“多幸うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より。。

“多幸うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

『幸せなご縁が太く長く繋がりますように』”多幸うどん”!!

今回再現したのは『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より”多幸うどん”をつくってみました。

“タコの唐揚げと鮎美” 『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より

今回は山ご飯ではありませんが、またまた簡単旨飯です!!

実は今回のお話は、かなりのビッグニュースから始まります!

なんと、無口な瀧さんが入籍したのです。

後輩の衝撃のニュースに小松原鯉子が、鮎美を道連れにして山コンに参加することに!!

山コン当日の朝に”良縁”を願って鮎美が作ったのが”タコうどん”ならぬ、多くの幸せ”多幸うどん”!!

ただね、使う食材は昨日の残り物、しかもスーパーで買ったお惣菜。

幸せを願うには、あまりに…手抜き。。

けれど、まあ、結局色恋のご縁はなかったようですが、良い出会いはあった模様。

では簡単につくり方をまとめてみましょう。

“多幸うどん”の作り方!概要!!

“タコのから揚げをオン・ザ・うどん” 『山と食欲と私』第42話「気合の多幸うどん」より

まとめるというまでもないですが…。

鮎美の言を引くと

“タコの唐揚げをオン・ザ・うどん”

…だけ。。

…。…。

うむ、これだけではあまりにもあまり…なので。絵から他の食材を想定しましょう。

うん、かまぼことネギかな。すぐわかるわっ。

じゃあ、もう始めますか。。

 

 

[amazonjs asin=”4107719634″ locale=”JP” title=”山と食欲と私 4 (BUNCH COMICS)”]

“多幸うどん”の材料

 ・うどん
 ・蛸の唐揚げ(スーパーのお惣菜可)
 ・葱
 ・かまぼこ
 ・出汁(一番出汁カツオ強め)
 ・塩
 ・醤油

“多幸うどん”作ってみよう!!

では、実際に作っていきましょう。

あっ、ちなみに今回はタコの唐揚げ作り&出汁取りは家の台所で、その後の工程は大学の研究室で行いました。

家の冷蔵庫に材料がなかったのでね。。登校途中に材料を買って、研究室のカセットコンロで朝ごはんを仕上げたという次第です。

>>タコのから揚げを作ります。

タコに小麦粉をまぶす。

では、タコのから揚げ作りから始めましょう。

せっかくなので鮎美に倣って、スーパーのお惣菜コーナーでタコの唐揚げを買って使ってみても良かったのですけれど…。

今回、唐揚げは自分で作ります。

タコはボイル刺身用を買ってきました。

まあ、大抵の場合はタコはボイルで売られてますか…。

タコは一口大に切って、軽く塩を振ってから小麦粉をまぶします。全体に満遍なく絡むように揉み込みます。

 

タコを油で揚げていく

油を火にかけて十分に温まれば、タコを揚げていきます。

今回は、すでにボイルされたタコを使っているので、初めから高めの温度で短時間で揚げてしまいます(二度揚げ不要)。

タコを揚げる際には、余計な小麦粉をしっかりとはたいてから揚げます。

余計な小麦粉が多いと、揚げ油が悪くなりやすいので注意!

 

 

 

揚がったタコの唐揚げ

さっくり、カリッと揚がれば成功です。

今回はなかなかうまいこと揚がりましたね。

揚げた後はキッチンペーパーなどに取り、きちんと余計な油を除きます。

ここまでは家の台所での作業です。出来上がったタコの唐揚げと乾麺、出汁を持って大学へ登校します(笑)。

 

 

>>ネギとかまぼこの準備をする

ネギ&かまぼこ

ネギとかまぼこは家の冷蔵庫に備えがなかったので、大学への登校途中に早朝から開いているスーパーに寄って手に入れました。

ネギはすでに輪切りにされているタイプのものを購入したので、そのまま使います。

いちいち九条ネギなのがさすがは京都ですね(笑)。

かまぼこは薄切りにして3切れ用意します。

>>うどんつゆのおつゆを作り、麺を湯がきます。

うどんのおつゆを作る。

うどんの出汁は家から持ってきた一番出汁をベースにして、薄口しょうゆのみで調味します。

タコのから揚げとかまぼこに塩気があるので、お塩は使いませんでした。

具材が油ものなので、味付け自体も薄めにしてあります。

並行して、うどんを湯がきます。今回は生のうどんではなく乾麺を使用しました。うどんがゆで上がれば後は盛り付けだけ、いざ盛り付けていきましょう。

 

>>盛り付けをしましょう。

1.茹で上がったうどんを丼に入れる。
2.うどんのおつゆを注ぐ。
3.かまぼこを3枚のせる。
4.九条ネギはたっぷり!!
5.最後にタコのから揚げを乗せて完成!!

はい、出来上がり!!簡単でした!!

“多幸うどん”を作った感想

なんでかなぁ。

揚げ物と出汁って本当によく合いますよねぇ。

タコもから揚げにするとさらに味が凝縮するように思います。

残り物(今回は作りたてだけど)のお惣菜で簡単にできてしまうのに間違いない美味しさですね。

それにしても毎話のことですけれど、鮎美はなかなかに女子力(?)が高いですね。

食材を無駄なくうまいこと使いまわしてます(笑)。

エピソード収録巻

[amazonjs asin=”4107719634″ locale=”JP” title=”山と食欲と私 4 (BUNCH COMICS)”]

“豪快オイルサーディン丼”作ってみた!!『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より。。

“豪快オイルサーディン丼”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

鮎美の「メスティン飯炊き唄」と”豪快オイルサーディン丼”!!

今回は『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より”豪快オイルサーディン丼”を作ってみました!!


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

スウェーデントランギア社製の飯ごう「メスティン」を使って炊き上げた白ご飯にオイルサーディンをたっぷりと乗せることで、豪快に仕上げる”豪快オイルサーディン丼”!!


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

作中でも触れられている通り、飯ごう炊飯における2大ポイントは「火加減」と「加熱時間」です。

炊飯といえば日本には昔ながらの有名な「飯炊き唄」が存在します。「はじめチョロチョロ~」のやつですね。

ただこの「飯炊き唄」に実用性を感じられなかった鮎美はメスティン用に自作の「飯炊き唄」を披露しています。

鮎美が編み出したメスティン用の「飯炊き唄」は…

「はじめマックス ププッと吹いたら グッとこらえて15分」


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

「まもなくチリチリおどろいて 火から飛び降り10分ムラムラ」

時間の要素を入れているせいかなんとなく収まりがよろしくないですが(笑)、実用性は十分な「飯炊き唄」です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

相変わらず、良い表情!!

これは試さずにはいられない!

[amazonjs asin=”4107718859″ locale=”JP” title=”山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)”]

“豪快オイルサーディン丼”の材料

 ・米:1合
 ・水:適量
 ・レタス(新鮮なもの):1枚
 ・オイルサーディン:たっぷり(6匹分くらい)
 ・醤油:適量

山ご飯”豪快オイルサーディン丼”の作り方!

今回も山ご飯ですので、簡単お手軽です。

使う器具もメスティンだけ。材料は上にまとめた通りです。

作り方は、メスティンでお米を炊いて、炊き上がったらトッピングするだけ。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

メスティンでのお米の炊き方は、基本的には上述の鮎美の「飯炊き唄」に準じれば良いのですが、お米とお水の分量についてはお米1合に対して、お水がメスティンの内部の”ぽちぽち”の真ん中までの量です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

炊き始めて一度吹いてから(「はじめマックスププッと吹いたら」)弱火にしたら、蓋の上に重しをのせておく必要があります。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

炊いたご飯の1/3量はおにぎりにして、残りのご飯の上にちぎったレタスと温めておいたオイルサーディンを乗せればほぼ完成です。


『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より引用

最後にお醤油を回しかければ”豪快オイルサーディン丼”の出来上がり。

では、作っていきましょう!!

“豪快オイルサーディン丼”を作ってみよう!!

まずお米を炊いていきましょう!

メスティンに洗った生米一合を加え、メスティンの内側の”ぽちぽち”の真ん中くらいの高さまでお水を注ぎます。

では、せっかくなので鮎美のメスティン用「飯炊き唄」に倣ってお米を炊いていきましょう!!

1.「はじめマックス」

お米とお水を入れたメスティンを強火にかけます。

2.「ププッと吹いたらグッとこらえて15分 

沸騰して一度吹いたら、火力を弱めて約15分弱火にかけます。この時蓋の上に重りを置いておくと宜しいです。

3.「まもなくチリチリおどろいて

15分ほど炊いて中の水気がなくなればチリチリという音が鳴り始めるので、それを合図に火を止めます。

4.「火から飛び降り10分ムラムラ」

最後にメスティンをタオルで包んでコンロから降ろし、上下逆さまにしてそのまま約10分蒸らしておきます。

さて、蒸らし時間が過ぎれば中の様子を見てみましょう!

うむ、良い感じで炊けていますね。メスティン、グッジョブ!!

今回は炊き上がったご飯の2/3だけを使うので残りの1/3は作中に倣いおにぎりにします。

ただせっかくなので、おにぎりはもう一品『山と食欲と私』の再現山ご飯”即席さけ雑炊”を作る用に鮭おにぎりにしてしまいました。

鮭おにぎりの結末は、別記事で…。

“即席さけ雑炊”作ってみた!!『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より。。

さて、残りの2/3のご飯はしゃもじで十分にほぐしてならしておきます。

ここでオイルサーディンの登場!!

今回はタイミングよく冷蔵庫に自家製オイルサーディンがあったので、缶詰ではなくこちらを使用します。

では、チャチャッと仕上げていきましょう。

新鮮なレタスを水で洗ってちぎり、ご飯の上にのせます。

さらにその上にオイルサーディンをたっぷりとのせます。

漬けオイルもたっぷりと入れてしまいましょう!!

これで、ほとんど出来上がりです!

最後の仕上げにお醤油を回しかければ…

“豪快オイルサーディン丼”の出来上がりです!!

うむ、おいしそうだ。見栄えがするな〜。

“豪快オイルサーディン丼”を作った感想

これは美味しいっ!

オリーブオイルとお醤油って思ってた以上によく合うのですね。めちゃめちゃ箸が進みます!!

ただオイルたっぷりなのでお米がサラサラしてしまうのですけど、メスティンはかきこむには適してないのですよねぇ。まあ、スプーンで食べれば何の問題もない!

メスティンでの炊飯もなかなかうまいこと行ったし。。メスティン、ホンマにグッジョブやで。

鮎美のメスティン用の「飯炊き唄」にメロディをつけるのは至難でしょうが、なかなか楽しい調理でした笑

[amazonjs asin=”B01DP2X6UU” locale=”JP” title=”山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)”]



“即席さけ雑炊”作ってみた!!『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より。。

“即席さけ雑炊”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

不屈!”にんにくネギ味噌さけ雑炊”!!

今回再現してみたのは『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より”即席酒雑炊”です。


『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より引用

実は今回主人公の日々野鮎美は山頂までの道半ばで、登山道を見失ってしまいます。あわや遭難となるかと思われた鮎美でしたが…。

そんな時に、自分を奮い立たせるために作ったのがこの”秋鮭と不意に出会ったにんにくネギ味噌の驚きあふれる香りが不屈の闘志を揺さぶり起こす 即席さけ雑炊”というわけです。


『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より引用

行動食用の”鮭おにぎり”と自家製の”にんにくネギ味噌”をクッカーで合わせて作る即席のお雑炊です!!

ちなみに、迷った上にお箸も忘れ散々な鮎美は、お箸代わりに落ちていた木の枝を洗って使用しています笑


『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より引用

雑炊を食べて落ち着きと元気を取り戻した鮎美は、最終的には無事下山することができました笑

とはいえ、一歩間違えれば危なかったという漠然とした恐怖感は少しの間だけ(次の話まで)鮎美の心の中に残ります。

まあ、詳しくは『山と食欲と私』第1巻をご参照のほど…。

[amazonjs asin=”4107718859″ locale=”JP” title=”山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)”]

“にんにくネギ味噌さけ雑炊”の材料

 ・さけのおにぎり:1個
 ・水:適量
 ・にんにくネギ味噌:適量
 ・にんにく:適量
 ・ネギ:適量
 ・味噌:適量
 ・だしの素:適量

山ご飯”即席さけ雑炊”の作り方!

今回の山ご飯もお手軽簡単料理です!

実際に作る前に、一通りの手順を確認しておきましょう。

必要な器材はクッカーのみ!!食材は上記の通りです。

手順としてはクッカーに鮭おにぎりを入れ、適度に水を加えて火にかけます。


『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より引用

さらに自家製にんにくネギ味噌も適量入れて、お箸(作中ではお箸の代わりに木の枝を使っていますが…笑)でおにぎりと一緒に十分良くほぐします。


『山と食欲と私』第5話「不屈のにんにくネギ味噌さけ雑炊」より引用

蓋をしてしばし待てば、あら簡単。

“即席さけ雑炊”の完成です!

では、作っていきましょう!!

“即席さけ雑炊”を作ってみよう!!

さて、今回のおにぎり用のご飯は同時に作った“豪快オイルサーディン丼”用にメスティンで炊いた白ご飯の1/3量を使い回しています。

メスティンを使った炊飯の詳細については”豪快オイルサーディン丼”の再現記事を参照ください。

“豪快オイルサーディン丼”作ってみた!!『山と食欲と私』第11話「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」より。。

ご飯を炊いている間に、おにぎりの具材にする鮭を焼いておきます。

今回は脂たっぷりのハラスを使用しました!!

炊き上がったご飯はラップの上に広げ、焼きあがった鮭は身をほぐしておきます。

ラップの上に広げたご飯の上に鮭のほぐし身をのせ、三角形のおにぎりにします。

次に、自家製にんにくネギ味噌を作りましょう!!

自家製にんにくネギ味噌の材料はにんにく、ネギ、味噌、出汁です。

にんにくとネギは粗めのみじん切りにして、ボウルに合わせておきます。

出汁は普通の一番出汁を使っても良いのでしょうが、”即席さけ雑炊”の完成系を考えてだしの素を使用しました。つまり後でお湯を足すことを考えて、出汁を濃いめにする意図です。

わかりやすく言えばコンビニとかで売っている”インスタント味噌汁の素”のイメージです。

このだしの素と味噌とを先ほどのボウルに加え、少量の水で伸ばしつつ満遍なく和えれば”自家製にんにくネギ味噌”の出来上がり!!

うん、簡単ですね。

さて、これで下準備完了!材料が全部揃いました!!

いざ、本番です。クッカー、鮭おにぎり、自家製にんにくネギ味噌を準備します。

クッカーに、さけおにぎりを入れて、適量の水を加えます。

さらに、自家製にんにくネギ味噌をお好みの分量加え、お箸で混ぜるようにしておにぎりを崩していきます。

十分に崩したら、クッカーを火にかけましょう!!

一応お味噌なので、あまり煮立たせないように弱火〜中火くらいの火力が望ましいです。

蓋をしてしばし待ちます。。

一煮立ちしたくらいでクッカーを火からおろし完成です!!

うむ、相変わらずお手軽山ご飯!!

だが、うまそう!!いただきます!!

“即席さけ雑炊”を作った感想

さてと、今回は”即席さけ雑炊”を再現してみたわけです。“豪快オイルサーディン丼”との同時作成です!

お味のほうは…まあ、白ご飯にお味噌ですから外れはないですね笑

“猫まんま”みたいな…というか、そのものかな?

お手軽だし、十分美味しいのですが、山でなく家で食べるならもう一味何か欲しいかなぁという感じかな。

でもこれ、登頂後の疲れた体には染み渡るんだろうな〜。特に寒い時なんか最高だろうな。。今度実際に山で作ってみるかな。。
[amazonjs asin=”B01DP2X6UU” locale=”JP” title=”山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)”]



“ザ・力肉うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より。。

“ザ・力肉うどん”作ってみた!!『山と食欲と私』信濃川日出雄

これを食べて元気が出ないならもうしょうがない!”ザ・力肉うどん”!!

今回は『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より”ザ・力肉うどん”を再現してみました!!


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

『山と食欲と私』から再現料理を作るのは初ですね。『山と食欲と私』は自称”単独登山女子”の主人公がひたすら山を登って、ひたすら山頂でおいしそうな”山ご飯”を食べるという漫画。

“山ご飯”ならではの魅力的な料理に加え、主人公”日々野鮎美”の”食べっぷり”が気持ち良い、僕の最近のお気に入り漫画の一つです。

作中に出てくる山ご飯はどれもおいしそうなのですが、その中でも特に僕の琴線に触れたのが”ザ・力肉うどん”です!!この直球なネーミング、実によろしい!

そして、調理中出来上がりを待つ鮎美のこの表情!


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

山ご飯の出来上がりを待つこの鮎美の表情だけでも『山と食欲と私』の魅力は十二分に伝わるかとっ!

これを食べて元気が出ないならもうしょうがない!!

そして、一口食べた鮎美は…


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

いや、この表情…。もはやこれは作ってみるしかないでしょ笑

ちなみに、作中ではタイミングよく雲間が晴れて日の光が差し込みます。その光に照らされて…


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

“うどんが光ってる!”

これが、タイトルの意味です笑

真にこの光り輝やく”ザ・力肉うどん”を味わうには、登山しなきゃいけないのでしょうけど、家で作っても美味いはず!!

[amazonjs asin=”4107718859″ locale=”JP” title=”山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)”]

“ザ・力肉うどん”の材料

 ・程よくとけた冷凍うどん:1玉
 ・うどんのつゆ:適量
 ・スライス餅(薄めのもの):4枚
 ・豚バラ肉:3枚
 ・乾燥ネギ
 ・乾燥わかめ
 ・天かす
 ・紅生姜

山ご飯”ザ・力肉うどん”の作り方!

“ザ・力肉うどん”は山ご飯ですから、簡単かつスピーディでありながら豪快な料理です。

必要なものは一人用のお鍋だけ。もちろん火の設備は必要ですけどね。

残念ながら金属製の一人用鍋は持っていなかったので、今回は土鍋を使用しました。


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

手順は簡単。食材を順番に入れていくだけ。

食材はすでに上にまとめた通りです。


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

山ご飯らしく、かさばらず保存もきく乾燥物も上手に利用します。

あとは、できるまでしばし待つだけ!!


『山と食欲と私』第12話「うどん、光る」より引用

出来上がったら、最後に彩りに紅生姜を”ちょこん”とのせてたら完成です。

ちなみに鮎美は時たま一人頭の中で親父ギャグを発します笑

では、実際に作っていきましょう!!

“ザ・力肉うどん”を作ってみよう!!

上述の通り、土鍋を使って作っていきます。

忠実に再現するには、本当はうどんのつゆも市販のインスタントの粉を使うべきなのでしょうが、うちにはありませんが買っても今度使う予定もないので…。

うどんのつゆは、かつおだしに塩醤油で作っておいたものです。

土鍋にうどんつゆを入れて、火にかけて温めておきます。

おつゆを温めている間に、使う食材を用意しておきましょう。

豚バラ肉のスライスに、適度にとけた(笑)冷凍のおうどん。

乾燥わかめに天かす、スライス餅に乾燥ネギ。

薄いスライス餅を探したのですけど、最近はこういうものが売ってるんですね。この”しゃぶしゃぶ餅”なるものはかな〜り薄いお餅で、市販の切り餅の1/3~1/4くらいの厚さです。

乾燥ネギは、身近ではあまり見かけなかったので…。

インスタント味噌汁のかやくから持ってきています笑

最後の食材は、紅生姜。こちらはうちでは自家製のものが常備されているので、それを使用します。

紅生姜は細切りにしておきます。

では、おつゆも温まったので調理に入ります。

手順も少なく簡単明瞭なので、時系列で連続写真的に展開していきます。

その1. 適度にとけた冷凍うどんを温まったうどんのおつゆに加えます。

その2. スライス餅を4枚のせます。

その3. 豚バラ肉のスライスを3枚のせます。

その4. 乾燥ネギを右上にのせます。

その5. 乾燥わかめは右下に載せましょう。

その6. 天かすは左下に配置しましょう。

その7. 鍋の蓋をして、しばし待ちます。(バラ肉に火が通るまで)

その8. 蓋を取って出来具合を確認します。

その9. 最後に彩りに紅生姜を真ん中に”ちょこん”とのせて完成です。

おお〜、うまそう!!

湯気をお届けできないのが残念です笑

手順簡単でしたね。ありがたし。。

では、いざ実食。

“ザ・力肉うどん”を作った感想

うまぁ〜。ほっこりしますねぇ。

彩りで加えた紅生姜のしょっぱさが非常に良いアクセントになってます。あとは豚の脂と天かすのコクが出しに溶け出て最高です!!

ただちょっと加熱しすぎたのか、お餅が原形留めずにとけてしまいました笑

でも、このとろけ具合がまたよろしい!とけたお餅が出汁にとろみをつけて他の食材の旨味が一体になっている…気がします。

山の上で食べたらもっと美味しいのだろうなぁ。

とにかく、『山と食欲と私』今後も目が離せません!!

[amazonjs asin=”B01DP2X6UU” locale=”JP” title=”山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)”]