漫画再現飯”じんじんこのもん”作ってみた!!『ばらかもん』Act.9「このもん」より。。

漫画再現飯”じんじんこのもん”作ってみた!!『ばらかもん』ヨシノサツキ

『ばらかもん』簡単概要

『ばらかもん』は都会育ちの書道家である半田清舟が、いろいろあって五島列島で暮らしながら自分の書と向き合っていくお話で、これまで書一本に打ち込んできた清舟は島の人々との触れ合いの中で書道家として成長していきます。

と、こう書くと非常に正統派な主人公の成長譚のようなのです…が、島の人々は一癖も二癖もある変人揃いで一筋縄ではいきません。さらに清舟自身も箱入りかつ書道以外せずに育ったため、かな〜り残念なイケメンっぷり。そのダメ大人っぷりもあってなのか、なぜか島の子供たちに「先生」と呼ばれて懐かれることに…。

中でも祖父一人孫一人の家庭に育つ(父親はタンカー船勤務)小学1年生の“琴石なる”には特に懐かれ、半ば保護者のような関係になって振り回される毎日です。とまあ、とりあえず、あったかくて笑える作品であることには違いない。

半田先生も中毒化!!魅惑の味”このもん”!!

さて、今回再現してみたマンガ飯。そう“このもん”ですね。少々聞きなれない名前ですが、奥さんの”ちゃんぽん”に並ぶ『ばらかもん』定番料理です。単行本2巻Act.9「このもん」で、突然なるのじいちゃんが半田先生に差し入れる形で初登場(?)し、その後作中の各所でその存在感を発揮してくる強者です笑

“このもん”というのは、作品の舞台である五島列島の方言だそうで、これを標準語にすると”香のもの”、つまり“お漬物”を表す言葉です。ちなみに”じんじん”は”じいちゃんの”って意味です。

書を進める傍、差し入れられた”このもん”をつまむ半田先生でしたが…。徐々に”このもん”に思考を絡め取られて行き…

” 薄墨 使ってみるか… “

スクリーンショット 2018-03-21 21.00.00
『ばらかもん』 ヨシノサツキ Act.9「このもん」 より引用

“もっとアーティスティックで なおかつ基本に忠実な… “

” このもん!!”

半田先生はもはや”このもん”なしには生きていけない体に…。

後日、両親が訪ねてきた際(Act.79「あさめし」)には、母親半田えみが軽く引くほどに、自分のオリジナル(スイカの皮の塩漬け)も含めた大量のこのもんを漬けています。

スクリーンショット 2018-03-22 9.06.47-min
『ばらかもん』ヨシノサツキ Act.79「あさめし」より引用

料理に関しては過去に”血まみれの玉ねぎ”を生み出した伝説の持ち主の半田先生がここまでハマることからも”このもん”の破壊力は推して知るべしってね。

そもそも調味料の一つも持っていない先生が一体どうやってこのもん漬けたんだよって…まあ、なるの家から分けてもらったんだろうなぁ笑

“じんじんこのもん”の作り方

なるのじいちゃんが半田先生に差し入れた”このもん”の作り方は単行本2巻の巻中付録で書かれています。

ここに書かれている内容を簡単にまとめると…

スクリーンショット 2018-03-21 21.00.38
『ばらかもん』 ヨシノサツキ Act.9「このもん」 より引用

“大根を切って、干して、タレに漬け込む”。

うわ〜、簡単ですね…ということで、早速作っていきましょう。

“このもん”の材料

 ・大根:3kg
 ・醤油:1合
 ・酢:1合
 ・砂糖(三温糖):5合

第2巻の巻中に書かれた通りの分量です。ちなみに大根3kgは太めの大根なら2本分くらいですね。細めなら3本分くらいです。

砂糖はコクのある三温糖がオススメです。さっぱりした味がお好みなら、普通の上白糖の方が良いかもしれません。

“このもん”を作ってみよう!!

まずは、大根を適当な高さの円柱状に切り皮を剥きます。それから4分して”いちょう切り”にしていきます。あまり分厚くなりすぎないようにすると良いかも。

IMG_5526-min

その上でざるに並べて干します。ただ、うちには小さいざるが3つしかなかったので、残りは平干し用の洗濯ネットを動員しました笑

ちょうどいいので、干し方による差を両者の時間経過比較で確かめてみることにしました。場所はほとんど一緒です。

IMG_5528-min IMG_5556-min

で、5時間ほど干した後の大根がこんな感じです。風通しがあまり良くなかったのか、たいして水気も飛ばず…。なので、風通しの良い2階の窓辺に干す場所を移動して、さらに干してみます。

IMG_5555-min  IMG_5587-min

さらに3時間ほど干すと…。ざるで干した大根と洗濯ネットで干した大根、両者の間に顕著な違いが生じます。

ざるで干した方はほとんど水気が飛ばず、さらにざるを置いていた部分には濡れた後がつきました。

IMG_5592-min

一方で、洗濯ネットで干した大根の方はといえば…相当に縮んでいるのがわかりますね。見た目としては1/3程度に、堆積的に言えば、だいたい元々の1/6程度まで減少します。

大根は乾燥させるほどに、水分(つけダレ)を吸収しやすく、同時に大根から出る水分でつけダレが薄まりにくくなります。また大根自体も干すことで、味が凝縮し甘みが増すので、しっかり干すに限ります。

IMG_5589-min IMG_5591-min

大根を干している間につけダレを作ります。醤油、酢、砂糖を鍋に入れて、砂糖が溶けるまで加熱します。

ちなみに、当たり前のことですが見落としがちなこととして、お酢の成分である酢酸は揮発性の物質です。なので、加熱しすぎると”いわゆるお酢の酸っぱさ”が失われてしまいます。

お酢を後から加えるなどして、うまいこと酸味を調整すると良いかと思います。

IMG_5670-minIMG_5671-min

つけダレの粗熱が取れた、大根も十分に干せたなら、漬け込みに移ります。干し大根を容器に移し、つけダレを注ぎます。そのまま2~3日漬け込みます。僕は少し刺激がほしかったので、輪切り唐辛子を二つかみほど加えています。

IMG_5605-min IMG_5676-min

2~3日漬け込んだものがこちら↓になります。

IMG_5677-min IMG_5702-min

全体にしっかりと染み渡っていますね。このくらいになれば、食べ頃かと。

“このもん”を作った感想

さてさて、今回は『ばらかもん』から、なるのじいちゃんの”このもん”を再現してみました。

それでは満を持して十分に漬かった”このもん”をいざ、実食!!

IMG_5766

う〜ん、なかなか。いい感じの漬かりっぷりです。で、これは確かにうまい。というか、僕の場合元々お漬物が好きだということもあるのかもしれませんが、確かに止まらない。

甘ずっぱい感じがいいんでしょうね。ちなみに、個人的には唐辛子を入れるのはオススメです。

『ばらかもん』の料理を再現してみた まとめ

エピソード収録巻

“このもん”の作り方も収録!!半田先生の”このもん”中毒っぷりが見れるのは『ばらかもん』 第2巻 !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください