Category Archives: 食戟のソーマ

“秋サンマのカルトッチョ”作ってみた!!『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より。。

Category : 食戟のソーマ

“秋サンマのカルトッチョ”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

秋サンマのカルトッチョ

今回は『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より、”秋の選抜”にて黒木場リョウの作った”秋サンマのカルトッチョ”を再現してみました。

前代未聞の三つ巴対決となった”秋の選抜”決勝。

強者並み居る遠月学園1年の頂点を決める戦いのお題は”秋刀魚”!!

幸平創真と葉山アキラとの秋刀魚対決に黒木場リョウが繰り出したのは、得意分野を存分に活かした”秋サンマのカルトッチョ”!!


『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より引用

秋刀魚を中心に海の幸を存分に使い、フィルムで包み込んで焼き上げることでまるで黒木場の熱量をそのまま料理に閉じ込めたかのような一品です!!

秋も深まり秋刀魚の美味しい今日この頃。

秋刀魚好きとしては、見るからに垂涎もののこの料理を試してみないわけにはいきませんね!!


『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より引用

…どうでもいいけど”秋サンマ”ってなんか違和感ありますよね。

だって感じで書いたら”秋秋刀魚”。秋以外あるんかって感じするし笑

閑話休題

ちなみに黒木場リョウがこの料理の決め手として使った調味料があります。

それがハーブやスパイス、ニンニクを練り込んだ”ハーブバター”。

まあフレンチの”メートル・ドテル・バター”みたいなものですね。


『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より引用

これを使うことで素材同士のエキスを一つにまとめ、かつしつこく後を引くことなく強烈な味のインパクトを軽やかに通り抜けさせる…のだとか。

このハーブバターこそがこの料理を成立させる重要な役目を果たしているのだそうです。

ちなみに”メートル・ドテル・バター”の作り方はこちら。

“メートル・ドテル・バター”の作り方

[amazonjs asin=”4088803310″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 12 (ジャンプコミックス)”]

カルトッチョってなに!!?紙包み焼き??

さて、では”カルトッチョ”とはどのような料理なのでしょうか?

カルトッチョ(Cartoccio)とは”紙包み”を意味しまして、つまりは食材を紙で包んで焼いた料理なのです。

ホイル焼きみたいな物です。

ちなみに作中では耐熱フィルムを使っていますが、クッキングペパーパーでも代用可能です!!


『食戟のソーマ』98「積んできた”モノ”」より引用

特別使う食材が決められているわけではなく、”包み焼き”にすれば何でも”カルトッチョ”です。

作中で黒木場が”この品は…耐熱フィルムで包んだことで料理名が変わる 使う素材はアクアパッツァと殆ど変わらないがな”と言っているのもそういうことですね。

…善意解釈すればね。。善意解釈というのは…。

いや、この材料じゃアクアパッツァ作れねーよ!!

ということですが笑

おそらく多くの読者が心の中で突っ込んだであろうことでしょうが、全然アクアパッツァの材料と一緒じゃないでしょこれ。

ちなみに、黒木場が調理に使った食材は…


『食戟のソーマ』98「積んできた”モノ”」より引用

秋刀魚、海老、あさり、ムール貝、完熟トマト、マッシュルーム、レモン、オリーブオイル、ハーブバターです。

この使用食材を見た審査員にも自信満々な”アクアパッツァを作るのでしょう”的なセリフが与えられているのですけど…。

そもそもアクアパッツァに海老やマッシュルームは使わないし、オリーブにケッパーに唐辛子、何より白ワインがないじゃないか。。

まあ、料理にはそれぞれに調理法や食材など振れ幅があるものですし、本当のところはどうかはわかりませんが、少なくとも僕の中ではカルトッチョとアクアパッツァは全くの別物なのですよねぇ…。まあいっか。

知名度の高いアクアパッツァから導入して読者にカルトッチョを受け入れやすくしようとしたのかなぁ。

とにかく、素材を紙(フィルム)で包んで焼くことで、エキスをフィルム内に閉じ込めら…


『食戟のソーマ』99「先陣をきる牙」より引用

フィルムの中ではグツグツ!!

見た目にも楽しそうな料理ですね。

“秋サンマのカルトッチョ”の材料

 ・秋刀魚
 ・海老
 ・あさり
 ・ムール貝
 ・完熟トマト
 ・マッシュルーム
 ・レモン
 ・オリーブオイル
 ・ハーブバター(バター、ニンニク、ハーブ)

“秋サンマのカルトッチョ”を作ってみよう!!

まずは食材の準備から始めましょう。海老は殻をむいて適当な大きさに切り、あさりは砂抜きをし、ムール貝は表面の汚れをとります。秋刀魚のワタは好みによってどちらでも良いですが、僕は苦手なので撮ってしまいました。

野菜類はトマトは細かめのざく切り、マッシュルームとレモンは輪切りにしておきます。

何か特別に調理する必要があるわけでもありませんので、下準備さえしたらあとは紙で包んで焼くだけです。

ちなみにすでに書きましたが、耐熱フィルムがなくともクッキングペーパーを使えば調理することができます。

作中通り秋刀魚はぶつ切りにすることなく一尾まるまま使用しますので、クッキングペーパーは大きめに準備して広げておきます。

クッキングペーパーの上に秋刀魚を乗せ、他の食材も一通り載せていきます。全部のせ終わればオリーブオイルを適量回しかけハーブバターをおきます。僕は常備しているメートル・ドテル・バターを使用しているので、ニンニクのみじん切りも別のせしています。

食材を全てのせたら、クッキングペーパーを料理用紐で閉じて包み込みます。

クッキングペーパがあまり大きくないので、秋刀魚を包むのには骨が折れました笑

オーブンを200度に予熱して、20分ほど焼いていきます。

今回は水分漏れを警戒してアルミホイルを敷いてみましたが、調理中水分が漏れることもなく無事調理できたようです。

オーブン加熱が終われば完成です!!

包み紙を開くと、中から湯気とともに良い香りが。

素材にしっかりと火が通っているかを確認したら、いただきましょう。。

ちなみに特に水気は入れていませんが、素材から出たエキスでヒタヒタです!!

素材の旨みがたっぷりと詰まったエキスですねぇ。。

“秋サンマのカルトッチョ”を作った感想

う〜ん、正直…。ちょっとなあ。

いや美味しいは美味しいのですけど、期待ほどではなかったというのが正直なところかなぁ…と。

わざわざオリジナルのアレンジで”この料理を成立させる重要な”とまで言っている”ハーブバター”がちょっとね。確かにバターのまろやかさで素材の統一感は出るのですけど…重くて少しくどい。

う〜ん、分量が多かったのかなぁ。

ただでさえ旬の秋刀魚は脂が乗っているので、バターの油分がかなりねぇ。もっと淡白な魚なら幾分かマシだったのでしょうけれど…。

それに海老もムール貝もあさりもバターを吸いやすい食材ですしねぇ。

というよりは、個人的にはこの料理はまろやかな感じに仕上げるべきではないよう気も…。

個人的にはバターなしで作ったらより良いのではないかと思ってしまいました。なんか工夫を完全否定してしまっているようですが…。

[amazonjs asin=”4088803310″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 12 (ジャンプコミックス)”]




“異次元の美味のロースカツ定食”作ってみた!!『食戟のソーマ』275「そっちの方が面白ぇ」より。。

Category : 食戟のソーマ

“異次元の美味のロースカツ定食”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

異次元の美味のロースカツ!!

今回は『食戟のソーマ』275「そっちの方が面白ぇ」より講師”鈴木(才波朝陽)”の作った”異次元の美味のロースカツ定食”を再現してみました。

念願の第一席になって数ヶ月の幸平創真に、食戟を持ちかけた謎の新人講師”鈴木”。彼の正体はほぼほぼ才波朝陽で確定でしょうが…。

食戟のメニューとしてロースカツ定食を繰り出した幸平創真に対して、鈴木講師が出した皿は…


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」より引用

“異次元の美味のロースカツ定食”!!

なんと大それた名前!!

しかも幸平創真のロースカツ定食に完全にかぶせてきた!!


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊274「先生VS第一席」より引用

まあ、本人はあくまで

“単に俺の振るったナイフが お前と同じメニューを選んだ… それだけのことだぜ?”

と、おっしゃっておりますが。。

まあ、料理名にしても、セリフまわしにしても、鈴木講師はキザというより、少々”中二病”的な感じがするので。。

とはいえその味は確かっ!!

鈴木のロースカツ定食を食べた幸平創真は、そのあまりの美味さに…


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」より引用

え??ドウシテコウナッタ??

まあ、幸平創真も認める”異次元の美味”ということです。

でも、”おはだけ”はしなかったんだよな。田所恵の方はしてたけれど。。

 

白いソースの正体は!!?ソースシャンティー??

“異次元の美味のロースカツ定食”。その特徴はロースカツにかけられた”白いソース”!!


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」より引用

この白いソースの正体は”ソース・シャンティー”。

とは言っても、だいぶアレンジされているものです。

フレンチの”ソース・シャンティイ”といえば、結構シンプルなソースのはず…。

塩コショウを加えた生クリームをホイップした後、オリーブオイルとレモン汁を混ぜたソースです。アッシェしたセルフイユやエストラゴンなどが加えられることもありますが…。

ちなみに”シャンティイ”というのは”泡立てた生クリーム”という意味です。

さて、今回”鈴木”が披露した”ソースシャンティー”は…


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」より引用

生クリームを泡立てたところに、刻んだらっきょとその汁、刻んだエストラゴン、ケイパー、ネギを加え、少量のタバスコと塩胡椒で調味したソースです。

さらに、カツの揚げ方もポイント。

油が冷たい状態から、肉を投入してじっくりと温度を上げていき、最後に高温で仕上げる。


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊274「先生VS第一席」より引用

作中で描かれているように”油分の存在を忘れさせるほど”というのはいささか大げさな感じもしますが、カラッと揚がります!!

では、作っていきましょう!!

“異次元の美味のロースカツ定食”の材料

 ・豚ロース切り身
 ・玉子
 ・小麦粉
 ・パン粉
 ・生クリーム
 ・らっきょう&らっきょうの漬け汁
 ・エストラゴン
 ・ケイパー
 ・ネギ
 ・タバスコ
 ・塩胡椒

 ・豆腐とわかめのお味噌汁
 ・白ご飯

お味噌汁と白ご飯の調理は省略。ロースカツのみ作っていきます。

“異次元の美味のロースカツ定食”を作ってみよう!!

まずはロースカツを揚げていきます。油が冷たい状態から揚げ始めるので、多少時間がかかります。揚げている間に、ソースを作りましょう。

まず、ロースカツは普通のとんかつ同様に小麦粉、玉子、パン粉で衣をつけます。パン粉のつけ方のコツとしては、バットなどにパン粉をたっぷり入れて手では直接肉を触らないようにすることです。

揚げ物用の鍋に油をたっぷりと入れ、常温のまま肉を投入します。その後、火をつけてじっくりと温度を上げていきます。

お肉を揚げている間に、”特製ソース・シャンティー”を作っていきます。

らっきょうは刻み、ネギとケイパーはみじん切りにします。エストラゴンは乾燥のもので大丈夫です。

ちなみにうちのらっきょうは自家製です!!

充分に冷やした生クリームをボウルに入れて、泡立て器でホイップしていきます。

本来は7分立てくらいが良いのですが、今回は結構は汁気や材料などをいろいろと加えるので少し固めにホイップしました。

先ほど刻んだらっきょう、みじん切りにしたネギ、ケイパーとらっきょうのつけ汁、エストラゴン、塩胡椒、タバスコを加えて混ぜ合わせます。

実際、作中のような真っ白なソースには仕上がりません(笑)

こればっかりは仕方ない。。

最後にカツの仕上げ。火力を上げて、高温でカラッと揚げます。

うまく揚がったら、油を切っておきましょう!!

たっぷりの千切りキャベツとレモンを一切れ添えたお皿に、ロースカツを盛り付け、”特製ソース・シャンティー”をかければ完成!!

白ご飯と豆腐とわかめのお味噌汁を添えて、

“異次元の美味のロースカツ定食”完成!!

ソースたっぷり!!ロースにもしっかり火が通っています!!

“お あ が り よ” (鈴木講師風)

“異次元の美味のロースカツ定食”を作った感想

なかなか美味しかったですね、実際。

まあ、”異次元の美味”というのは少々言い過ぎですが、まあそこは漫画の世界観ということで(笑)

ふわっとしたソースに、カリッとしたロースカツ。なかなか良い相性です。感覚的には、とんかつというよりはシュニッツェルのバリエーションという感じですかね。

あと、実はらっきょうが良い仕事をしています!!

それにしても『食戟のソーマ』。新章に入って、なかなかのびっくり展開ですね。城一郎の”もう一人の息子”なる”才波朝陽”の登場やらなんやら。

それにしても、まだ幸平創真が第一席を守り通しているとは…。まだまだ先代第一席”司瑛士”の域には到達していないような気がするので、個人的には幸平創真の第一席にはまだ違和感が…。

今回も鈴木に完膚なきまでに叩きつぶされてしまっていますしねぇ。


『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」より引用

料理どころか、おかぶの”おあがりよ”までとられてしまって…。

これからどうなるのか。。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめその1=

エピソード収録巻

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊275「そっちの方が面白ぇ」収録は…

未発売


月饗祭 中華研 その3″紅油餃子 “作ってみた!!『食戟のソーマ』 125「月饗祭」より。。

Category : 食戟のソーマ

月饗祭 中華研 その3″紅油餃子”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

月饗祭中華研出し物4種!その3″紅油餃子”!!

『食戟のソーマ』125「月饗祭」より、月饗祭での、久我照紀率いる中華研の出し物再現第3弾です!!

再現飯の3品目は”紅油餃子”です。

スクリーンショット 2018-05-31 17.44.12

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 125「月饗祭」より引用

“紅油餃子”というのは四川料理の一つですね。この”紅油”というのは、ざっくりいうと”ラー油”を意味します。

“紅油餃子”すなわち”ラー油餃子”は、四川料理の辛さを代表するがごとき真っ赤な一品ですが、実は砂糖をたっぷりと入れて甘辛い料理なのです!

実際そんなに辛くない。

ちなみに、中国のラー油は日本のものと違い、ラー油の中に様々な香辛料や薬味などの入ったものが一般的です。日本のラー油と違い、具沢山で香りも豊かなのでタレの材料として非常によろしいのです。

自家製ラー油は家でも作れます。興味があれば作ってみてね。。

自家製ラー油の作り方

まあ、とにかく作っていきましょう。

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“紅油餃子”の材料

 ・豚ミンチ
 ・白菜
 ・小麦粉
 ・水
 ・自家製ラー油
 ・ニンニク
 ・花椒
 ・砂糖
 ・塩
 ・中華醤油
 ・お酢

“紅油餃子”を作ってみよう!!

中国における餃子は日本のそれと異なり、主食として食べられるため、生地がしっかりとしています。なので、市販の餃子の皮ではなくきちんと自分で作りましょう。

今回は生地作りの行程は割愛します。詳しい餃子の皮の作り方は以下をご参照ください。

“水餃子の皮の作り方” やっぱり水餃子の皮は自家製が一番!!丸く作る”裏技”もあるよ!!

タネはシンプルに白菜と豚肉のみで作ります。中国では日本のように何種類もの具を入れるよりはシンプルなものの方が多い印象があります。

生地とタネができれば、包んでいきます。

ではタレを作っていきましょう。

ニンニクのみじん切りをたっぷりと準備します。

タレのベースは自家製ラー油です。自家製ラー油を油部分だけでなく、中身の香辛料なども一緒に加えましょう!!

さらに塩、醤油で味を調え、香りづけ程度に少量のお酢を加えます。

さらに挽いた花椒をたっぷりと。。そして最後に砂糖を多めに加えしっかりと混ぜ合わせます。

これでタレは完成!!

餃子を湯がいていきます。

沸騰したお湯に餃子を加え、浮き上がってくるまで茹でていきます。餃子がゆで上がれば、水気を切って深めのお皿に盛りつけます。

先ほどのタレをたっぷりとかければ…ハイッ完成!!

食欲をそそる赤さですね〜。

手作りで生地がもっちりとしていて、かぶりつくと閉じ込められた肉汁がジュワーっと溢れ出ます!!

スパイスたっぷりの自家製ラー油を使用しているので、香りも豊かです。

箸の止まらないうまさですねぇ。

“紅油餃子”を作った感想

さて、『食戟のソーマ』125「月饗祭」から久我照紀率いる中華研の月響祭出品料理の一つ”紅油餃子”を再現してみました。

“紅油餃子”は日本ではそれほど知名度の高くないのかレシピなどもあまり見かけませんが、四川では定番料理の一つです。めっちゃ美味しいです。

作中では、激辛料理の一つという扱いですが、上記の通りタレにはお砂糖を入れて甘辛く仕上げるので、辛いのが苦手な人にも食べやすい一品です。

今回は5つ作りましたが、正直食べたりません笑

もっと作っておけばよかった〜。

それと、重ね重ね書きますが、市販のラー油でなく”自家製ラー油”を使うのがオススメです。…というか、ラー油が味の決め手なので、ラー油のうまさが”紅油餃子”のうまさに直結します。

ぜひお試しを。。

エピソード収録巻

125「月饗祭」収録は『食戟のソーマ』第15巻!!

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


月饗祭 中華研 その4 “熗空心菜”作ってみた!!『食戟のソーマ』 125「月饗祭」より。。

Category : 食戟のソーマ

“熗空心菜”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

月饗祭中華研出し物4種!その1″熗空心菜”!!

『食戟のソーマ』125「月饗祭り」より、月饗祭での、久我照紀率いる中華研の出し物再現第3弾です!!

今回再現してみたのは”熗空心菜”!!

日本語で言えば”空芯菜の炒め物”ですかね。

スクリーンショット 2018-05-31 17.44.12

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 125「月饗祭」より引用

唐辛子とニンニクとともに炒めあわせるスパイシーな料理です。

ちなみに”熗”という”さっと茹でた後に油や酢などで和える”あるいは “油で炒めた後に調味料と水を加えて煮る”と意味なのだそうですが、中国のレシピサイトなどを覗いてもあくまで”油でさっと炒める”料理のようです。

ちなみにネットで調べた限りでは、”熗空心菜”というより”熗(炝)炒空心菜”という名称の方が一般的なようですね。

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“熗空心菜”の材料

 ・空芯菜
 ・ニンニク
 ・唐辛子
 ・塩
 ・油

“熗空心菜”を作ってみよう!!

ニンニクと唐辛子はたっぷりと用意しましょう!!

ニンニクは薄切り、唐辛子は半分にして種を除いておきます。

フライパンに油を敷いて火にかけ、ニンニクと唐辛子の香り出しをします。ニンニクがカリカリになるくらいまで炒めると美味しいですね。。

空芯菜は水洗いし、ざく切りにしておきます。

ニンニク、唐辛子の香り出しが終われば、フライパンに空芯菜を加え軽く塩を振ります。

この段階の塩は調味用ではなく、空芯菜の水気が早く出やすくなるようにするためです。

火力を上げて、強火で手早く仕上げます!!

スピードが大切です。火を入れすぎると空芯菜の色が悪くなってしまいますので…。

炒める際に、ごま油を加えてもよろしいです。

空芯菜がしなしなにならないように、さっと炒めたら塩で調味して完成です。

せっかくの空芯菜なので、しっかりと歯ごたえが残るようにしたいものです。

お好みで最後にお酢を少々たらすもありです!!

辛味がまろやかになり美味しいです。

“熗空心菜”を作った感想

今回で月響祭の中華研の出品料理の再現コンプリートです。

まあ、今回の”熗空心菜”は正直再現料理というほどのものでもないかもしれませんが…。

味はハズレがない美味しさです。

調理手順もシンプルな上、ニンニクに唐辛子ですからね。まずくなる要素がありません。

それにしても、月響祭の中華研の出品料理はすべてひたすらに辛いような描写がされていましたが、実際に辛い料理は”麻婆豆腐”だけでしたね。”熗空心菜”も辛いといえば辛いですが…。

まあ、四川料理は唐辛子をよく使うので辛いことには間違い無いのですが、お酢やお砂糖もよく使うので”とてつも無い辛さ”の料理は以外と少ないんですよね。

とりあえず、全部コンプリートして満足です。

エピソード収録巻

125「月饗祭り」収録は『食戟のソーマ』第15巻!!

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


月饗祭 中華研 その2 “口水鶏”作ってみた!!『食戟のソーマ』 125「月饗祭」より。。

Tags :

Category : 食戟のソーマ

月饗祭 中華研 その2 “口水鶏”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

月饗祭中華研出し物4種!その2″口水鶏”!!

『食戟のソーマ』125「月饗祭り」より、月饗祭での、久我照紀率いる中華研の出し物再現第2弾です!!

名物”麻婆豆腐”に続く2品目は”口水鶏”です。

スクリーンショット 2018-05-31 17.44.12

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 125「月饗祭」より引用

“口水鶏”とはどんな料理かと言いますと、これは日本で言うところの”よだれ鶏”です。

鶏肉を蒸した(茹でた)ものに、ラー油ベースの真っ赤な辛いたれをかけていただく四川料理になります。

今回は自家製ラー油を使って作っていきます!!

>自家製ラー油の作り方

自家製ラー油の作り方

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“口水鶏”の材料

 ・鶏もも肉
 ・ラー油
 ・砂糖
 ・酢
 ・醤油
 ・ごま油
 ・ピーナッツ
 ・ネギ
 ・白ごま
 ・ニンニク
 ・生姜
 ・花椒

“口水鶏”を作ってみよう!!

まずは自家製ラー油を作っていきます。ここでは詳しくは書きませんが、油に唐辛子、薬味、スパイス、ごまを入れて軽く煮れば出来上がりです。

自家製ラー油の作り方詳細は別記事を参照ください。

自家製ラー油の作り方

次に、鶏肉の調理です。

鶏肉は茹でて調理されることが多いようですが、個人的に蒸し鶏の方が食べたい気分だったので、今回は蒸していきます。鶏もも肉に軽く塩と花椒をふって揉み込みんでおきます。

蒸し器にもも肉が入るくらいのお皿を入れ、そこにもも肉と紹興酒をひとまわし加えて蒸していきます。蒸し上がれば火からおろして、冷ましておきます。

鶏肉を蒸している間に、タレを作ります。今回使うのは先ほど作った自家製ラー油と、豆板醤、穀物酢、砂糖に中華醤油です。

これらの材料をボウルに合わせてタレは完成です。

鶏肉が十分に冷めたら、もも肉を切り分けお皿に盛ります。

砕いたナッツと白ごまをまぶし、その上から先ほどのタレをかければ出来上がりです!!

“口水鶏”を作った感想

口水鶏美味しいですねぇ。巷で流行っているとも聞きますが、それも納得です。

調理手順も少なく簡単ですし、さっぱりしていて食べやすい。

これからの暑くなる季節に最適です。

今回は、作中描写的にパクチーなしのようでしたので使いませんでしたが、パクチーを散らした方がよりいっそう本格的です!!

ちなみに自家製ラー油も難しくないので、是非是非試してみてくださいな。

エピソード収録巻

125「月饗祭り」収録は『食戟のソーマ』第15巻!!

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


“クーリビヤック”作ってみた!!『食戟のソーマ』157 「鮭は踊る」より。。

Tags :

Category : 食戟のソーマ

“クーリビヤック”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

厨房の独裁者黒木場リョウの鮭料理!!

今回のマンガ飯は『食戟のソーマ』157「鮭は踊る」より黒木場リョウの作った”クーリビヤック”を再現してみました。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊157「鮭は踊る」より引用

中枢美食機関(セントラル)による残党狩りの際、「最先端料理研究会」の解体をかけた一戦で披露された一品です。

食戟のテーマ食材は「鮭」!!

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊155「最大出力」より引用

“サーモンのコンフィ・フラム”を繰り出してきたセントラルのルーキー楠連太郎に対して、黒木場リョウが作った”最大出力の鮭料理”こそが”クーリビヤックです。

黒木場リョウ曰く”サーモンの味の爆発力 舌が逆らうことのできない圧倒的な美味さ”だそうです!!

[amazonjs asin=”4089082730″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 19巻 アニメDVD同梱版 (特装版コミック)”]

フレンチの古典料理”クーリビヤック”!!

さて、クーリビヤックというのは、フランス料理の有名な古典料理の一つです。

元はロシアで作られた料理だそうで、それがフランス料理に取り入れられたのだそう。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

だからこそ、”蕎麦の実のカーシャ”が使われるわけですね。実はロシアでは蕎麦の実の消費量が世界トップクラスなほどに、蕎麦の実は一般的な食材なのです。

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

“蕎麦の実のカーシャ”に加え、さらにエシャロットや、マッシュルームを具としてクレープで覆い、さらにブリオッシュ生地で包み焼いたものこそがクーリビヤックなのです!!

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊156「絶対温感」より引用

さらに、黒木場リョウはクレープ生地にほうれん草とシーズニングスパイスを練りこむことで味に深みを出す工夫をしています。

“クーリビヤック”の材料

<ブリオッシュ生地><鮭のフュメ><詰め物>
 ・薄力粉:50g ・鮭のアラ ・鮭
 ・強力粉:200g ・白ワイン ・マッシュルーム
 ・グラニュー糖:30g ・玉ねぎ ・エシャロット
 ・塩:5g ・ニンニク ・米
 ・バター:125g ・セロリ ・蕎麦の実
 ・卵:125g ・人参 ・鮭のフュメ
 ・ドライイースト:4g  ・バター
 ・牛乳:60g   
<ほうれん草のクレープ><シーズニング&ソース>
 ・小麦粉:150g ・塩
 ・卵:2個 ・砂糖
 ・牛乳:450g ・タイム
 ・ほうれん草:2束 ・オレガノ
 ・バター:適量 ・ガーリック
  ・乾燥ベーコン
  ・生クリーム
  ・エシャロット
  ・白ワイン

“クーリビヤック”を作ってみよう!!

ブリオッシュ生地作りに丸々1日(寝かせる時間が15時間以上)かかるので、2日かかりです。

まずは、ブリオッシュ作り(辻調のページを参考にしました)からです。

<<

>>ブリオッシュ生地の材料を混ぜ合わせます。

  1. 薄力粉と強力粉を2:8で合わせたフランスパン用粉をふるって、グラニュー糖、塩を加えて混ぜます。
  2. 別のボウルにドライイーストを入れ、牛乳(少量は硬さ調節のために取っておく)を加えて泡立て器で攪拌して溶かし、さらに卵を加えます。
  3. できた卵液を、先ほどふるったフランスパン用粉のボウルに加えてかき混ぜます。
  4. ざっくり混ざれば、今度は手を使って手早く混ぜていきます。
ブリオッシュ生地の材料を合わせます

<<

>>生地をこねていきます。

  1. 粉気がなくなるまでまんべんなく混ぜ合わせます。
  2. 生地を台の上に取り出して、台に擦り付けるようにしてこねていきます。生地がまとまってきたら、ボウルに入れて少しの間寝かせておきます。
  3. 軽く台に打ち粉をして、休ませた生地を叩きつけて、畳んで、叩きつけて、畳んで…を繰り返します。表面が”ツルッ”となれば完了。
  4. 丸くまとめてボウルで再び5分ほど休ませます。
生地をこねます

<<

>>バターを包みます。

  1. 冷蔵庫で冷やしていたバターを取り出し、ラップで挟んでめん棒でたたいて柔らかくします。この際必ずバターは直前まで冷蔵庫に冷やしておく必要があります。
  2. たたいて柔らかくなった”冷たい”バターを生地で覆いこみます。
  3. なるべくバターに触れないようにして(溶けるので…)指先だけを使い、手早く生地をちぎっていきます。
  4. バターが細かく、全体に満遍なく散らばるようにします。
生地にバターを包んでちぎり混ぜます。

<<

>>生地をこねて発酵させます。

  1. 生地もバターも細かくちぎれたら、先ほどと同じように台に擦り付けるようにしてこねていきます。生地のグルテンが十分に出来上がって、伸ばして指がすけるくらいまで薄くできるようになればこねあがりです。
  2. ボウルに入れて90分発酵を取ります。
  3. 90分して発酵すれば、2まわりほど大きくなります。
  4. バットにまとめ直して、冷蔵庫の中で15時間~寝かせます。
  5. 表面が乾燥しないようラップをかけておきます。
ブリオッシュ生地を発酵させる

<<

>>鮭のフュメを取ります!!

お次は、鮭のアラでフュメを取ります。

  1. 鮭のアラは水洗いして、汚れと血を洗い流しておきます。
  2. 玉ねぎ、ニンニク、セロリ、人参を炒めてから、しんなりしてから鮭のアラを加えてさらに炒めます。
  3. 鮭の表面に火が通れば、白ワインと水を加えふつふつと30分程煮ます(あまり長時間火にかけないように!)。
  4. 火から下ろしたら、濾し器でフュメを濾します。
サーモンのフュメをとる

<<

>>ほうれん草のクレープを作ります。

次の手順では、ほうれん草のクレープを作ります。

  1. 軽く茹でて、ざく切りにしたほうれん草と牛乳を合わせて、ミキサーにかけて作ったほうれん草のピュレを小麦粉と卵を入れたボウルに加えます。
  2. 泡立て器で十分に攪拌します。
  3. 小さなボウルに塩、砂糖、タイム、オレガノ、ガーリック、乾燥ベーコンを合わせてシーズニングスパイスを作ります。
  4. フライパンにバターを溶かして先ほどのクレープ液を注ぎ、シーズニングスパイスをまばらに散らして、クレープを焼き上げます。焼きあがればそのままクレープは冷ましておきます。クレープは2枚焼きます。
ほうれん草のクレープを焼く

<<

>>詰めもの作り~お米を炊く~

ここからは詰めもの作りです。まずは先ほど取ったサーモンのフュメで、お米を炊きます。

ジャーン!土鍋の登場です。別に炊飯器でもいいですが…。

  1. 土鍋に洗ったお米と先ほどのサーモンのフュメを入れて火にかけます。
  2. お米が炊き上がったら10分ほど蒸らしておきましょう。
サーモンのフュメで米を炊く

<<

>>詰めもの作り~蕎麦の実のカーシャ~

同時に蕎麦の実のカーシャも作ります。”カーシャ”といってもただ煎ってから煮るだけです。

  1. 蕎麦の実の汚れを落とした後、フライパンで炒ります。
  2. 水を加え適度な固さになるまで煮あげます。
蕎麦の実のカーシャ

お米が炊き上がって、蕎麦の実のカーシャも出来上がれば、次の段階です!!

<<

>>詰めもの作り~仕上げ~

  1. エシャロットとマッシュルームをみじん切りにして、バターを敷いたフライパンで炒めていきます。
  2. エシャロットとマッシュルームの水分が適度に飛んだら、炊き上がったお米と蕎麦の実のカーシャを加えて、さらに炒めていきます。
詰めものの仕上げ

これで詰め物は完成です。あと一息です。

<<

>>詰めものを包んで焼きに入ります!!

  1. 冷蔵庫で寝かせておいたブリオッシュ生地を取り出して、軽く打ち粉をしてから手早くめん棒で薄く伸ばしていきます。十分に伸ばせたら、生地のいらない部分を切り取っていきます。切り取った部分は後ほど飾りにするので、一旦冷蔵庫に戻しておきます。
  2. ブリオッシュ生地の上に、クレープ生地を載せます。その上に、先ほど作った詰め物を敷き、鮭を載せます。
  3. 鮭の上にさらに詰め物を盛り、一番上に残った鮭を載せてクレープで包んでいきます。
  4. クレープ一枚では包みきれないので、上からもクレープを一枚かぶせ包み込みます。ブリオッシュ生地もたたんでいきます。
  5. 隙間がないようにブリオッシュ生地をたたみ込んだら、先ほどのあまり生地を型で小さな円柱状に切り抜き飾りつけて表面に卵液を塗ります。
  6. 200度に予熱したオーブンで40分ほど焼いて行きます。

<<

>>最後にソースを作っていきます!!

最後の作業として、ソース作りが残っています。ソースには、鮭のアラでとったフュメを使います。

  1. フライバンにバターを溶かして、みじん切りにしたエシャロットを炒めていきます。
  2. 鮭のフュメをたっぷりと加えて、10分ほど火にかけておきます。
  3. エシャロットの風味がうつり、フュメが十分な濃度になれば、生クリームを加えます。塩コショウで調味し、さらに2~3分火にかけます。
  4. 火からおろして、ソースを濾します。このままでも特に問題ありませんが、もう少し粘度とコクが欲しいのでさらにもうひと手順。
  5. 濾したソースを鍋に移し、卵黄を加えてかき混ぜてから弱火にかけます。適度にとろみがつけば、今度こそ完成です。

ようやく全過程終了です。なかなか手順が多かったですが、今度こそこれで本当に最後です。

焼き上がりを待って完成です!!

包丁で切って断面を見てみるとブリオッシュ層、クレープ層、詰め物、サーモンと綺麗にできていますね。

なかなかよろしい出来栄えでしょう。

最後にお皿に盛り付けて、ソースをかけて完成です!!

“クーリビヤック”を作った感想

かなり手順が多くなってしまいましたね。ブリオッシュの生地づくりの手順が圧倒的に多いです。

とはいえ、手順は多いですが、一つ一つの作業はそこまで大変なものでもありません。

クーリビヤックというのは、最近ではレストランなどでも簡単にはお目にかかれないご馳走ですので、家庭で作ってみるというのもいいかも。

ちなみに作中で言われている”暴力的な”ということはなく、お上品なお味です笑

今回は米を炊く出汁もソースも鮭のアラ出汁で統一してみたので、全体として一体感があった…かも。

[amazonjs asin=”4089082730″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 19巻 アニメDVD同梱版 (特装版コミック)”]




“緑茶黒酢豚”作ってみた!!『食戟のソーマ』226「揃い踏む時」より。。

Tags :

Category : 食戟のソーマ

“緑茶酢豚”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

久我照紀の”緑茶黒酢豚”!!

今回作ったのは『食戟のソーマ』226「揃い踏む時」より、連帯食戟2nd BOUTにて元第八席の久我照紀が第一席司瑛士に挑んで繰り出した”緑茶黒酢豚”です。

2nd BOUT 第一カード、久我vs司の食戟のテーマ食材は”緑茶”です。

2018-05-30 20.20.11
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 219「存在の証明」より引用

久我照紀の専門は中華料理、特に四川料理です。

“緑茶”がテーマの中華料理なんて全く想像がつきませんでしたが…。

久我照紀が選んだ料理はなんと”酢豚”でした!!

2018-05-30 20.35.24
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 226「揃い踏む時」より引用

しかも、彼の繰り出した”緑茶酢豚”は普通の”酢豚”とは一線を画する一皿です。

では、作っていきましょう!!

[amazonjs asin=”4088812042″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 26 (ジャンプコミックス)”]

「枠」を破壊する”酢豚”!!

さて、久我照紀の”緑茶黒酢豚”はいわゆる”酢豚”の「枠」を破壊する一品に仕上がっているそうです。

その特筆すべき点は3つ。

1つ目は、揚げ炒めた豚肉を茶葉で燻製すること。

2018-05-30 20.29.21
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 224「ストロボ、輝く」より引用

そして2つ目は、酢豚の甘酢タレです。

バルサミコ酢と他の調味料を煮込み、さらに”燻製”した醤油を加えていきます。

肉だけでなく、タレにも”燻製”の香りをつけるのがポイントです。

2018-05-30 20.30.11
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 224「ストロボ、輝く」より引用

そして最後は…。

なんと、フレンチの『ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック』を下敷きにして甘酢あんを作っているのです!!

2018-05-30 20.37.55
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 227「2nd BOUTの行方」より引用

ちなみに『ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック』は『グラス・ド・ヴィヤンド』と『バルサミコ酢』を合わせて煮詰めるものです。

…が、この一品のためにフォン・ド・ヴォーを作るのは色々と割に合わないので、今回は『グラス・ド・ヴィヤンド』は即席ブイヨンと牛すじ肉出汁を煮詰めて代用しました。

このメニューきちんと作ろうとするとなかなかに時間がかかるものです。作中の食戟の時間は2時間だったはずですが、その時間内に作るのはぶっちゃけほぼほぼ不可能だと思われます笑

 

“緑茶黒酢豚”の材料

 ・豚肩ロース塊肉
 ・塩、胡椒、中華醤油、紹興酒、片栗粉
 ・緑茶葉
 ・ブイヨン
 ・牛筋の出汁
 ・フォン・ド・レギューム:
  (玉ねぎ、人参、ネギ、ベーコン、水、ローリエ、タイム、クローブ)
 ・コリアンダー(粉末)
 ・バルサミコ酢
 ・醤油
 ・燻製用チップ
 ・黒酢
 ・砂糖
 ・片栗粉
 ・白ネギ
 ・細唐辛子
 ・バジル

“緑茶黒酢豚”を作ってみよう!!

作中では『ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック』は『グラス・ド・ヴィヤンド』と『バルサミコ酢』を使うと書かれていますが、もう一つ『フォン・ド・レギューム(野菜の出汁)』も必要になります。

今回はこちらも少々簡易版で代用します。

玉ねぎ、人参、ネギの薄切りとベーコンの塊をオリーブオイルで少し炒めてから、水、ローリエ、タイム、クローブを加えて1時間ほど煮込んで、出来上がれば濾し器で漉しておきます。

牛スジを煮込んで出汁をとり、即席ブイヨンを溶かして煮詰め簡易版『グラス・ド・ヴィヤンド』を用意しておきます。

 

鍋にバルサミコ酢、簡易版『グラス・ド・ヴィヤンド』、簡易版『フォン・ド・レギューム』を合わせ、くつくつと煮込んでいきます。

さらにコリアンダーの粉末を加えて、塩胡椒で調味したら『ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック』の完成です。

豚肩ロースは、大きめの塊に切ります。それぞれ側面に包丁で格子状の切り込みを入れておきます。

塩、胡椒、中華醤油、紹興酒をまぶして揉み込み、冷蔵庫で寝かしておきます。

豚肉を寝かしている間に、ポイントの一つである”燻製醤油”を作っておきます。深めの鍋で簡単に燻製できます。

 

さて、15分ほど寝かせた豚肉を取り出し、表面に片栗粉と粉末にした茶葉をまぶし、多めの油を注いだ中華鍋で揚げるようにして炒めていきます。

焦がさないように注意しつつ、しっかりと火を通しましょう。

豚肉が無事炒めあがったら、一度さらに上げて油を切っておきます。

その間に、中華ねべにアルミホイルを敷いて、その上に茶葉を敷いて燻製の準備を行います。

油を切った豚肉を網の上に乗せて、十分に茶葉燻製を行ったら、次はタレ作りです。

先ほど作った『ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック』を煮詰めていきます。

鍋に黒酢、砂糖、粉末上にした茶葉、そして”燻製醤油”を加えてさらにじっくりと煮詰めていきます。

十分な濃度になったら、燻製した豚肉を加えてあえるようにして煮ていきます。最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつければ完成。あとはもりつけるだけです!!

盛り付けは豚肉をタワーのように盛り付けて、その上に白髪ネギ、細切り唐辛子をのせます。

ベビーリーフ的なものが家になかったので、バジルをのせてみました。

ソースのトッピングは…うまいこといかないな。。

とりあえず。完成です!!

“緑茶黒酢豚”を作った感想

これ、めっちゃ美味しいです。

…が、調理に問題があったのか、”緑茶”が”主役”な出来上がりにはならなかったです笑

もちろん緑茶の風味や香りは出ているんですが、”主役”というほどにはそん時間を感じなかったですね。

というか、これ以上に緑茶が主張してくると逆によろしくないような感じだったので、ちょうどよかったかもしれません。

お肉がジューシーで柔らかく、かつソースともしっかりと絡み合って良い感じでした。バルサミコ酢と黒酢のおかげで、脂の多い豚肉(しかも具材が肉だけ)なのに何個でも食べられてしまう感じです。

ところで、ベビーリーフの代わりに使ったバジルでしたが、これが予想外にソースとの相性が絶妙でした。

なかなかに手間のかかる一品でしたが、もう一度作って見たい料理です。

最近、久我照紀がめっちゃいい先輩になってますね笑笑

2018-05-30 20.28.45
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 223「フィールドを超えて」より引用

初登場時とはまるで違う先輩っぷり。結構好きです笑笑

その他”十傑”の再現料理はこちら
>>『食戟のソーマ』の料理を再現してみた ~まとめ番外 十傑編~

エピソード収録巻

226「揃い踏む時」収録は『食戟のソーマ』第26巻!!

食戟のソーマ 26 (ジャンプコミックス)


ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”作ってみた!!『食戟のソーマ』127「月光のささやき」より。。

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”!!

今回作ってみたのは『食戟のソーマ』127「月光のささやき」より、ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”です!!

幸平創真が自作の”胡椒餅”の残った材料をアレンジして作った料理です。

スクリーンショット 2018-05-31 14.34.52
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 127「月光のささやき」より引用

シメであっても、いくらでも食べられる一皿なのだそうです。

この間”胡椒餅”の方を作ったので、その残りで今度はこちらを作ってみることにしました。

“胡椒餅”についてはこちらの記事を…

“胡椒餅(フージャオピン)”作ってみた!!『食戟のソーマ』125「月饗祭」より。。

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“担仔麺”とはなんぞや??

担仔麺というのは台湾の麺料理の一種です。

具材や形態などは坦々麺に似ていますが、担仔麺は辛くはありません。

海老出汁ベースのあっさりスープに小麦麺を入れ、トッピングには豚ひき肉や小葱を使います。

スクリーンショット 2018-05-31 14.33.53
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 127「月光のささやき」より引用

提供する際は”ご飯茶碗”のような小ぶりの器に入れて供します。

「食巧不食飽」(飽きずに美味しく食べること)を念頭に考えられた料理なのだそうです。

“ゆきひら流”麺は胡椒餅の生地!!?

十傑第八席の久我照紀に挑んだ”月饗祭”にて、幸平創真が客の要望で即興で試作した”なんちゃって担仔麺”。(翌日からはメニューの一つとして加えています。)

その特徴は、胡椒餅の生地を手打ち麺として流用していること!!

スクリーンショット 2018-05-31 14.24.24
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 127「月光のささやき」より引用

手打ちした生地を細く切って麺に仕立てます。これをエビの出汁の効いたさっぱりスープでいただくわけです。

スクリーンショット 2018-05-31 14.34.39
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 127「月光のささやき」より引用

では、実際に作っていきましょう!!

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”の材料

 ・胡椒餅の生地
 ・胡椒餅の餡
 ・エビの殻
 ・ねぎ
 ・ニンニク
 ・水
 ・玉ねぎ
 ・鰹出汁

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”を作ってみよう!!

まず海老の頭と殻を潰して、水を加えて出汁を煮出します。(うちでは殻付き海老を料理した時に殻を冷凍保存しておくことにしています。)

海老の殻をガシガシしながら、十分に出汁をとったら鰹節を加えます。

 

鰹節を加えたあとはあまり煮込み過ぎず、すぐに濾します。

濾した出汁を再び鍋に入れて火にかけ、塩で調味します。これでスープは完成です。

 

担仔麺の乗せる具は胡椒餅のタネを使います。

フライパンに油を敷いて、胡椒餅のタネを炒めていきます。僕はネギが好きなので、ざく切りにしたネギも加えて炒めました。

 

麺は”担仔麺”の生地を伸ばして作ります。作中の幸平創真のようにかっこよく手打ちができれば良いのですが、もちろん一般人の僕にそのような大技が使えるはずもありません。

めん棒でうす〜くのばして、包丁で切っていきます。

 

完成した手打ち麺(?)は、お湯で湯がきます。

沸騰したお湯に入れて、面が浮いてきたらざるにとってしっかりと水を切ります。

 

最後に器に盛りつければ完成です。

面を器に入れてスープを注ぎ、肉あんの具を真ん中に、ざく切りにしたネギ周りに散らします。

担仔麺はお茶碗くらいのサイズの器に入れて供されるそうですが、ちょうど良いサイズの器がなかったので、今回はそのまんまお茶碗に入れてみました

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”を作った感想

確かに、これはうまい。さっぱりしててペロリと食べられます。

出汁は海老と鰹と聞いてあまり想像がつかなかったのですが、どこぞの観光地のお土産にあるような”伊勢海老の味噌汁”や”蟹の味噌汁”などに似た風味で実によろしいものでした。

いえ、別に”お土産”でなくてもいいのですがね。あれが結構好きなのです笑

残っただし汁は味噌汁に仕立てても良いですね。

麺ももう少しコシがあればなお良かったのでしょうが、つるんとしていてさっぱりしたつゆに、とてもよく合いました。

どことなく和に通じるような印象を受ける料理で日本人の口にもよくあうのではないかと思われます。

“胡椒餅(フージャオピン)”作ってみた!!『食戟のソーマ』125「月饗祭」より。。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめ 幸平創真編=

エピソード収録巻

127「月光のささやき」が収録されているのは『食戟のソーマ』第15巻!!

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


“胡椒餅(フージャオピン)”作ってみた!!『食戟のソーマ』125「月饗祭」より。。

Tags :

Category : 食戟のソーマ

“胡椒餅(フージャオピン)”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

幸平創真の”胡椒餅”!!

今回は『食戟のソーマ』125「月饗祭」より、幸平創真の”胡椒餅”を作ってみました。

遠月学園学園祭”月饗祭”にて、十傑第8席”久我照紀”に売り上げ勝負を挑んだ幸平創真が決戦の品として選んだのが”胡椒餅”です。

スクリーンショット 2018-05-31 17.14.54
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 125「月饗祭」より引用

“胡椒餅”と言うのは、台湾料理の一種です。

作中記述曰く、”台湾の屋台メニューで一・二を争う有名な品”なのだそうです。

スクリーンショット 2018-05-31 17.12.44
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 124「校歌斉唱」より引用

豚バラ肉を粗挽きにして黒胡椒を効かせた肉ダネを中力粉で作った生地で包んで、専用の釜に”貼り付けて”焼くのだそう。。

もちろん、一般の家庭に専用釜などあるわけがないので、今回はオーブンレンジで代用します。

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

幸平創真特製”肉ダネ”!!

幸平創真は格上の久我照紀に勝つ為に田所恵や水戸郁魅たちの助力を得て、胡椒餅の要の”最高の肉ダネ”を模索します。

彼の編み出したレシピは…

スクリーンショット 2018-05-31 17.15.11
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 125「月饗祭」より引用

“挽きたての黒胡椒”、”胡麻油”、”五香粉”、”八角”を肉ダネに入れて揉み込む。そして、刻みネギと一緒に包み込んで焼き上げる、と言うものです。

ちなみに、作中で幸平創真はこの肉ダネと生地からアレンジしてゆきひら流”なんちゃって担仔麺”という料理を作っています。

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”作ってみた!!『食戟のソーマ』127「月光のささやき」より。。

“胡椒餅”の材料

<胡椒餅の生地>

 ・中力粉:250g
 ・ドライイースト:10g
 ・ベーキングパウダー:4g
 ・水:100ml
 ・砂糖:大さじ1
 ・サラダ油:大さじ1
 ・ゴマ:適量

<肉ダネ>

 ・豚ひき肉
 ・黒胡椒
 ・塩
 ・砂糖
 ・醤油
 ・五香粉
 ・八角
 ・ごま油

 ・ネギ

“胡椒餅”作ってみよう!!

生地の仕込みから入ります。

まずはドライイーストとベーキングパウダーと砂糖を水で溶かします。しっかりと溶けたら、中力粉(ここでは強力粉と薄力粉を1:1で代用しています)をふるって加えます。

さらに、サラダ油を加えて箸でざっくりと混ぜ合わせます。ボソボソとまとまってきたら、生地を手でしっかりと練っていきます。

しっかりと練ってひとかたまりにまとまれば、水に濡らしたキッチンペーパーをかぶせて、少しの間寝かせて発酵をとります。

次に”肉ダネ”作りです。

ミンチに塩、砂糖、醤油を加え、さらに黒胡椒を挽き、八角、五香粉を加えます。

その後、手でしっかりと練っていきます。肉が粘性を帯びるまで練ります…が、あまり時間をかけすぎると体温が伝わってしまいよろしくないので、手早く済ませます。

ネギはみじん切りにします。今回は青ネギ、白ネギ両方使ってみました。

 

“肉ダネ”が十分に練れれば、発酵させていた生地から、1つ分の量をちぎり取り、円形に伸ばします。

綺麗に伸ばせたら、生地の上にみじん切りしたネギと”肉ダネ”とをのせて、包み込んで端を閉じます。

表面に薄く水を塗ってゴマをまぶし、180度に予熱したオーブンで30分弱焼きます!!

こんがり焼き目がついて、出来上がり!!

半分に割れば、外はパリパリ、中はジューシーな仕上がりです!!

 

ちなみに、横から断面を見るとこんな感じ。肉汁がたっぷりです。

“おあがりよ!”

“胡椒餅”を作った感想

“胡椒餅”って美味しいですね。中力粉を使っているからなのか、外はパリパリで中はもっちりな生地で、”肉ダネ”はジューシーな肉汁たっぷりです!!

台湾料理を作ったのは初めてでしたが、なかなかの美味。黒胡椒がしっかり効いていて、とてもよろしいです。

あとは五香粉も良い仕事をしています。”中華”感が半端じゃないです。。

台湾の屋台料理”人気No.1、2″と言うのも納得です。

専用釜で焼いた本場物も一度食べてみたいものです。

しかし、本当に”貼り付けて”焼けるものなんかな。重みで落ちてしまわないのだろうか。みてみたい。。

ちなみに、作中ではこの”胡椒餅”をアレンジして”なんちゃって担仔麺”なるものも作られています。

ゆきひら流”なんちゃって担仔麺”作ってみた!!『食戟のソーマ』127「月光のささやき」より。。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめ 幸平創真編=

エピソード収録巻

125「月饗祭」は第15巻収録!!
食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


“ゆきひら流麻婆豆腐定食”作ってみた!!『食戟のソーマ』 122「「麻」と「辣」」より。。

Tags :

Category : 食戟のソーマ

“ゆきひら流麻婆豆腐定食”作ってみた!!『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊

“ゆきひら流麻婆豆腐定食”!!

今回は『食戟のソーマ』122「「麻」と「辣」」より”ゆきひら流麻婆豆腐定食”を作ってみました。

四川料理の名手、十傑第8席久我照紀の激辛”麻婆豆腐”に対抗して幸平創真が作ったものです。

スクリーンショット 2018-05-31 16.47.52
『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 122「「麻」と「辣」」より引用

結果的には、これでは久我には敵わないということで、月饗祭にだす料理は”胡椒餅”に変更したわけですが…。

とはいえ、僕の普段作る麻婆豆腐とはまるっきり作り方が違ったので、試みに作ってみたわけです。

ちなみに”胡椒餅”についてはこちらから

“胡椒餅(フージャオピン)”作ってみた!!『食戟のソーマ』125「月饗祭」より。。


[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“ゆきひら流麻婆豆腐定食”の特徴。

ゆきひらの麻婆豆腐については具体的な作り方の描写はありませんでしたが…。

直後の話で、ゆきひら流麻婆豆腐に「麻」と「辣」とを加えただけのものを作っていましたので、そこから作り方を引っ張ってきます。

スクリーンショット 2018-05-31 16.52.52

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 122「「麻」と「辣」」より引用

ゆきひら流では、木綿豆腐を使用するようです。

調味料は鶏がらスープ、甜麺醤、豆板醤、豆豉醬、ニンニク、唐辛子。それにしてもボウルで調味料を合わせるというのは斬新ですね。

ゆきひら流の麻婆豆腐は十傑第10席薙切えりなに「麻」も「辣」も圧倒的に足りていないと言われています。

スクリーンショット 2018-05-31 16.51.14

『食戟のソーマ』附田祐斗/佐伯俊 122「「麻」と「辣」」より引用

さらに、幸平創真が”花椒”を知らなかったことから、オリジナルのゆきひら流麻婆豆腐には花椒は使われていないと考えられます。

さらに、唐辛子についてもあんまり使われていないようですね。

というか、花椒も唐辛子も使われていない麻婆豆腐ってなに!!?実に興味深い。。

[amazonjs asin=”4088804864″ locale=”JP” title=”食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)”]

“ゆきひら流麻婆豆腐定食”の材料

 ・木綿豆腐
 ・豚ひき肉
 ・鶏がらスープ
 ・豆板醤
 ・豆豉醬
 ・甜麺醤
 ・粉唐辛子
 ・ニンニク

 ・片栗粉

“ゆきひら流麻婆豆腐定食”を作ってみよう!!

豚ひき肉を炒めていきます。香ばしくカリッとするくらいまでしっかり火を入れていきます。

その間に、木綿豆腐を茹でておきます。茹で上がればしっかりと水切りしておきます。

 

ボウルに鶏がらスープ、豆板醤、豆豉醬、甜麺醤、粉唐辛子、みじん切りにしたニンニクを合わせ、カリッと炒めた肉の鍋に加えます。

おたまを使って大きく混ぜて、少しの間煮ておきます。

 

水切りした木綿豆腐を一口大にきって加え、豆腐が崩れない程度にざっくりと混ぜ、しばし煮詰めます。

最後に一旦火を止めて、水溶き片栗粉を加えかき混ぜてから、再び加熱してとろみがついたら完成です。

あ、ネギ散らすの忘れてた。。

 

ゆきひら流”麻婆豆腐定食”には、この他にスープと漬物、白米がついています。

スープは卵スープにしました。漬物は作中では沢庵のようでしたが…。

定食屋でよく出る沢庵のような漬物は手に入らなかったので代わりにザーサイを使いました。

“おあがりよ!!”

“胡椒餅”を作った感想

んん〜、まあ美味しいんですけどね。

作中でも書かれていますが、やっぱり「麻」も「辣」も足りませんね笑

辛味や癖が少ない分、食べやすく(?)はあるんでしょうがね。大衆向けの定食屋ではありなのかも。

ただ個人的には花椒がないと特に物足りなく感じますね。あと、生姜とかが入っていないのもちょっとな。。

調味料をボウルで合わせるのは斬新でした。豆板醤とかにんにくとか炒めないで作るんですね、驚きました。

個人的にはしっかりと炒めたほうが好きですが、作り方としてはお手軽で時短にもなる(多少)ので悪くはありません。

『食戟のソーマ』の料理を再現してみた =まとめ 幸平創真編=

エピソード収録巻

122「「麻」と「辣」」収録は『食戟のソーマ』第15巻!!

食戟のソーマ 15 (ジャンプコミックス)


Popular Posts(last 24h)

instagram account

This error message is only visible to WordPress admins

Error: There is no connected account for the user gyuujaku. Feed will not update.

Related posts



Count per Day

  • 402723総閲覧数:
  • 1138今日の閲覧数:
  • 1865昨日の閲覧数:
  • 196960総訪問者数:
  • 302今日の訪問者数:
  • 440昨日の訪問者数:
  • 404一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年7月21日カウント開始日:

サイト内検索(キーワードを入れてください)

カテゴリー

Count per Day

  • 402723総閲覧数:
  • 1138今日の閲覧数:
  • 1865昨日の閲覧数:
  • 302今日の訪問者数:
  • 440昨日の訪問者数:
  • 404一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2016年7月21日カウント開始日: