たまには漫画で舌鼓!!

とりあえず美味しそうな漫画料理は作ってみればいいのではなかろうか。。

カテゴリー: 大正処女御伽話

“ひっつみと梅干しおむすび”作ってみた!!『大正処女御伽噺』第13話「十二月三十一日」より。。

珠彦の大好物!!ユヅのふるさとの味!! ”ひっつみと梅干しおにぎり”作ってみた!!『大正処女御伽噺』桐岡さな

珠彦の心を溶かしたユヅの”ひっつみ”!

さて、今回は『大正処女御伽話』第十三話「十二月三十一日」より”ひっつみ”と”梅干しおにぎり”を作ってみました。

“ひっつみ”はヒロインのユヅの得意料理で、主人公珠彦の大好物でもあります。

2018-01-19 4.59.03-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第十三話「十二月三十一日」より引用

事故に遭って右腕を不自由にして「厭世家」となって引きこもっていた珠彦がはじめて食べたユヅの料理で、第一話で珠彦がユヅに心を開くきっかけともなった記念すべき料理です。

2018-01-19 4.41.30-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第一話「霜月、夕月 来タル」より引用

厭世家だった珠彦の心を溶かした暖かな”ひっつみ”、興味がありますよね。

読んでてなんだかポカポカしてくる『大正処女御伽話』。料理だけでなく物語本編も本当オススメです。思わずにやけます。

[amazonjs asin=”4088807251″ locale=”JP” title=”大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)”]

“ひっつみと梅干しおにぎり”ちょっと一言。。

まず”ひっつみ”ですが、これは岩手の郷土料理なんですね。

小麦粉を水で練った生地を薄く伸ばして、引きちぎって鍋に入れるのだそうで、“引きちぎる”ことを方言で”ひっつむ”というのだそうです。

2018-01-20 7.23.52-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第一話「霜月、夕月 来タル」より引用

岩手の郷土料理ですから、やはり南部鉄器の煮込み鍋で作りたいところですね。

それから”おにぎり”ですけど、美味しいおにぎりを作るためには実は炊きたて熱々のお米で握る必要があります。

これは炊きたてのお米の表面の”保水膜”と呼ばれるものが原因で、これには旨み成分がたっぷり含まれているのです。なので、炊きたてご飯で握るのが良いわけですね。

まあ、そんなことはさておき、作っていきましょう。

“ひっつみと梅干しおにぎり”の材料

<ひっつみ>
 ・小麦粉:250g
 ・水:120ml

 ・鶏肉:
 ・ごぼう:1/2本
 ・干ししいたけ:2個
 ・人参:1/2本
 ・白菜:1/8個
 ・ネギ:1/2本

 ・かつおダシ:たっぷり
 ・塩:適量
 ・みりん:適量
 ・醤油:適量

<おにぎり>
 ・白米
 ・塩
 ・梅干し

“ひっつみと梅干しおにぎり”作ってみた!!

まずはひっつみの生地を作っていきます。

小麦粉をボウルに入れ、水と一緒に練っていきます。表面がなめらかになるくらいまで練ったら、ラップをかけて30分~寝かせておきます。

IMG_6300-min IMG_6302-min

まず、鶏肉は一口大に切って軽く塩を振っておきます。

ごぼうはしっかりと土を洗い落とします。皮ごとささがきにしたら、水につけておきます。

干ししいたけは水で戻して大きめに切り、人参は拍子切りにします。

IMG_6305-min IMG_6307-min

白菜は気持ち大きめのざく切りにし、ネギは斜め切りにします。

IMG_6309-min IMG_6311-min

鉄鍋に鰹出汁を入れます。せっかくなので干ししいたけの戻し汁も加えます。

鉄鍋を火にかけて出汁を煮立たせ、アクが出たらその都度とります。塩、醤油、みりんで味を調えます。野菜やお肉から出汁が出るので、あまり濃くはせず味の芯を置くくらいの味付けにしました。

IMG_6306-min IMG_6308-min

出汁が煮立ったら、具材を入れていきます。白菜や人参などを先に入れて、柔らかく煮ます。ごぼうは香りが重要なので最後の方に入れて、入れたらすぐに木蓋をして蒸し煮にします。

IMG_6310-min IMG_6312-min

火が通るまでの間に、おむすびを握っていきます。三角のおむすびはなかなか難しいですが、コツさえつかめばそれなりに綺麗にできるようになります。

とりあえず、左手の親指をピンと伸ばし、残りの4本をそれに垂直に折り曲げます。親指をしっかり伸ばすことが綺麗で平らな面を作るポイントです。

少量の塩と水を手にまぶし、炊きたての白米を左手の上に取ります。右手も左手と同じような形にして、120度ずつ回転させてきれいな三角形に成形していきます。

IMG_6319-min IMG_6320-min

きれいに握れたら、真ん中の部分を少しへこませ、種を除いた梅干しをはめ込みます。

ちなみに、この梅干しは自家製の昔ながらの酸っぱい梅干しです笑

IMG_6321-min IMG_6322-min

では、満を持して”ひっつみ”ましょう!

十分に寝かせた”ひっつみ”の生地を、手でちぎって鍋に入れていきます。しっかりと練れている生地なら、グルテンがよく生成されてよく伸びます。

結構、ひっつむ(?)のは難しかったです。うまいことちぎれてくれないんですよ笑

IMG_6323-min IMG_6324-min

しっかり、生地が出汁に浸るようにします。この時点で他の具材には十分に火が通っているはずなので、”ひっつみ”の生地が透明な感じになって火が通ればできあがりです。

IMG_6325-min IMG_6326-min

おむすびと一緒にいただきます。

IMG_6333-min

…かなりの量ですな。。

鉄鍋を使ったら、冷める前に中身は別の器に移しましょう。

“ひっつみと梅干しおにぎり”作っての感想

『大正処女御伽話』から、ヒロインのユヅの得意料理”ひっつみ”を作ってみました。作中には何度か登場する料理なのですが、実は中身などの描写はあまりないんですよね。

わかっていることは、ただ一点、珠彦が想像しただけで垂涎するほどの美味であることだけです。

今回は作中の絵から判別のつく”しいたけ”、”長ネギ”をはじめとして、一般的な”ひっつみ”の材料で再現してみました。

南部鉄器の鉄鍋を使ったのも、なかなか良かったかな。雰囲気があると味もなんだか一層美味しい感じがあります。

おむすびもいいものですね。普段あまりおむすび食べませんが、たまに食べると懐かしい感じがします。

とりあえず、”ひっつみ”おいしかったです。満足しました。いつか、現地で食べてみたいものです。

エピソード収録巻

『大正処女御伽話』第2巻に収録です。

大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)

“ミルクキャラメル” 作ってみた!!『大正処女御伽話』第七話「黒百合の娘」より。。

「厭世家」珠彦の心をとかす手作りの温かな味。。”ミルクキャラメル” 作ってみた!!『大正処女御伽話』著:桐岡さな



“ミルクキャラメル”作ってみた!!

今回は『大正処女御伽話』第七話「黒百合の娘」より”ミルクキャラメル”を作ってみました。

作中では、ユヅが読書のお供として、甘いもの好きな珠彦のために作ってあげてましたね。

その味は厭世家の珠彦をして”なんだか温かい味だ”と言わしめるもの。いいなぁ、こんなん作ってくれる奥さん欲しいわぁ。

2016-07-24 13.33.44
『大正処女御伽話』桐岡さな 第七話「黒百合の娘」より引用

ちなみに『大正処女御伽話』はジャンプSQで連載中の作品で、読んだらほっこりとあたたかい気持ちになれる作品です。

が、残念ながらまだそんなに知名度がない(そんなことないかな?)!!

本当、いい作品です。是非読んで見て!!

[amazonjs asin=”4088805933″ locale=”JP” title=”大正処女御伽話 1 (ジャンプコミックス)”]

“ミルクキャラメル”は家でも作れるのだっ!!

さて、みんな大好きミルクキャラメル!!

しかし、ミルクキャラメルといえばお店で売っているもの。家でなんか作れるわけがない!!

そう考えている人が多いですよね。作中でも主人公の妹の珠子が驚いてました。

2016-07-24 13.32.11
『大正処女御伽話』桐岡さな 第七話「黒百合の娘」より引用

実際、Web上でもあまり作り方見つかりませんし…。

しかし、ミルクキャラメルは、なんと意外にも誰でも簡単に手に入れることのできる材料で作ることができるのだ!!

“黒百合の娘”こと、珠子の心をもと溶かしたミルクキャラメル。

2016-07-24 13.33.29
『大正処女御伽話』桐岡さな 第七話「黒百合の娘」より引用

手作りのあたたかい味をぜひお試しあれ!!

というわけで、早速作っていきましょうか。。

“ミルクキャラメル”の材料

 ・砂糖:六十匁(225g)

 ・洋粉(小麦粉):十五匁(56.25g)

 ・牛乳:二合(約360ml)

 ・水飴:二百匁(750g)

 ・バター:少量

作中表示にしたがってます笑

カッコ内が大体の換算値ですので、ご参考までに。

結構普通に手に入る食材ばかりです。



“ミルクキャラメル”を作ってみよう!!

まずは材料を合わせます。小麦粉はふるいにかけ、そこに砂糖を加えます。

さらに牛乳を加え、泡立て器などでだまができないようしっかり混ぜあわせます。

ちなみに、先に牛乳を入れてから小麦粉を入れるとだまになりますので、順番には気を付けましょう。

0Mspe kMpEk

次は加熱していきます。鍋に移してとろ火で“糊の如くどろどろ”に煮詰めます。

加熱中は頻繁にかき混ぜましょう。火が強すぎると焦げる可能性がありますので、じっくり慎重に!

加熱しているうちに、徐々に水分が蒸発し、粘性が出てきます。お箸で混ぜてみて、箸の軌跡が残る程度になれば充分です(右下写真参照)。

CdXje Ipi2y

いわば練乳、あるいはコンデンスミルクと呼ばれる状態ですね(まあ、小麦粉が入ってますけど…)。

さて、ここからはいよいよ固めるための手順に入ります。

水飴を入れてしっかりと馴染ませます。その後はただひたすらに煮詰めていきます。

O8w5j FXoKS

意外と知らない方もいらっしゃいますが、水飴って実は水分たっぷりなんです。なので、こうして水分を蒸発させることで、冷めた時に固まるわけです。

加熱中は木べらなどでよく混ぜ、焦げ付かないように気を付けましょう。

さらに煮詰めていくと…  

粘性が増すのに加え、色も大分カラメル色になってきます。気泡の生滅が粘性によってゆるりとなってきたらそろそろ完成です。

wRc0h aubfD

では、いよいよ火から降ろして容器に移しましょう。容器にバターを塗り、キャラメルを流し込みます。

あとは、ラップをして冷ますだけ。冷めたらしっかり固まります。

4lP3N xCp1a

今回は、作中描写に倣って一口サイズに切り分けてグラシン紙で個別包装してみました。なかなか良い出来かな。。

IMG_9494-min



“ミルクキャラメル”を作ってみた感想

まあ、初めての挑戦にしては上出来でしょうか…。

少々、煮詰めすぎて想定より硬くなってしまいました。着るのが大変だった〜。。

まあ、生キャラメルではありませんから、そんなものといえば、そんなものですかね。

なんにしても、いわゆる”昔ながらのキャラメル”といった感じで最高でした。個人的には、生クリームを大量に使った生キャラメルはあまり好きではないので、このやり方で作ったキャラメルはお気に入りです。

何より水飴とかを使うあたりが、何だか懐かしい(?)感じがして素晴らしいです笑

まあ、あとは作中ほど可愛らしく包装できなかったのが心残りですかね。こういう部分ももっと上達したいものです。

2018-01-19 5.10.23-min
『大正処女御伽話』桐岡さな 第七話「黒百合の娘」より引用

>>『大正処女御伽話』再現料理一覧はこちら

エピソード収録巻

ユヅが珠彦に愛情たっぷりのミルクキャラメルを振る舞う第七話「黒百合の娘」収録は『大正処女御伽噺』第1巻です!!

大正処女御伽話 1 (ジャンプコミックス)

使える調理用品

今回キャラメルの包み紙に使用したのはグラシン紙です。僕が購入したのはものすごいでかい一枚紙でしたが…。

[amazonjs asin=”B0096YIT9K” locale=”JP” title=”ガラスの小瓶小(コルク瓶)10本セット”]
[amazonjs asin=”B009LLVBTS” locale=”JP” title=”グラシン紙 W508×H380mm 50枚”]



Powered by WordPress & Theme by Anders Norén