューを使ったチャーハンを作ってみました。

“空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”の材料

<大葉餃子>
 ・餃子の皮(水餃子用)
  >>“水餃子の皮”の作り方はこちら
 ・基本の餃子餡
  >>“基本の餃子餡”の作り方はこちら
 ・大葉

<水餃子のタレ>
 ・ネギ
 ・にんにく
 ・ラー油
 ・黒酢
 ・醤油
 ・鶏がらスープ

<チャーハン>
 ・白米
 ・卵
 ・自家製チャーシュー
  >>“自家製チャーシュー”の作り方はこちら
 ・ピーマン
 ・ネギ

“空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”作ってみよう!!

まずは餃子の準備ですね。餃子の皮と餡の作り方は別記事にまとめています。ご参考までに。

>>水餃子の皮の作り方

>>基本の餃子餡 作り方と包み方

さて、空腹虫(ハングリーバグ)の大葉餃子は、手作り餃子皮に大葉をまるまる一枚使います。さらに餡にもたっぷりと大葉が入ります。

IMG_4953-min IMG_4958-min

詳しくは“空腹虫の大葉餃子”作ってみた!!をご参照ください。

“空腹虫の大葉ギョーザ”作ってみた!『ドロヘドロ』より。。

次に水餃子のタレを作ります。作中の記載に従い、ネギとにんにくはみじん切りにし、鍋には多めのラー油と黒酢、醤油に鶏がらスープを混ぜたものを煮立たせます。

IMG_5016-min IMG_5018-min

鍋が煮立てば、みじん切りにしたネギとにんにくを加えて軽く火を通したら、煮詰まる前にコンロからおろしておきましょう。これでタレは完成です。

IMG_5025-min IMG_5028-min

並行して別の鍋にお湯を沸かし、沸騰したら餃子を入れます。今回は全部で10個湯がきました。火が通ったら、お湯をきって器に盛ります。今回は炒飯も一緒に作るので、完成直前までお湯の中に入れて温めておきます。

IMG_5049-min IMG_5055-min

一方、チャーハンですが、上記の通りネギ、ピーマン、チャーシューを使います。全て同じくらいの大きさのみじん切りにします。中華鍋ラードを少し(チャーシューを加えるので控えめに)加えて熱し、鍋をなじませます。鍋が馴染んだら、まずはチャーシューから入れて脂を溶け出させ、その後ピーマンネギを加えて炒めます。

自家製チャーシューの作り方はこちらをご参考に!!

意外と簡単”自家製チャーシュー”の作り方

IMG_5017-min IMG_5023-min

野菜に火が通れば、一度別のお皿に取り出し、改めて鍋にラードを敷きます。鍋が十分温まれば、溶き卵を加え、おたまで軽くかき混ぜつつ火を通します。火を通しすぎないように注意!!

IMG_5033-min IMG_5034-min

卵が半熟ちょい手前くらいになれば、白米を加えます。“基本のチャーハンの作り方”の要領で卵炒飯を作っていきましょう。

IMG_5042-min IMG_5046-min

卵炒飯が完成したら、先ほどよけておいた炒め物を加え、鍋を振ってさらに混ぜ合わせます。味が足りなければ、塩で調味してチャーハンも完成です。

IMG_5047-min IMG_5048-min

食べる直前に、再び餃子のタレを温めて、お湯からあげた水餃子の上に”ぶっかけ”ます!!これで、水餃子も完成!!

IMG_5056-min IMG_5057-min

そんなわけで、”空腹虫(ハングリーバグ)の水ギョーザと大盛りチャーハン”の出来上がりです。写真だとそんなにわからないですけど、チャーハンめちゃめちゃ大盛りです。

IMG_5062-min IMG_5060-min

それではいただきます。

って、まあ当然こんな量のチャーハン食べきれるわけないので、半分は翌日のお昼ご飯に回されましたとさ笑

IMG_5068-min

“空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”の作ってみた感想

さてさて、”空腹虫のまかないギョーザバーグ丼”に続いて”空腹虫の水ギョーザと大盛りチャーハン”を作ってみました。

水餃子といえば、水切りした上で酢醤油、あるいは自家製ポン酢につけて食べる、あるいは中華風のスープのように仕立てて食べるものが定番でした。

しかし、こういった食べ方もなかなかいいですね。今回の”空腹虫の水ギョーザ”は、タレとスープの中間のような感じでした。なによりも、黒酢とニンニク&ねぎの薬味が絶妙な味わいでした。

これはもう一度作りたくなるメニューです!!

餃子推しの”異端”な魔法使いダークファンタジー!!『ドロヘドロ』の餃子料理3種は旨いのか。それはまだ……混沌の中。それが……ドロヘドロ!

ドロヘドロ 12 (BIC COMICS IKKI)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください